【公開質疑応答】神社の神様は世界を救う?

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、和元様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】


日本には沢山神社がありますが、先生のブログに出てくる神社の神様のほとんどが、日本の国土なり、政治なり、文化なりを守り発展させるおはたらきをされているように思います。

では、例えば、他の国の幸せや平和を祈りたい時、広く宇宙や地球環境などについて祈りたい時、どうすればよいのでしょうか?
どの神社でも祈りは届くけど管轄外だよ、という感じでしょうか?

また、外国の宗教施設を訪れた際、その国と、その宗教と関係ない人間が個人的なお祈りをしても、あまり受け取られないものなのでしょうか?


【回答】


和元様

ご質問ありがとうございます。

>日本には沢山神社がありますが、先生のブログに出てくる神社の神様のほとんどが、日本の国土なり、政治なり、文化なりを守り発展させるおはたらきをされているように思います。

確かにおっしゃる通り、神社で祀られる神様というのは、日本で祀られている以上、国土や文化、習俗などと深い関わりを持っています。

神様の働きというものもそういった日本という国の持つ性質に近しい形で表れることも事実でしょう。

しかし、日本の神社の神様も神である以上、大いなる高次元からの視点というものも持っています。

単純に自国だけのことを考えて、守るというよりも、日本も良し、他国も良し、全て良しの発想を持ちながら、管轄範囲は主に日本という具合に働かれます。

なので、日本国以外の外国のことや世界のことをお祈りしても無駄ということではありません。

例えば、日本の神々にも国土的な地域や領域を持っている地祇的な存在もいれば、天照大神をはじめ、天津神的な存在もいます。

国津神系であったとしても地球全土を受け持つ、スサノオ霊統の神であれば世界のことも含まれています。

日本の神といっても、その表れ方、性質が日本的なのであって、決して、自分の領域から一歩もでないという狭い心を持っているわけではありません。

なので、

>では、例えば、他の国の幸せや平和を祈りたい時、広く宇宙や地球環境などについて祈りたい時、どうすればよいのでしょうか?
>どの神社でも祈りは届くけど管轄外だよ、という感じでしょうか?


に関しても、神社であっても世界平和などお祈りすれば良いと思います。

ただ、働きの範囲が小さすぎる神様の場合は、大きな影響を出すのが難しい存在もありますので、伊勢神宮や出雲大社といった、大きな次元の管轄を持つ神様であれば、問題ないかと思います。

>また、外国の宗教施設を訪れた際、その国と、その宗教と関係ない人間が個人的なお祈りをしても、あまり受け取られないものなのでしょうか?

これもその祀られた外国の神様の性質にもよります。

さすがに全知全能の神に「今年中に結婚したいです!」とかお祈りしてもあまりにも範囲が広大過ぎてサインの表れ方も一個人が感得できないレベルになってしまいます。

ですから、外国か日本かに拘わらず、そのお祈りの次元のレベルに応じて、その次元の神様にお祈りするのが良いのかと思います。

神様と一口に言っても色々なので、一概に言えませんが、その宗教について分析し、どういった働きをされてきた神様であるのかなどを理解するとその神様の次元が自ずとわかってくるかと思います。


以上、回答とさせて頂きます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【公開質疑応答】進む荒廃?神社神道の行方

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、優果様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】


前回は産土神社についての質問にご丁寧に応えて頂きまして、ありがとうございました!とても参考させて頂きました。
もうひとつ疑問に思ったことがあるので、ご質問をさせて下さい。

この頃、地域経済の衰退、過疎・高齢化地域の増加、宗教と信仰の多様化、・・・等々により、
村社や郷社など、真に地域に密着した神社の荒廃が著しくなっております。

社殿はボロボロ、参道は荒れ、手水鉢の水は枯れ・・・

神社神道は、身近な神社によって崇敬心を涵養することから始まることが多い気が致します。
それなのに、子供や若い女性は怖くて境内に入れないような荒れた神社も増え、
祭祀もまともに行われなくなった、兼務社以下の神社まで増えております。
無人の社務所ならまだしも、廃屋にしか見えない建物が放置されている神社も増え、
神職が来ることもなく、年老いた数少ない氏子が細々と最低限の掃除だけやるのが精一杯。
そんな神社に崇敬心を持って下さいというのは困難でしょうし、

必然として、賽銭箱は常に空であり、町内に寄付を求めても応じる人は減り、
お金が集まらないから修繕・修築も出来ない、神職も来ない、参拝者も来ないという、
負のスパイラルの真っただ中にあるのが、地域の神社の現実のように感じてしまいます。

観光地や都市部で駐車場やビル経営、結婚式場を経営するような大きな神社だけで、
この先、神社神道というものは存続できるのでしょうか?
そして今、私達にできることはなんでしょうか?


【回答】


優果様

ご質問ありがとうございます。

>この頃、地域経済の衰退、過疎・高齢化地域の増加、宗教と信仰の多様化、・・・等々により、
>村社や郷社など、真に地域に密着した神社の荒廃が著しくなっております。


おっしゃる通り、沢山の神社、社はあれど、その全てが清々しい神域としての斎庭を維持できているとは言い難い状況がありますね。

都心部では、コンクリートの建物に囲まれて神域の気が維持出来なくなっているところも多いです。

地方においても神主不在などの理由で荒廃が進んでいるところもありますね。

神社は本来、私たちの魂の息吹を取り戻す大切な場所でもあります。

その神社が時代を経て荒廃していくことは、少なからず敬神の情がある方ならば、心を痛めてしまうところです。

神の宿る神域が何故もこうも荒廃してしまうのか。

今後、神社はどうなっていくのか。

このあたりが気になるところですよね。

まず、このことを答えていくにあたり、本来の神社の使命というものについて考えてみましょう。

神社とは文字通り神を祀る社であり、神霊のかかる神籬としての依代でもあります。

人は神社の鳥居や拝殿、鎮守の森や玉砂利の敷き詰められた参道の道に清々しさを感じ、神なる世界へと気持ちが入っていきます。

ところが、神社というものは、神道の始まりの時から存在していたわけではありません。

古来、日本人は、自然の中に降りている神霊と自在に交流していました。

元々、神霊の降りている場所には、鳥居やら拝殿やらはありません。

形無きところ、場と空間に神霊は降りていたわけです。

しかし、月日が流れる中、段々と日本人の感性も現実思考や物理次元に惹かれるようになってきます。

そうなると中々、場と空間という以外、何も目安になるものもない神域では、信心を寄せる縁とすることが難しくなってきました。

そこで、ここが神域であるとわかるように鳥居や拝殿、玉砂利の敷き詰められた参道作られたわけです。

今現在の私たちの代は、殆どの方がこうした後に出来た、道具立てとしての神社の在り様に神聖さを感じるようになっています。

掃き清められた斎庭に手入れの生き届いた社殿。

こういったものに心が奪われ、そこにある神霊に気持ちが向かわなくなってきています。

形無き神霊よりも形ある社殿に心が奪われると信仰心もまた、形あるものに左右されるようになってきます。

そして、遂に形にばかり目がいく結果として、神社という目に見えない神霊に向かわしめる使命を持つ存在自体にも心が向かわなくなってきました。

このことが現在の神社の荒廃の一因でもあります。

神社への関心も薄れ、神社への崇敬の念を持っているとする人たちも、その形に心を囚われているという状況が今日の在り様をもたらしたといえるでしょう。

さらに言えば、実は原点回帰のムーブメントが上部霊界の方で起こっています。

このことも高い次元から見た神社荒廃の原因でもあります。

それは、神社などの形あるものにばかり目が行く状況から神霊や目に見えざる真実に心が向かうようにしていくことの証でもあるのです。

こういったことを言えば、神社の神職の方や崇敬者の方からはお叱りを受けるかも知れませんが、神社があって神様があるわけではなく、神様の御心を反映するためにその在り方の一つとして神社があるのです。

御心の在り方を反映する方法は無尽蔵にあり、時代とともにまた変わってくることと思います。

今はその過渡期にあるといえます。

私たちに出来ることは、本質を常に忘れずに見ていくという態度を貫くことなのかも知れません。

以上、回答とさせて頂きます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【公開質疑応答】飲酒はダメ?歓楽街に巣食うもの

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、Paul様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】


肉食そのものは悪くない、との事ですが、飲酒はどうでしょうか?

お酒も、適量であれば良いのでしょうか?

また、付き合い等で、歓楽街の飲み屋等に行く事もありますが、そういった店には、餓鬼の霊だとか蛇霊だとかが居る、というような話も聞きます。

つきましては、酒そのものの良し悪しと、歓楽街に行く事の良し悪しについて、ご教示下さい。

宜しくお願い致します。


【回答】


Paul様

ご質問ありがとうございます。

飲酒ということを考えていくにあたり、最初に引っかかるのは宗教的な事柄かと思います。

仏教やキリスト教などでも宗教、宗派によっては飲酒を禁じているケースもあります。

こういったことから、飲酒はスピリチュアル的に良くないのか?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。

しかし、結論から言えば、飲酒は必ずしもスピリチュアル的に問題があるとは言えないでしょう。

確かに宗教、宗派によっては、飲酒を禁じているケースはありますが、これは聖職者や修行者が自らの聖道や求道の道を全うするために敷いた一つの戒めという意味合いが多いと思います。

実際、キリスト教であっても葡萄酒を飲むことはありますし、神道においては神社に奉納する供物の代表的なものの中に日本酒などがあります。

このことからもお酒=スピリチュアル的に良くないものとは言えないわけです。

飲酒という行為そのものに良いも悪いもありませんが、その人の向かう道の性質上の問題やあるいは嗜好性の高い飲み物であるお酒を断つことで、何かを変わりに得ようとする場合があるということかと思います。

>また、付き合い等で、歓楽街の飲み屋等に行く事もありますが、そういった店には、餓鬼の霊だとか蛇霊だとかが居る、というような話も聞きます。

確かに飲み屋、居酒屋がひしめいている場所は歓楽街となっていたり、実際にはお酒を飲むところには、邪気邪霊が滞留しやすいのは事実です。

何故かというとお酒を飲むとトランスに入りやすくなり、心の奥深いところの情念の部分が吐き出されやすくなります。

どちらかというと悪想念の方を吐き出しスッキリしたいためにそういった歓楽街に行かれる方が多いということも理由の一つです。

例えば、清潔感あふれるラウンジなどでフォーマルな会食をしつつ、お酒をたしなむといった感じであるならば、それほど、邪気邪霊の滞留が大きくなることはないのかも知れません。

しかし、実際、歓楽街などは、愚痴や下心、ドロドロした気持ちを携えた人たちが大勢やってきて、その黒い欲望を満たそうとします。

そういった欲望が個人レベルのものであれば、それほど気にしなくて良いのかも知れませんが、密集体系を作っている場所などは、やはり強烈な邪気邪霊が滞留しているということです。

もちろん、付き合いなどで行くことは仕方がないですし、あまり、気にしすぎると恐ろしくてそういったところに近づけなくなってしまいます。

なので、入り浸るのはどうかと思いますが、潔癖になる必要はありません。

いずれにせよ、お酒そのものの問題とは異なるので、歓楽街の問題をもって飲酒は良くないとは言えないでしょうね。

纏めると

・飲酒そのものはダメではない。
・歓楽街には邪気邪霊はあるが、潔癖になる必要はない。


といったところです。

以上、回答とさせて頂きます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【公開質疑応答】肉体改造!魂に影響は?

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、もんた様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】


天心さま

いつもありがとうございます。

もんたです。

ご質問ですが、
自分たちが現世で魂を磨くために、その容れものとしての「肉体」についてです。
この肉体によって、人生も泣き笑いあると思いますが、遺伝も含め
自分で選んできているということで理解しています。

しかしその肉体のメンテナンス (歯・髪、内蔵など諸々)は
個々に任せられていると考えてよいでしょうか?
大事にあつかうのか、粗末にあつかうのかで、それぞれの寿命や
劣化なども変わるかと思いまして。

またピアス用に耳に穴をあけることで 、運勢が変わるなどと
きいたことがありますが、整形や入れ墨など、肉体をいじることに
関するスピリチュアル的な視点でそういう影響はあるものなのでしょうか?

よろしければご教授のほど
何卒よろしくお願い致します。
ありがとうございます。


【回答】


もんた様

ご質問ありがとうございます。

私たちの持つ肉体はスピリチュアルの世界観では、魂や霊の入れ物という見方をされることが多いのは事実です。

しかし、神道には肉体(とりわけ、筋骨)を荒魂(あらみたま)と呼び、魂の一部とみなす考え方もあります。

私たちの肉体が魂の一部だとするならば、私たちは自分の肉体をどのようにとらえ、付き合っていくべきなのでしょうか。

このことを考える上で少し神道における一霊四魂の考え方を元に私たちの肉体と霊性についてお話ししてみたいと思います。

まず、一霊四魂について基本的なことを述べておきます。

一霊四魂は、一つの霊を構成するのは四つの魂の働きだとされる考え方です。

四つの魂は、奇魂(くしみたま)、幸魂(さちみたま)、和魂(にぎみたま)、荒魂(あらみたま)になります。

一つひとつの魂の説明は過去記事でもお話しているので、ここでは割愛します。

大事なのは、私たちの魂は、幸魂から始まり、荒魂とともに和魂が造られていきます。

最後に奇魂が降りて一霊が完成します。

つまり、何が言いたいかというと肉体である荒魂も精神性の部分の高い他魂も一続きとして造られていくということです。

肉体と霊性というものは一見、無関係なようで連動しているとは言えます。

このことを踏まえて質問に回答してみます。

>しかしその肉体のメンテナンス (歯・髪、内蔵など諸々)は
>個々に任せられていると考えてよいでしょうか?


任せられているというよりは、全ての自己の背景にある魂、霊界の在り方が反映したものが現世です。

そして、顕現化した現世の一部が肉体です。

肉体に関する責任も自己にあるわけですから、それを物理的な次元でメンテナンスすることも当然、自己の責任の範疇です。

>またピアス用に耳に穴をあけることで 、運勢が変わるなどと
>きいたことがありますが、整形や入れ墨など、肉体をいじることに
>関するスピリチュアル的な視点でそういう影響はあるものなのでしょうか?


肉体も霊性も連続性があるわけなので、肉体への影響は霊性への影響も与えるでしょう。

どのような影響があるのかは、一概には言えませんが、少なくとも運勢などの流れにも影響はあると思います。


以上、回答とさせて頂きます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【公開質疑応答】合祀?分祀?家系が異なる亡父の仏壇どうすれば?

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、ゆっち様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】


我が家は義父がいわゆる「マスオさん」のため、仏壇は義母側の両親の位牌が入っております。
おととし義父が亡くなり、別家系の仏壇に入れるのもためらわれ、三回忌が来るというのにいまだ仮祭壇のままという状態です。

やはり早急に義母側の墓じまいをして、仏壇には義父のみを入れるべきか、それともこのまま義父も一緒に祀るべきか悩んでおります。
故人にとっていつまでも仮祭壇のままでは、落ち着かない状態なのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。


【回答】


ゆっち様

ご質問ありがとうございます。

ゆっち様の義父、すなわちご主人のお父上様は、入り婿であるため本来の姓から義母の姓へ転換されているわけですよね。

そうなるとゆっち様の義父様は、表面的な家系はすでに義母側の姓に転換されていますので、筋としては合祀しても問題はないと思います。

但し、問題は義父様がどのような心境でおられたかということがスピリチュアル的には問題です。

例えば、義母側の家系に入ることを実際は快く思っていなかったり、仕方なく形だけ入っていたという感じである場合には、合祀されることを良く思わない可能性もあります。

このことに関しては、義父様と義母様の家系の方との関係性がどうであったのかによって判断が分かれるかと思います。

>やはり早急に義母側の墓じまいをして、仏壇には義父のみを入れるべきか、それともこのまま義父も一緒に祀るべきか悩んでおります。

墓じまいをするということは、誰も義母様側の供養をする人が誰もいないということが前提になります。

その場合、義母様側の祖先はあまり良く思われない可能性が高いです。

例えば、義母様側の家系の親戚の方で仏壇を用意して供養をしていくという予定があるならば、仏壇はその方に引き継ぎ、義父様の方は別途、新しい仏壇で元の姓の家系として祀るという方法もあるかと思いますが、先ほども言いましたように、実際は義父様は入り婿として家系が転換していますので、本来は合祀、でも、義父様の意向などがはっきりしているならば分祀でも良いということです。

少なくとも勝手に墓じまいしてしまうのは、問題もあるので、そのあたりのことを鑑みて決められた方が良いでしょう。

>故人にとっていつまでも仮祭壇のままでは、落ち着かない状態なのでしょうか。

そうですね。

やっぱり、きちんと仏壇には入れた方が良いとは思われます。

仮祭壇は仮設住宅のようなものなので、仏壇という本宅があった方が落ち着くとは思います。

とは言え、もともと、仏壇も仮の宿りに過ぎないので、霊界の純濃度が高くなり、現世に戻ってくることも少なくなれば、あまりこだわりは持たなくなるというスピリチュアル的な真相もあります。

なので、仮祭壇だから絶対ダメ!ということはないのですが、どちらかといえば、しっかりと状況が整理されて、仏壇として正式に祀られた方が良いのではないかということです。


以上、回答とさせて頂きます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR