神社の神様と仲良くなろう!(その5)

神社の神様と仲良くなろう!(その4)からの続きになります。

神社を象徴するシンボルとしての鳥居

鳥居の語源として、鳥が羽を休めるための止まり木によるという説もあります。

常に鳥が足を止めて居るから鳥居というわけです。

実際、鳥居にハトやスズメ、他、鳥類が羽を休めている姿を目撃したことがある人もいることでしょう。

鳥は神道では神の使いともされて、神の意を運んでくる動物でもあります。

神社の神様のメッセンジャーとしての鳥を大切にするという意味合いもあることかと思います。

では、鳥居は単なる鳥の休憩所としての役割なのでしょうか。

そうではありません。

鳥居は異界と現界を結ぶ不可思議な通路でもあります。

何が不可思議かといえば、扉もなければ鍵もついていない、前代未聞の代物です。

同じスピリチュアルスポットとしての寺院仏閣と比べれば分かりやすいと思います。

寺院の場合は山門と呼ばれる扉のついた門があり、しっかりと玄関口としての役割を担っています。

ところが鳥居は一切の通過を邪魔する障壁となるものはありません。

鳥居は単なる玄関口でもなければ鳥の休憩所でもないのです。

現世に肉体を持ちながらある意味、神様のおひざ元にある幽世に入るための特殊な道具でもあるのですね。

故に鳥居を通る時には、そのつもりで通ることが肝要です。

「神様のおそばにお近づきいたします」

という気持ちで鳥居をくぐるとき、神社の神様も「良く参ったな」と私達、参詣者にその意を向けてくださるようになります。

この状態になって初めて神社の神様と向き合う最初の準備が出来たといえるでしょう。


…次回へ続く


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

神社の神様と仲良くなろう!(その4)

神社の神様と仲良くなろう!(その3)からの続きになります。

神社の神様と仲良くするには、まず自分のことを良く知ってもらう。

人と人との関係でも同じように自分のことを知ってもらうことが大事になりますね。

同じように人と神様の関係においても重要だということです。

では、自分のことを知ってもらえればそれで良いのでしょうか。

関係性とは双方向のものです。

自分のことだけでなく、相手のことを良く知ることも重要になってきます。

神社の神様と仲良くするならば、その神様のことを良く知ることが大事です。

といってもいきなり神様のことを知ろうと思っても難しいと思います。

そこで、まず、最初は基本的な神社のことについて知識を得ることが取り組みとしてはやりやすいとでしょう。

今回から少し神社の基本的なことについて触れてみたいと思います。

神社と言えば、まず思い浮かべるイメージは何でしょうか。

清涼感のある参道、鎮守の杜を護る樹々、注連縄に玉砂利、手水舎や本殿、拝殿など色々、あるかと思います。

しかし、やっぱりシンボリックな力が強いのは鳥居ではないでしょうか。

街の地図を眺めてみてください。

神社のあるところは皆、鳥居のマークで表されています。

神社の入口たるものでもあり、神域へと続く玄関口。

そんな神秘的な雰囲気さえ醸し出す鳥居。

鳥居とは神社にとって如何なる意義があるものなのでしょうか。


…次回へ続く


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

神社の神様と仲良くなろう!(その3)

神社の神様と仲良くなろう!(その2)からの続きになります。

前回は神社の神様に対するよそよそしさ、敷居の高さを取り払うために神様も私達と同じ性質や傾向があるとことをお話しさせて頂きました。

人と人との関係性において、思いやりや気遣いが必要であるように神様と私達の間柄においても同じことが言えるということでした。

その点を踏まえた上で、今回はどのような点に注意すれば、神社の神様との関係を良好に深めることが出来るのかについて考えてみたいと思います。

私達がまず一番警戒を強めて、緊張を覚えるのは赤の他人に対してです。

誰もが家族や友人、知人と同様なふるまいが出来るわけではありません。

知らない人に対しては、最初は心を閉じているものです。

神社の神様においてもこの法則は当てはまります。

「神様なのに人見知りとかするのですか??」と不思議に思われるかも知れませんね。

もちろん、神様はそこまでシャイではありませんが、「神様なんだから全てお見通しでしょ?」「素晴らしい存在なんだから何も言わなくてもわかってくれる」というものでもありません。

この点は多くの方が誤解されている点でもあります。

神社の神様は確かに私達、人間に比べればはるか高い境地から物事を推し量ることは出来ます。

しかしながら、なんでもかんでも、出来る、全知全能というわけにはいかないのです。

私達の生きる世界にもルールや法則、原理原則があるように神様の世界にもあるのです。

なので、まずは、神様とお近づきになるためのご挨拶をして、自分自身のことを知って頂く必要があるということです。

神社に初めて参詣するときは自分の姓名を名乗り、どのような素性のもので、いかなる理由により詣でに訪れたかなど経緯を含めつつお祈りすると良いでしょう。

丁寧に自己紹介をして自分を知ってもらうことは神社の神様と仲良くするための一歩でもあるということです。


次回へ続く


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

神社の神様と仲良くなろう!(その2)

神社の神様と仲良くなろう!からの続きになります。

神社の神様と仲良くなるために私達が出来る心がけはあるのでしょうか。

神様というと超越的な存在をイメージしがちです。

それ故にどうお付き合いしたら良いのか、かしこまって考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

実際、神道には様々な神様に対峙する作法や儀礼、規定などがあります。

こういった宗教的な考えも決して間違いではないのですが、どうしても一市井の私達にとっては敷居が高く感じてしまいます。

しかしながら、スピリチュアル的に見た際の神様という存在はそれほど緊張して接する必要はないと言えます。

元々、神社は平安時代あたりの公家社会がモチーフとなり創り上げられています。

そのイメージや様相を守ったまま現在まで親しまれているのが神社です。

なので、現代社会に生きる私達がちょっと二の足を踏むような近づきがたさを覚えてしまうのもわかります。

ところが、実際の人間の持つ心の有り様は、今も昔もそれほど変わりません。

神社に降りられている神様も人間とはかけ離れた部分も確かにありますが、私達と共通する点も多々あるのです。

例えば、私達の暮らす住居に人が訪ねてきたとします。

ものすごく汚らしい恰好をした不審人物であったらどう思うでしょうか。

「この人誰?汚いな~」とちょっと嫌な気分や不安を覚えるのではないかと思います。

神社の神様だって同じなのです。

神道では神様は穢れを嫌うとされていますが、これは人間が汚らしい不潔な人間に悪感情をもってしまうのとそれほど変わりません。

だから、細かいお作法はともかく、清潔感を持ち、清々しい晴れがましい気持ちで神社を詣でることは基本です。

斎戒、沐浴したり、水垢離をしたりという風習も突き詰めれば、身ぎれいにして相手に不快を与えないように気を遣うという意味で考えればあまり難しい作法や宗教儀礼としての思想として遠くに感じるものではないと思わないでしょうか。

神社の神様と仲良くなるためのポイントは私達が自然のうちに持っている感性にヒントがあるということです。


次回へ続く


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

神社の神様と仲良くなろう!

スピリチュアル。

それは人をはじめ生き物、生命に宿る霊妙な働きの総称。

目に見えず、手に触れず、実体がない。

否、ないようでいて、確かに存在するもの。

その性質ゆえに私達はその存在に対して、どのように接していいのか時としてわからなくなることがあります。

しかし、大変、ありがたいことに日本には古来より受け継がれてきたスピリチュアリティについて触れることのできる場所があります。

それが神社という存在です。

神社とは平たく言えば、神様を祀る場所であり、社であります。

神様というと何か超越した存在をイメージする方が多いと思いますが、日本で祀られる神様は、必ずしも私達人間とは絶対的な隔たりを持つ存在ではありません。

日本古来における神様の定義とは、畏れるに値する力と技を持った敬すべき存在です。

その内訳を少しだけ述べれば、一族を立ち上げて存続させた大先祖様、森羅万象の中で私達が生活していく上で働きを与えてくれる自然の存在、それから、恐ろしい祟りをなすほどの力と想いをもって霊となったもの。

海を隔てた向こう側から不思議で珍しい宝を運んでくる存在。

本当に一口に神様といっても括り切れないものです。

もっとも、日本古来の思想の中で祀られてきた神々たちのさらに上の次元には神界と呼ばれる本当の神様がいる世界があります。

神界の神様はまた、神社に降りられている神様とはまた違った存在でもあるのです。

こんな風にお話ししていると一体、何が何やらわからなくなってしまう方もいるかと思います。

そこで、このブログでは、超高次元の神界におわします存在を神様と呼び、神社などに降りてきてくださっている存在を神霊と呼ぶことにしています。

今回の記事のテーマは「神社の神様と仲良くなろう!」です。

ここでいう神様は神社に降りておられる神霊のことを指していると思って頂ければと思います。

さて、神社の神様と仲良くなろう!というテーマですが、一体、そのようなことが可能なのでしょうか。

不思議に思われる方もいらっしゃることと思います。

そこで、神社の様々なお話をしつつ、スピリチュアル的に見た神社の神様との仲良くなるための方法について述べていきたいと思います。


次回へ続く


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR