【守護霊問答】不遇な出来事が続く意味

こんにちは!

天心です。

あれだけの猛暑日だったのに気が付くと涼やかな日々が続いています。

この極端な温度差に体調を壊される方もいるかも知れませんね。

くれぐれも読者の方々はご自愛くださいませ。

さて、またまた、久しぶりになりますが、今回の記事では、【守護霊問答】をご紹介したいと思います。

テーマは、「不遇な出来事が続く意味」ということでお送りしたいと思います。

何故か嫌なことが続く時、中々、人生の先に光が見えてこない時などがあるかと思いますが、どうしてそうしたことが起こるのか守護霊にお聞きしてみました。


天心:「何をやってもうまくいかず、嫌なことが続いてしまう時がありますが、その理由はどんなことが関係しているのでしょうか。」

守護霊:「人生に不遇なし。人生に過不足なし。」

天心:「そうは思えませんが。。人生は山あり谷ありで色んな事がありますよね?そんな中で連続して不運なことが続くことがあると思います」

守護霊:「鳴く蝉は儚くして哭くわけにあらず。ただ一生をもってあるべく姿を全うするのみ。人のみがこれ不遇を嘆くなり」

天心:「蝉は成虫になってから一週間で死んでしまいますからね。儚い命です。。でも、蝉と人を一緒に考えて良いものでしょうか。蝉は確かに自分の一生を嘆いたりはしませんけど、人間はそうもいきません。。」

守護霊:「ならばよく考えてみよ。不遇とはなんぞや。」

天心:「人生で思うようにいかない状態のことではないでしょうか」

守護霊:「その思うようにゆく云々に拘るわけは如何に」

天心:「う~ん、やはり人は自分の希望を通したいという欲求があるからではないでしょうか」

守護霊:「人の望みは海辺の砂粒よりも多し。しかれど、真の幸福と調和は、その砂粒を叶えることにあらず」

天心:「個々人の希望通りに行くのが本当の幸せに続くとは限らないということですか?」

守護霊:「人は皆、盲目に等しき状態に陥る時がある。己の望みに拘れば、真の幸福と調和は得られぬだろう」

天心:「では、不遇な状態が続くのは、自分の希望に拘らるからで、それを捨てたらば、そこを抜け出せるようになるのでしょうか?」

守護霊:「己の小さき秤で物事を判ずるのを止めるべし。人生に不遇なく、人生に過不足はなし。ただ、その意味に気づけぬだけである」

天心:「起こっている物事の意味をきちんと受け止める、あるいはその意味を理解した時には不遇が不遇ではなくなるということでしょうか。」

守護霊:「その通りなり」

天心:「でも、、中々、一度、不遇だと思ってしまうと中々、その考え方を抜けるのが難しく思います。どうすれば良いかヒントを頂けないでしょうか」

守護霊:「物事に尊卑にて格付けるのを止めること。ありのままをありのままに受け止める心の鍛錬をすること」

天心:「これは良いこと、あれは良くないことという評価をしてしまう心の習慣を改めなさいということですね。ありのままを評価せずに受け止める。受け止め方の訓練をしなさいということですね!」

守護霊:「人生に不遇なし。人生に過不足なし。ただ、その心根を変えるべし」

天心:「わかりました。ありがとうございました。」


以上が、【守護霊問答】になります。


結局、人生において不遇だ不運だと思っているのはその人の作り出す評価する心にあるということのようです。

不遇と思っていても、考え方、受け止め方を変えた瞬間に状況は変わっていなくてもその状況に対する評価が変わってしまうこともあります。

でも、究極的には評価をすることで、不遇に感じることや嫌だと感じることを私たちの心は作り出してしまっているのかも知れません。

それならば、いっそ状況を単純に評価するのはやめて、ただ、あるがままに受け止めるという精神的なあり方を持てるように訓練していくしかないのかも知れません。

どうしても不遇が続くとそこから抜け出そうともがいてしまいますが、実際には守護霊様の言うように人生には不遇も過不足も実はないのかも知れません。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

色々あるから楽しい

人生、山あり谷あり。

人生には色々な出来事があることを示す言葉です。

色々あるというと、顔をしかめてしまう方もいるかも知れませんが、人生は色々あるから楽しいという側面があります。

全てが真っ白な世界。

全てが真っ黒な世界。

人間しかいない世界。

動物しかいない世界。

海しかない世界。

陸しかない世界。

空しかない世界。

星々も同じような輝きをした同じような星しかない世界。

どれも単調でつまらないものです。

色んなものが存在し、色んなことが起こる人生。

様々なものがひしめき合うからこそ面白い。

物事はどう受け止めるかで全てが決まります。

何か一つが善であると考えてしまえば、世界はとてもつまらなくなります。

そして窮屈になってしまいます。

色々あるから楽しい。

人生、山あり谷あり。

山も谷も楽しんで迎えたいものです。


◎クリックご協力ください!


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

思念の連鎖と感応

こんにちは!

天心です。

先日、FGSの会のメンバーの方からのメールなどをチェックしておりました。
(でも、まだ、お返事できていないメールが沢山ある状況で誠に申し訳ないです。。)

その中で、広島市の土砂災害が大変なことになっていると知らせて来てくださるものがあり、情報収集してみれば、本当に大変なことになっておりました。(大汗)

何となく最近大気が不安定で記録的大雨があったという認識はあったのですが、ニュースを見て想像以上の地獄絵図になっていることを知り、心を痛めております。。

広島市の土砂災害に見舞われた方、生活に大きな支障が出て途方に暮れている方などなど、一刻も早く状況が改善していくことをお祈りすると同時に亡くなられた方のご冥福をお祈りさせて頂きました。

本当に平穏無事な日々は当たり前ではなく、思いがけない災厄はいつ来るのかは、正確には予測は出来ません。
でも、災厄が来るのを意識しすぎて生きるのは健全ではない以上、私たちは日々、後悔のないように生きていく以上のあり方はないのかなとも思います。

気持ちが暗くなってしまうニュースからのお話になり恐縮ですが、まだまだ、夏の大気は不安定な部分があります。
読者の皆様にも大きな災厄がないことをお祈りさせて頂きたいと思います。

さて、今回のお話は「思念の連鎖と感応」ということについてです。

先日、道を歩いておりますと、あるサラリーマン風の男性が思いっきり飲料水の自動販売機を叩いておりました。(汗)

ドーン、ドーン!すごい音をたてていて、皆、その方を見ています。

何か面白くないことがあったのか、はたまたストレスの蓄積が高じて激高したのか分かりません。

きっかけは、おそらく自動販売機にお金を入れたのにお目当ての商品が出てこなかったことが原因の模様。

「自動販売機を叩いても解決しないんだけどな。。」

そんなことを考えながらも、特に関わることなく家路に向かいました。

その後、また私は道を歩いていまして、結構な炎天下なので頭もくらくらしていました。(苦笑)

水分が足りてないのかと思い、自動販売機で緑茶を買うことにしたのですが、自動販売機のボタンに触れた瞬間、猛烈なイライラ感と感情の高ぶりを感じたのです。

理由はありません。なぜかそういう気持ちになったのです。

本当に下手をすると自動販売機を蹴っ飛ばしてしまいそうな勢いです。
(もちろん、しませんでしたけどね(笑))

そこで、変だな?と思い、深呼吸をして自分の状況を審神してみるとあるヴィジョンが見えてきました。

それは、以前見た、自動販売機をバンバン叩いていたサラリーマン風の男性の姿なのです。

どうやら、その男性(だけとは限りませんが)が残した激高したイライラ感の思念が生霊化して残っていたようです。

生霊というと恨みつらみをぶつけられた場合に憑くものと思われがちですが、残留思念的に場所や物に滞ることもあるようです。

また、念が凝固して人の形をしていない状態で憑く場合、自分自身の発した念が白い靄のような形でまとわりついている場合など色々あるようです。

今回は自動販売機という触媒を通して、男性のイライラ念に感応してしまったようなのですね。

なので、妙に理由もないのに感情が高ぶる場合などはこういった思念の連鎖による感応ということもあるのなかと思います。

何度も事故が起きる場所とか、そこに行くとテンションが必ず下がる場所なども思念が思念を作り出し連鎖していることによる現象なのかも知れません。

暑いのでイライラしがちですが、なるべく良からぬ思念は残さないようにしたいものですね。(苦笑)


◎クリックご協力ください!



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

何かが伝わってくる?

こんにちは!

天心です。

今年も夏がカレンダー的には終わりに差し掛かりつつありますね。

残暑お見舞い申し上げます!なんて言いますが、残暑というより、まだまだ現役の暑さです。(笑)

でも、やはり、夏は終わりに近づいているのか、我が家のベランダにはセミさんの亡骸がありました。

去年も二匹ほどベランダでセミさんがお亡くなりになっていましたが、今年も我が家を終生の地と定めたご様子。

周りには木々がそれなりにあるのに、何故、我が家の小さなベランダを選んだのかは不明です。

このままにしておくのもと思いまして、弔いの想いをこめて、ティッシュ越しにつまむと少しだけ動きました。(驚)

虫だけに虫の息?ではありますが、まだ、完全にはお亡くなりになっていなかったようです。

う~ん、なんだか切ないねえ・・と思いながら、とりあえず、どうすることも出来ないので、静かに霊界へと旅立たれるのを待つことにいたしました。。

さて、そんな夏の終わりにふさわしいかどうかは分かりませんが、ちょっと霊能力カテゴリの範疇になるお話をしてみたいと思います。

題して「何かが伝わってくる」です。

私は良く妙な情報を意図せずに拾ってしまうことがあります。

この場合の情報とは、目に見えない系の情報のことなんですが、時々、人が発している思念のようなものを無意識に拾ってしまうことがあります。

これは取次鑑定の時のように守護霊が仲介して与えられる形の何らかのお諭しとは異なり本当にノイズ的な情報です。

あまり、この情報に関しては人に話したことはなく、また、話しても気持ち悪がられるだけなので、通常は黙っています。

でも、時々、思いがけなく口にしてしまうことがあります。

ある時、私は友人と駅に向かい歩いていました。

お出かけ日和のことで、どこかで食事をしようということになったのです。

駅にたどり着き、改札を通り、プラットホームへと続くエスカレーターに乗ったその時でした。

前を歩く友人が「今度の電車は間に合いそうにないな。次のにしようか」と口にした声が聴こえたのです。

友人は前を向いたまま振り向かずに言ったので、私も「そうだね。次でいいんじゃない?」と答えたのです。

すると友人が私の方を振るかえり変なものを見るような顔をしていったのです。

「何一人でぶつぶつ言ってんだよ!気持ち悪いな」

私は、ビックリして「えっ!?だって、さっき、今度の電車は間に合わないから次にしようって言ったじゃん?」と言い返しました。

「いや、いってないよ!」と友人。

「いやいや、絶対いったよ。俺しっかりと聞いたし」と私も折れずに言い返します。

しかし、友人は言ってないの一点張りです。

その後、よく話を聞いてみると口にはしていないけど、そのようなことを考えてはいたようです。

なので、尚更気持ち悪いと感じたようなのでした。(汗)

通常、意識の法則にのっとり情報を掴むことが多いので滅多にこのような形で人の思念が入ってくることはないのですが、偶にノイズ的に拾ってしまうことがあるようです。

こういうことがあると霊波長ってある意味で電磁波に似ている部分があるなと感じます。

実際には電磁波とは違いますが、意識の法則を飛び越えて無意識レベルで霊波長を拾ってしまうケースもあるということですね。

しかも、思いっきり低次元層の波長だと物理的な音声なのか、霊的な音霊なのか区別がつかない場合もあります。

中々、厄介なことでもあります。

なので、しっかりと霊的感性もコントロールしていかないとダメだなと感じることがあります。

この記事を読んでくれている読者の方においても、もし、あり得ない情報を拾っている場合には、もしかしたら無意識レベルで霊波長を受信してしまっているのかも知れませんよ。

ということで、今回は少し緩めのテイストの記事でお送りいたしました!


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

心に残った守護霊からのメッセージ36

心に残った守護霊からのメッセージをご紹介してみたいと思います。


---------------------------------

空(から)になるまで出し切るべし

空になるまで出し切らねば

新たなるものは生まれぬ

魂の研磨に余力はいらぬ

空にならぬから成長せぬのじゃ

---------------------------------


出し惜しみせずに自分の持てるすべてを出し切ると、新しい能力や知恵が湧いてくるというのが守護霊様のご意見のようです。

実際、どこかで出し惜しみをしている自分に気が付くことがあります。

そんな時にはこの守護霊様の言葉を思い出します。

自分の中身が空っぽになって全てが亡くなるときに新しいものが授かるものなのかも知れません。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

取次鑑定のご感想 Part8

守護霊アドバイス、天命・過去世調査、遠隔浄霊などの取次鑑定のフィードバック、ご感想などを日々いただいております。

なかなか、ご紹介できないものも多い中(プライバシーに関する部分も多いので)、いただいたものから、ご紹介可能なものを少し発表してみたいと思います。

今回は遠隔浄霊、守護霊アドバイスのフィードバックを集めてみました。


☆遠隔浄霊


~~~~~~~~~

申し込みをしてからの早急の浄霊有難うございます。やはりものすごく眠たかったです。

生霊が憑いていて私自身も生霊を出してしまっていたという事でしたが、心当たりがあり、おそらく夫の愛人とお互い生霊を出しあっていた状態だったと思いました。

・・中略・・*1

浄霊後は重苦しくて痛かった首から背中がスッキリとして心と体も軽くなり、ホコリだらけだった我が家の掃除をやっとすることができました。
浄霊後二日たちましたが掃除三昧です(笑)綺麗になると気持ちがいいですね。頭では掃除しなければとわかっていても体が重たくて重たくて動けない状態だったのが噓のようです。

そして、代理で夫の浄霊もお願いしましたが・・中略・・*1だったとのこと、そういった状態で夫の情緒不安定、激発させたりする悪い作用があったようですが、まさに夫はその通りでした。
そして浄霊後夫はおかげさまで、穏やかになりました。

そして、下部霊界で苦しんでいた夫のご先祖さまを救済して頂きましてこちらも有難うございました。

この度は夫婦ともに浄霊して頂きまして本当に有難うございました。
浄霊の機会を与えて下さった守護霊様にも感謝致します。


30代 女性

~~~~~~~~~

浄霊の取次の結果をお聞きして、

いろいろ感じはしましたが、

まずは天心先生、守護霊さま、地蔵菩薩様、ほか、この取次ぎにお力添えをただいた神さまに感謝の気持ちでいっぱいです。

もう意識を向けないようにしてはいますが、

・・中略・・*1

素直に、よかった、本当によかった、という気持ちがあふれてきます。
菩薩様の、そして、私たちを導いてくださる、諸柱の神様方の、私たちを遍く照らす慈しみに、心より感謝を申し上げます。
そして、疑いや不安の心を呼び起こすものがいたとのこと、思い当たる節が、とてもあります。

前向きになろうと思っても、どうしても、そちらの気持ちが首をもたげてしまう、ということが、毎日でした。
今が、霊界転換がやりやすい状況とのことなので、
努力すればいつもより効果が大きいボーナスステージと考え、頑張ることにします。

今日も、職場で、なんとかネガティブなことを考えないようにしたり、
良い言霊をぶつぶつ発したり、守護霊様にぶつぶつ話したりして、努力することができました。
これから毎日、というのはやはり、アップダウンも生ずるでしょうから難しいと思いますが、

少しでも、自分の心根を良い方向に、暖かくて明るい方向に変えていきたいです。
今までなら、こんな前向きな言葉を書くことにすら「私なんかじゃ」と思ってしまっていたのですが。
今までのように、暗い気持ちを堂々巡りさせながら苦しむのは、もう嫌です。

天心先生のブログにも「そういう状況が心地よくなってしまう」という良くない例というお話がありましたが、
それが、これまでの私です。
また、蛇足、とおっしゃりつつもいただいた、アドバイス、ありがとうございました。
こちらも私にとっては、心から信じたくても、どうしても信じられなかった、前向きになれる内容で、本当に嬉しかったです。

実は周囲から同じことを何度か言われたこともありましたが、
しかし「そんな事いっても、どうせ」と素直には受け入れられなかった内容でもありました。
以前「考え方の次元を変えること」と守護霊様にお言葉をいただきましたが、
それと考え方の方向的には同じ気がしています。

「自分に自信を持つ」「 自分がしたいようにしてもかまわない。自分は自分らしくてもいいのだという気持ち」
どちらも、すんなりとは変われない(というよりは、どうしていいのかわからない)
とは、思いますが
私の中の何かがしっかりと固まるための素材が手に入ったことは確か…です。

30代 女性

~~~~~~~~~


天心様

遠隔浄霊のお取次をして頂きまして、誠にありがとうございました。
昨日から、霊的にご負担をお掛けしまして、恐縮でございます。

何かあるとは思ってはいましたが、まさかこれほど家系を恨んでいた方達がおられたとは思いませんでした。

従兄弟と兄、私も影響を受けていたのかも知れませんが、天心様と神々様にお救い頂きましたので、これからは犠牲者が出なくてすみます。

今のタイミングで浄霊を受けさせて頂けたのも、ある程度、業が抹消されたからかなのかも、と思っています。

これからは、もっと前向きに、生まれ変わった気持ちで生きて行けると思います。

天心様のお蔭で、人生の雲や霧を晴らして頂けております。
本当にありがとうございました!


40代 男性


~~~~~~~~~

遠隔浄霊して頂いてからすっきりした感じです。
以前〇〇の遠隔浄霊の際私がすっきりしました。
いろいろ思う所があり悩みがありますが 
全て私の気持ちの置き所にあることを思い出しました。


50代 女性

~~~~~~~~~

天心先生

先祖供養浄霊ありがとうございます。
昨年も、「現世で受けた傷などを霊的世界でも引きずっている方」でしたが、どうやら私の先祖には、戦死した武士が多いようですね。
父方も母方も源氏の末裔なので、当然かもしれません。

昨年、私自身の浄霊をして頂いた時間帯に、顔が血だらけで、ざんばら髪の男性の顔が浮かび上がってきました。

〇〇〇〇でも自殺者でもなさそうなので、ノイズかと思っていましたが、ひょっとしたら、ご先祖様のお一人だったのかもしれません。

今日は、先祖供養浄霊をして頂いている時間帯、何か胴体がスッキリした感じがしました。


30代 男性

~~~~~~~~~


☆守護霊アドバイス

~~~~~~~~~

天心様

守護霊様のメッセージのお取次ぎとご解説、ありがとうございました。
今、すっと入ってくる内容でした。
メッセージをいただく前日3日間で、勉強会があったのですが、
そこでいただいていたメッセージとまったく同じことを指摘されまして、
やはり、いま必要なのは、自分自身の抜本的な改革なんだと実感しました。
メッセージをいただく前に、実際にお導きもしていただいていることがわかります。

目の前にある課題は、波及的なものであり、
本当の課題はそこではなく、根本的な部分なのだと。

1週間、悩みましたが、大変よい言葉をいただき、感謝しております。
天心様、ありがとうございました。


30代 男性


~~~~~~~~~

ご鑑定ありがとうございました。
主人を連れていくことはないと言って頂けてとても安心できました。
亡くなった義祖父の供養はブログの記事を参考に自分なりに行ってみようと思います。
また、守護霊様からのアドバイスで、案ずるなとのこと。
不安が不安なことを呼んでいたのですね。
これからはあまり考えないように、楽天的にいようかと思います。
どうもありがとうございました。


20代 女性

~~~~~~~~~

天心様


・・中略・・*1

そして、守護霊様のアドバイスは、本当に急所を突いているなと読んでいて思いました。
私は今、完全に焦っている状態でした。というのは、ちょうど先週、唯一出社した日に、
仕事の内容がこれから変わると上司に言われ、どうしようかと内心思っていたことと、
まさに照応しています。

・・中略・・*1

守護霊様のアドバイスと寸分の狂いもなく、さすがプロのお医者様は違うと思いました。

以上のことは前からよく知っているつもりでしたが、守護霊様のアドバイスをお聞きして
もう少し、自分自身の人生観や職業観を、読書をしたり、守護霊様に問いかけたり、
信頼できる人にいろいろお聞きしたりして考えてみようと思います。
以上、守護霊アドバイス、ありがとうございました。


40代 男性

~~~~~~~~~

天心様
 
突然の鑑定申込みにも関わらず、相談にのって頂きありがとうございました。

・・中略・・*1

天心さんから頂いた守護霊様のメッセージを大切に受け止め、お祈りさせていただきたいと思います。

そして、自分自身の心も向上心をもって実践させて頂いて、いつの日か守護霊様と会話出来るようになりたく思っております。

これからも、天心さんのブログ等を通して学びの勉強をさせてください。


30代 女性


~~~~~~~~~

天心様へ

このたびはご相談に乗っていただき、守護霊アドバイスとその解説、本当にありがとうございます。
(相談内容を見返していて、とても読みにくいことに気が付きました(汗)。改めて大変失礼いたしました。)

守護霊様のお言葉の中に「死も生も囚われれば苦なり。」 とありました。
そして天心様からの解説を読み、その通りだなとしみじみしております。
 
生きる意味は私の中にある。

私の中からそれを探していくのも人生の意味かもしれませんね。
いまの私にはまだ難しいかも知れませんが…。
(未だに守護霊 様のお言葉の意味を飲み込み切れていない気もするのです…。)

少しずつ打ち込んでいけるものを探していきたいと思います。


20代 女性

~~~~~~~~~


天心様
こんばんは。
お忙しい中、早々に鑑定いただきありがとうございました。

守護霊様のお姿、想像しながらありがたく拝読させていただきました。

関係あるかわかりませんが私は守護霊様のお姿のような和装が大好きで(なかなか着る機会もないですが)、しかも十二単衣にずっと憧れていたりします。
とても親近感が湧き、アドバイスをいただき感謝の気持ちでいっぱいです。

悩み、迷い、いつのまにか悪い方悪い方へ考えが凝り固まってしまっていたことに気づかされました。

もっと気楽に、、、考えを柔らかくすればいいのか、、そうだ、そうなんだ、と。

とは言え、ついついいろいろ考えてしまう自分にも気付き、その度に今日は『私らしく』を自分に言い聞かせて過ごしました。

何かまた不安に襲われそうになったら『私らしく』いれるよう心がけていきたいと思います。
おかげさまで気持ちが少し軽くなった気が致します。

この度は本当にありがとうございました。

blog楽しみにじっくり拝見させていただきます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。


40代 女性

~~~~~~~~~


天心様

鑑定ありがとうございます。
最近事業上で、「これは試練なんじゃないかな?」と思える位
トラブルが続き、少々怖くなったりしてストレスを抱えていました。
色々と解決はこれからですが、自分自身の成長の糧として
ただそこには留まらずに、進みたいと思います。
守護霊さまのお言葉を肝に銘じ、余分なる力を抜き精進致します。
今後とも天心さまブログ、楽しみに拝読させて頂きます。
天心様のブログには、とても癒されています。ありがとうございます。

40代 女性

~~~~~~~~~

守護霊アドバイスありがとうございました。

今の私の状況を言葉で 表すと本当にその通りです。

守護霊様からのアドバイスを何度も読み返していますが、正直それでも今の私にはどう進んでいいか迷う部分がありますが、一つ一つ考えながら今後進んで行きたいと思います。

この度はお取次ぎをして下さった天心さま、アドバイスを下さった守護霊様本当に有難うございました。


30代 女性

~~~~~~~~~

*1 天心註釈:プライバシーに関わる具体的な内容部分であったり、長めのご感想であるため省略いたしました。


他にも沢山のフィードバックをいただいておりますが、今後、折を見て発表できればと思います。


また、過去にご紹介したフィードバックをご覧になりたい場合は、「【一覧】取次鑑定・遠隔浄霊フィードバック」をご参照ください。



天心 拝


◎クリックご協力ください!



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

神様のドングリ- 予言の兆し その2 -

はじめて読む方は神様のどんぐり- はじまり -からお読みください。

-----------------------------

神様のドングリ- 予言の兆し -からの続き。

お腹を空かせたタイラー。

歩き疲れてマモリギにもたれかかる様に眠る中、ふと何かの気配に気づきます。

辺りを見回しても動物の姿は見当たりません。

しかし、よく見るとマモリギが光を発してタイラーに語り掛けていることに気づきます。

目を丸くするタイラー。

果たしてマモリギは何をタイラーに伝えようとしているのでしょうか。

・・・ ◇◆ 予言の兆し その2 ◆◇ ・・・

マモリギは静かにサワサワと枝を揺さぶりながら、まるで綿帽子のような白い光を帯びながらタイラーを見下ろすようにそびえ立っています。

タイラーは茫然と口をぽっかり開けて、マモリギを見上げています。

まだ、夢から覚めていないのだろうか?

タイラーはそんなことを考えながらも目の前で起こる出来事をどう受け止めて良いのかわからずにいます。

光を帯びるマモリギも十分に幻想的で夢見心地な感じではありますが、それに輪をかけて樹木が語り掛けてくるという奇想天外な状況にさしものタイラーもあっけにとられてしまっているのでした。

そんな茫然自失のタイラーに構うことなく再び、マモリギが語り掛けてきました。


タイラーよ

孤独な狐よ

あまり時間は残されていません

わたしの話を良く聞くのです


マモリギの声に我に返ったタイラーは、今度は目の前の起こっている現象を少しだけ受け止められるだけの冷静さを取り戻しました。

「ちょっと待ってくれ!あんた本当にマモリギなのか?一体、さっきから何を言っているんだよ!!」

タイラーは光るマモリギに向かって叫ぶように言いました。


タイラーよ

わたしはお前たち動物がマモリギと呼ぶもの

わたしは長らくお前たちとお前たちの世界を守護してきたもの

しかし、今その時が終わろうとしている


マモリギは静かに語り掛けてきました。

「確かに昔からの言い伝えでは、あんたがこの世界を守ってるってことになっているけど。。」

タイラーは少し顎に手をやり考え込むような姿勢で呟きました。

「だけど、それは単なる言い伝えだろ?確かにたまにあんたの木陰で休んだりさせてもらっているが、それだけで世界を守っているなんてちょっとおこがましくないか?」


タイラーよ

お前の食す木の実は大地の恵みです

お前の眠りを支える草木は自然の恵みでもあるでしょう

この世を安定させ生きとし生けるものが育みやすい環境を整えている力を何とする

全ては働き合い調和をして成り立つもの

当たり前に存在する恵みも環境もあるものではないのですよ


マモリギはタイラーを諭すように言いました。

タイラーは少し言われていることの意味をかみしめながら、それでもまだ納得がいかない様子です。

「それはそうだろうけど、だからって、あんたがこの世界を守っていることにはならないだろう?あんたは大樹で昔から動物たちに尊重されてきたのかも知れないが、全てをあんたが与えているような口ぶりはどうかと思うぞ?」

少しだけいつもの意地悪いタイラーの言いようが姿を現します。

どんなに超常的な現象を見せられてもそれに屈するのはタイラーのプライドが許しません。


タイラーよ

確かにわたしは万能ではない

全てを私が与えたわけでもない

されどわたしの力が衰える時

この世界の調和が崩れる時なのです

良く聞ききなさいタイラーよ

私の力は今、急速に衰えつつある

時間がないのですよ


少しだけマモリギの穏やかな声に焦燥的な響きが混じり始めました。

それを聞いたタイラーも少しその不吉な声の響きが気になりました。

「それはどういう意味なんだ?あんたの口ぶりでは、全てをコントロールしていたのがマモリギであるあんたの役目だってことは何となくわかったよ。でも、何で突然、あんたの力が衰えて世界が終わるなんてことになるんだよ?」

タイラーはマモリギの言うことを少しずつ理解しつつも、まだ把握できない部分に言われえぬ不安感のようなものを抱いています。

最初にマモリギが言っていたお前は何故この世界を滅ぼすことに手を貸したのかという言葉も気になります。

そもそも、なぜ今になって、長年沈黙を続けてきたマモリギが寄りにもよってこの自分に語り掛けて妙なことばかり口にするのか。

タイラーの訝しみは益々、深まっていきます。


タイラーよ

わたしが力を振るえるのはテルメアの実があってのこと

テルメアの実が失われればわたしの力もまた失われる

テルメアの実を取り戻さねば、この世界の調和は崩れて失われることでしょう


「なんだよそれ!テルメアの実?聞いたことがないぞ。それと俺様と何の関係があるっていうんだ。」

タイラーはまるで濡れ衣を着せられたかのようなそぶりでマモリギに訴えました。


タイラーよ

お前は忘れたのか?

動物たちを焚き付けテルメアの実を収奪させたことを

お前が「神様のドングリ」と呼んだ木の実のことを

忘れたというのか


マモリギの言い放つような声にタイラーは再び身体が金縛りにあったかのように硬直するのを感じます。

またしても、耳にする神様のドングリという言葉。

痛いところを突かれたようにタイラーはさっきまでの勢いがそがれたように言葉を失ってしまいました。

最早、神様のドングリという言葉はタイラーにとって大きな古傷のように心を痛ましめるものになっていたのです。

・・・続く

神様のドングリ- 予言の兆し その3 -へ続く

◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

供養のレベル

こんにちは!

天心です。

お盆の時期ということで浅草寺にて先祖供養をして参りました。

先祖供養と言いましても様々な供養の形がありますが、今回は万霊供養燈籠を直系の父方、母方を代表して申込みいたしました。

浅草寺の供養の形には他にも回向(えこう ※功徳を利他業として振り分けること)などもありまして、供養の形も様々です。

もちろん、正式な供養の形式で申し込まなくても、蝋燭を献じて御祈願したり、お賽銭を奉じて観音経や延命十句観音経を唱えながら祖先の供養を個人的に祈念する方法もあります。

護摩木を書いて奉納し、それを誠として祈念するのもいいでしょう。

供養のあり方は様々あって良いのです。

大事な点は今までも何度もお話してきましたが、祖先に対する真心を如何に形に表すかという点にあるのですね。

供養の形はお寺などによっても変わってきますし、その細々とした作法やあり方は実際の寺社にて問い合わせて頂ければと思います。

さて、今回は少し、先祖供養について今一歩踏み込んだ考察をしてみたいと思います。

先ほども言いましたが先祖供養の基本は子孫として真心を形に表して祖先へ献じることが大事なポイントではあります。

しかし、実際のところ、供養というものにもレベルがありまして、同じように供養をしていても有効に機能する場合とそうでない場合がやはりあるようです。

この点においては巷に伝わるスピリチュアルな見識においてもあまり明らかにされていないように感じます。

なので、一度、このブログにおいては整理してみたいと思います。

まず、供養の最初のレベルは、子孫が真心を込めて祖先霊に礼を尽くして感謝の気持ちをお祈りするということがあると思います。

一番、単純であり、基本的な姿勢でもあります。

祖先霊に感謝しましょう!という主張をするスピリチュアル的な考え方は特に珍しいことではなく、色んなところで耳にすることでもあります。

確かにこれは祖先霊に喜ばれる行為だと思いますが、このレベルで供養として機能するのは、ある程度、上部霊界、ないし、それに近い祖先霊に対してのみになります。

上部霊界に籍を置く祖先霊は、子孫のそういった心根だけでうれしいものでもあり、感謝の気持ちを受け止めて、霊界におけるバックアップをしてくださるようになるものです。

丁度、礼儀正しく感謝の想いをもって接してくる孫をかわいいと思い、何かと世話を焼いてくれる祖父母の心境に近いかも知れません。

しかし、祖先霊と言いましても、代々と遡れば沢山の方々がいらっしゃいます。

全ての祖先霊が上部霊界にいるわけではありません。

祖先霊の中でも現世次元に近い霊界、やや下部霊界に近い方々は、感謝の気持ちだけではご納得されない方もいらっしゃいます。

霊界が現世次元に近い分だけやはり、現世に近い持て成しや供養の形を求める場合があるのです。

こうなると祖先霊に感謝の気持ちでお祈りするだけだと納得しない祖先霊も出てくるわけです。

この場合は、お供物を捧げたり、ご生前に好きだった好物などを献じたりする必要が出てきます。

現世における楽しみや価値観をそれなりに引き継いでいるためそういった形が必要になるわけですね。

では、とりあえず、供物を捧げて感謝の祈りを捧げれば供養としては完璧であるかというとそうとばかりは言えません。

実際に下部霊界に落ち込んでしまっていたり、霊界で不自由な状態になっている祖先霊の場合は、単に供物を捧げて供養をするだけでは難しい場合があるのです。

なぜならば、下部霊界にまで落ち込むと現世に生きる私たちがいくら供物を捧げてもそれを受け取れる霊層にないので、折角の供養も届かない場合があります。

低次元層で歪みのある霊界であればあるほど、現世での私たちの真心やその形がうまく祖先霊に伝わらない場合があるのです。

その場合は、やはり神仏や神霊のお力添えが多少なりとも必要になるのです。

浅草寺などをはじめとする仏閣での供養をご紹介している理由の一つには、こういった霊界での背景があります。

仏閣などできちんと神仏、神霊の加護を受けた先祖供養をしていれば大抵の霊界次元の祖先霊はカバーできます。

しかし、実際には仏閣での供養でも救済しきれないくらいの下部霊界に入り込んでいる祖先霊がいる場合には、浄霊などの特殊な霊法を行っての供養になります。

なので、浄霊による祖先霊の救済はかなり奥深い下部霊界の方々もカバーすることが出来るということです。

もちろん、それ以上に下部霊界の奥の奥にまで入り込んでしまっている祖先霊は難しい場合もあります。

そのような場合は少しずつ祖先霊の浄化が進み救済が可能な霊層まで浮霊してくるのを待つしかありません。

いずれにせよ、先祖供養と言いましても段階があり、レベルがあるということを理解しておくことは重要なことかも知れません。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

どうにもならないことで思い悩まない

こんにちは!

天心です。

今、この記事を書いている時分、台風11号が四国近辺を通過中でありまして、またまた、大雨が降っている模様です。

この記事がエントリーされる日には、なるべく穏やかに過ぎ去っていて欲しいと願っています。

ただ、雨が降ってくれたお蔭で少し気温は過ごしやすい温度となっていますね。

真夏日が続いていたので、恵の雨でもありました。

物事には様々な側面があり、天候一つとっても良い悪いは単純には判断出来ません。

結局のところは、受け止め方と感じ方、後は状況によって、起こる物事の評価が変わるということですね。

問題なのは、評価のあり方が主体的でなく外因的になってしまう時、私たちは今、目の前で発生していることに対して、主体的にふるまえなくなるということです。

あるいは、外因的なもので物事の良し悪しが決まると思いこむことで、自らの人生をつまらないものと感じてしまう原因にもなてしまいます。

何をどう評価するのかは、自分次第であり、評価の価値基準の多様性を持つことが出来なければ、いつまでたっても私たちは自分自身の主体的意志による人生を歩むことが出来なくなるでしょう。

さて、前置きはこのくらいにして、今回は悩みを最小限度にする方法についてお話してみたいと思います。

私たちは多くのことで頭や心を悩ませますが、その大半のことは、実は悩まなくてもいいことであったります。

別の言い方をすれば、悩もうが悩むまいが結果に影響を与えない事柄です。

例えば、大学受験を控えた受験生は志望校に合格できるかどうかを悩んでいるのかも知れませんが、そんなものは受験をして結果を得てみない限り答えはでません。

勉強を一生懸命にしていても、不合格になることもあるでしょうし、自信がないままに受験に臨んでも合格してしまうこともあるでしょう。

お付き合いをしている男性からプロポーズされたが、受けるかどうか迷っているという場合も同じです。

結婚して幸せな家庭を築けるかどうか、この人でいいのかどうか大いに悩むわけですが、これも結婚してみて、素敵な家庭を築くべく鋭意、努力してみないことには分かりません。

自分の進むべく進路や職業選択も、自分に向いた仕事はどうれだろう?と悩んでみてもやってみなければ分かりません。

このように悩みの内容を良く分析してみると、大抵、人はどうにもならないことで思い悩む時間が多いことに気づきます。

どうにもならない悩みとは、やってみなければわからない事柄に対する悩みなのです。

やってみればすぐにでもわかるのにやらずに答えを出そうとして悩んでいるわけです。

この手の悩みは答えが出ないため、人の思考を堂々巡りにさせて、その歩みを止めてしまいます。

人生を幸せに生きるために私は一つの信条を掲げています。

それは、どうにもならないことで思い悩まないということです。

どんなに大きく重大な悩みであったとしても、このスタンスは変わりません。

重大な影響を及ぼすことに対しては、人は思い悩む傾向があり、あまり重要度の高くない内容に関しては悩まないという傾向があります。

でも、これは良く考えると建設的な考え方ではありません。

それどころか、判断を誤る結果に繋がる可能性すらあります。

なぜならば、悩めば悩むほど人は建設的な判断が出来なくなり、ネガティブに物事を捉えやすくなるため、結果、負のエネルギーを醸成し不運な方向に導かれてしまうからです。

例え重大な事柄、生死に関わることや、人生を左右するような事柄であったとしても、どうにもならないことで思い悩まないことは大事なことなのです。

「そんなの無理だ!」と思うでしょうか。

誤解のないように言っておきたいのですが、発生した事柄に対して思考を停止しろと言っているわけではありません。

むしろ、何が出来、何が大事で、どう進めるべきかはしっかりと考える必要があります。

しかし、どうしょうもない、何も出来ない、結果を委ねるほかはない事柄に対して心を砕くのは疲弊を積み重ねてしまうだけだということです。

悩み多き現代人にとって、悩むべきこと、それに足りうることを見抜き、無用なことで悩まないようにしていくことは、実は重要なポイントではないかと思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

七つの大罪のスピリチュアル的な意味

こんにちは!

天心です。

最高気温が35度を超える日々が続いております。

皆さま、ご体調は大丈夫でしょうか。

普段はとても有難く感じ、空を仰げばいつも拝む心が湧き上がってくるお日さま☀でございますが、夏日はさすがに日蔭を探して逃げてしまいます。(笑)

夏になるとお月様の煌々と照り輝く夜が気持ち良いものですね。

この日和見主義者め!と太陽に叱られそうですが、まあ、致し方ありません。(笑)

冗談はともかく、本当に熱中症には気を付けましょうね。

さて、今回は開運コラムとして「七つの大罪」のスピリチュアル的な意味について考えてみたいと思います。

元々は、キリスト教における大きな罪の区分けであるわけですが、これは、罪というよりもどちらかというと人間の持つ先天的な業(カルマ)という見方をした方がしっくりくるような気がします。

一応、七つの大罪を挙げておきますと以下のものがあります。

傲慢(ごうまん)
強欲(ごうよく)
嫉妬(しっと)
憤怒(ふんぬ)
暴食(ぼうしょく)
色欲(しきよく)
怠惰(たいだ)


傲慢は「鼻持ちならない、プライドが高く、人を見下す」といった天狗状態ですね。

強欲は「もっと欲しい、もっともっと欲しい」という必要以上に底なしの欲望ですね。

仏教では渇愛(かつあい)と呼ばれるものですね。

嫉妬は「いいな、ずるいな、何さ!あんな奴」みたいな感情ですね。

憤怒は、「ムカつく、頭にくる、ぶっ飛ばしてやる~」という怒りの極まったものです。

暴食は食い過ぎ、メタボリックになるほどに必要以上に食べ過ぎることです。

色欲は性欲過多で性的にだらしない状態ですかね。

怠惰は「めんどくさい、明日にしよ、これくらいでよくない?」というベストを尽くさない怠りです。

・・・って説明をしつつ思ったのですが、七つの大罪から完全に逃れられる人っているのですかね。(苦笑)

人間ならば殆ど何かしらは犯してそうです。

これを真面目に額面通りに受け止めてしまうと人間はほぼ全員地獄行きというシュールな結論に至ってしまいそうなのですが、スピリチュアル的にこれらを解釈すると少し違った見方が出来ます。

例えば、「傲慢」という大罪には実は裏側には「自信」というものが隠れています。

誰でも実力がついて来れば自信もついてきます。

しかし、自信はいつでも背中には傲慢という影が付き従います。

自信が付きすぎて物事を正しく掌握する心を失った時に霊波長が偏るので「傲慢」になるのです。

「強欲」の裏側には「向上心」です。

誰でも欲望があればこそ、向上していこうと思うわけです。

だから欲望は正しく持つべきです。

単なる狭い自我意識のまま向上心なき欲望は強欲へと繋がるということですね。

「嫉妬」の裏側はなんでしょう。

これは、「憧れ」でしょうか。

素直な気持ちで人に対する尊敬の念が表現できない時に現れる歪みが「嫉妬」なのかも知れません。

「憤怒」の裏側は「義憤」

怒りの感情も私的なことで怒るのと大きな公的な目線で感情的にならず怒るならば、それは単なる怒りとは異なるのかも知れません。

「暴食」「適食」ですかね。

何事も過ぎれば及ばざるがごとし。節制を学ぶことが大事ですね。

「色欲」「愛情」

性欲自体を否定してしまえば、人類の繁栄はありません。

だから、これも霊波長の乱れからくる極端な自己欲求のみから来る愛の視点が抜けた色欲過多が問題なのかなと思います。

「怠惰」「中庸」

本当は勤勉と言いたいところですが、実際には勤勉が必ずしも良いとは限りません。

緩急、為すべき時は為し、休むべき時は休むという的を射た中庸が大事です。

ということで、何が言いたいかというとすべては霊波長が乱れた時に私たちの心と行動のあり方が乱れることになり、七つの大罪にあるような極端な傾向が出てしまうわけです。

とりわけ、七つの分類になっているのは、おそらく私たち人間が一番はまり易い問題点だからなのかと思います。

なので、スピリチュアル的には七つの大罪に関わらず、霊波長が乱れて魂の輝きが阻害されて自我意識と背後の霊界が歪むことがある意味で罪な状態だと言えるのかも知れません。

最近、良く見かけるキーワードだったので、今回は取り上げてみました。

スピリチュアル的に健やかに過ごせるように心がけたいと思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

心に残った守護霊からのメッセージ35

心に残った守護霊からのメッセージをご紹介してみたいと思います。


---------------------------------

微に入り細を穿つ

良き想い込めて

何事も取り組むべし

すべてに念鎮まりて

善なる輪が広がるなり

---------------------------------

丁寧に真心を込めて行うこと。

そうして携わったことや、取り組んだものというものに良い念が鎮まると守護霊様は教えてくれました。

全てのものに自分の念が籠っているので、その時々の境地が取り組んだものを光り輝かせるものにするか、曇らせた邪気のこもったものにするのかが決まるのだそうです。

結果ではなく、いかなる態度と想いで取り組むかが大事だというお諭でした。




◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【2014年8月度】神田明神への参拝

2014年8月度神田明神月参りをしてまいりました。

夏真っ盛りの猛暑日。

暑さに負けぬようにお祈りをして参りました。

FGSの会メンバーをはじめ、ブログ読者の方や関わり合った全ての方の幸せを祈念させて頂きました。

また、毎度のことながら、ご寄付の一部からお玉串をさせて頂きました。

もちろん、献灯の継続祈願串の奉納もさせて頂きました。

皆様に神様からの追い風の力が降り注ぐように祈念して参りました。

今月も元気に過ごして頂ければと思います。


天心 拝

kanda_dozo_ningyou.jpeg

神田神社 右大臣像



◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

世の中は本当に不公平なのか?

人は時として自分の不遇を嘆きたくなることがあります。

不遇というのは、こんな時に感じるものです。

なぜ自分ばかりがこんな目に合わなければならないのか。

こういう発想に陥った時に不遇であると感じ嘆く気持ちが出てくるわけです。

では、人は現在の自分が不遇にあるとどのように判断しているのでしょうか。

それは、他人と比較して自分の方が報われていないと判断した時に不遇を感じるのです。

つまりは、「世の中は不公平である」と思い至った時に不遇と判断するわけですね。

確かに世の中の様々な人の境遇を単純に比較してみると置かれている環境の良し悪し、持って生まれたものや、与えられているものは皆それぞれに異なります。

こういう状況を目の当たりにすれば、確かに「世の中は不公平である」と言いたくもなるのが人情というものでしょう。

では、本当に世の中は不公平であると言い切れるのでしょうか。

このことを考えてみるために一つたとえ話をしてみたいと思います。

貴方は今、一つのテーブルの座席に座っているとします。

テーブル席には貴方以外にも沢山の方が座っています。

そこへ大きなデコレーションケーキが持ち運ばれて、テーブルの真ん中に置かれたとしましょう。

テーブル席には沢山の人が座っているので、デコレーションケーキを切り分けて、それぞれの人にいきわたるように個別の皿の上に載せて配られました。

お待ちかねのケーキです。

ふと隣の人の皿を見ると貴方に配られたものよりも厚みのあるケーキが載っているではありませんか。

この時に貴方はどう思うでしょうか。

「不公平だ!なぜ、隣の奴より自分のケーキは薄いのだ!」

こんな風に考えたでしょうか。

では、どうして不公平だと考えたのでしょうか。

「何を言っているんだ。明らかに自分のものより隣の人の方が得をしているのだから不公平ではないか」
「特段、自分と変わらぬ状況にあるのに隣の人だけが得をしているのは、やはり不公平だ!」


こんな声が聴こえてきそうです。

確かにもっともな意見のような気もいたします。

しかしながら、それは誤解を恐れずに言えばある幻想に囚われているために不公平という錯覚を生み出してしまっていると言えるのです。

「そんな馬鹿な話があるか!自分より理由もなく得をしている人間がいるのは明らかに不公平ではないか!!」

貴方は憤るかも知れません。

では、お聞きします。

もし、明日も同じようにデコレーションケーキがテーブルの上に置かれて、やはり同じように個別の皿の上にケーキが切り分けられて配られたとしましょう。

そして、隣人の皿の上のケーキと自分のものを比較した時、貴方の皿の上のケーキの方が厚みがあるものだったらどう思いますか?

昨日は隣人のケーキの方が厚みがあり、今日は自分の方が厚みがあります。

それでもやはり不公平だといえるのでしょうか?

先ほどお話した「ある幻想に囚われているために不公平という錯覚を生み出してしまっている」というのは実にこの点にあります。

人は今現在の状況をもって不遇かそうでないか、公平か不公平かを決めてしまう傾向があるということです。

今日配られたケーキは薄かったけれど、明日配られるケーキは貴方の方が厚いかも知れません。

このようなことを言うと「明日、ケーキが配られるという保証がどこにある!」と言われるかも知れませんが、逆に言えば、明日、ケーキが配られないという保証もないのです。

世の中は常に動き、変化していきます。

今という変化の中の一時の状況をもってみてしまえば全ては不公平のように見えてしまうことになるのです。

でも、明日配られるケーキの可能性を鑑みる時、今の不公平は決して不遇であると言い切れるものではないことがわかるはずです。

今感じていること、遭遇している状況、与えられている環境などを固定的に受け止めてしまえば、現状の自分の不遇さに嫌気がさしてしまうかも知れません。

しかし、私たちの生きる道の行く先は常に変化に富んだものでもあります。

このことを理解する時、本当は不公平なことなど何もないのだということに気付くと思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR