生まれ変わりたいですか?

あなたは自分の人生を振り返った時、自信をもって「この上なく素晴らしい人生です!」と言い切ることが出来るでしょうか。

胸を張って、心の底からこのような言葉を発することができるのであれば、あなたの人生はとても素晴らしいものだと言えるでしょう。

しかしながら、実際のところは、中々、自分自身の人生を自信をもって素晴らしい人生だと言い切ることは難しいことも多いように感じます。

どんなに言葉では、ポジティブに自分の人生の素晴らしさを表現してみせたとしても、どこかで、人生に対して、悔いがあったり、ネガティブな感情を抱いてしまう部分を持っている人が多いのが現実ではないでしょうか。

時には、人生をやり直したい、いっそ、生まれ変わって全く違う人生を歩みたいと願うことだってあるかも知れません。

かくいう私も小学校時代には、常に人生をやり直せたら、生まれ変われたらと考える日々を送っていました。

小学生のくせにそんな暗いことを考えていたのかと驚かれるかも知れませんが、実際のところ、病弱でもあり、かといって大した才能や器量があるわけでもないのが自分自身の偽らざる姿であることを深く理解していた私は、どうしたら生まれ変わって新しい人生を歩み始めることができるのだろうか?と考えぬ日はなかったのです。

そんな少し暗い感じのする少年時代が私をスピリチュアル的な方向へと導いたともいえるでしょう。

私はいつも考えていました。

学年の節目、学期末、そういった季節ごとのターニングポイントにくると「来学期こそは生まれ変わろう!」「学年が進級したらもっといけてる自分になろう!」と意気込んで、自分の未来の姿に期待を寄せていました。

しかし、現実は、私の期待するイメージの通りにはいきません。

次こそは、今度こそはと意気込みながらも繰り返される、成長できない、変われない自分というものを突き付けられながら段々と自分に対する信頼が薄らいでくるのがわかりました。

どうして自分は生まれ変わることができないのだろう?

新しい人生を手に入れて、もっと理想通りの人生を手に入れたい。

これが私の少年時代に考えていた偽らざる気持ちでした。

さて、今回のテーマは自分自身を一新して生まれ変わらせるために何が必要なのかについてお話してみたいと思います。

もし、あなたが自分自身の人生に一遍の悔いもなく不満もないならば、きっとこれからするお話は意味がないかも知れません。

しかし、もし、自分を刷新し生まれ変わることができたならと想像したとき、ワクワク、ドキドキした感情を覚えるのであれば、少しだけ耳を傾けてみてください。

きっと、生まれ変わるためのヒントをつかむことができるかと思います。


◇◇ 人生は変えることはできない ◇◇

私は10代に入るころから熱心に守護霊に語り掛ける習慣を身に着けています。

最初の頃に特に話しかけていた内容は煎じ詰めれば「人生をどうしたら良くすることができるの?」ということでした。

兎も角、自分自身の人生に満足がいかないわけです。

どうしたら、人生を変えることができるのか。

このことばかり守護霊にお願いしていたのです。

しかし、何度、お祈りしても守護霊からの答えは返ってきません。

私の周囲に現象として現れるサインによる導きもありません。

おそらく、私の心の中の依存心が強すぎて、守護霊との霊線に曇りが出ていたのでしょう。

そんな状況でいくら語りかけても、答えのない状況に次第に私は、守護霊からの回答を半ばあきらめかけていた時のことです。

心の中にポッと現れる一つのメッセージを感得しました。

それは、「人生は変えることはできない」というものでした。

正直、最初、このメッセージを受け取った時には衝撃を覚えました。

人生は変えることができないならば、一生、自分はこのままの状態で生きていくことになるということです。

それでは、私は一体、何のために生きているというのか。

しばし、嫌な汗をかきながら、がっくりと項垂れていると再び、メッセージが降りてきました。

「人生は変えることはできない。変えることができるのは汝自身なり」

メッセージを言葉にするとこのような形になりますが、実際には、言葉以上に色んなことを心身全体で悟った瞬間でもありました。

丁度、気持ちの良い雷に打たれたような?(実際に雷に打たれたことはありませんが、あえて表現するとこのような感じになります)そんな感覚に包まれたのです。

メッセージを受け取る時というのは、実際、言葉が降ってくるわけではありません。

言葉が降ってくるケースもないわけではありませんが、次元層が高まると言葉じゃない概念のようなものが包括されて、一瞬で降りてきて、すべてを悟ります。

これを霊法の玉を受け取ると表現します。

その次にメッセージ的な言葉になっていくのです。

それはともかく、この時、降りてきたメッセージの真の内容は、単に人生は変えられないという虚無感を抱かせるようなものとは、全く異なるものであったのです。

私は自分の人生というものは、何か自分とはかけ離れた外側にあるものだと思い込んでいました。

自分の周囲に広がる環境が自分自身の幸せを決めていて、この環境や状況を変えなければ、自分は幸せにはなれないと考えていたのです。

「もっと体力があって健康であったならば」
「もっと裕福な家庭に生まれていたら」
「才能や気質に恵まれていたら」
「住んでいる家がもっと広ければ」
「自分の味方をしてくれる人が周囲にいれば」
・・・etc


色んな要素が自分の環境として存在し、人生のあり方を決めている。

そんな風に考えていたわけです。

しかし、守護霊にその考えをバッサリと切り捨てられてしましました。

「人生は変えることができない」

これは、人生というものを外部化して、自分自身から切り離して見えている限り、私は何一つ変えることはできないという警告だったのでしょう。

人生とは、自分自身から迸り出た、光が浮き立たせる影絵のようなもので、影をいくら変えようとしても、どうにもなるはずがありません。

大事なことは、自分の中から迸り出ている光の性質を変える以外に影のあり方を変える方法はないということに気が付いたわけです。

つまり、人生という外部化されたものを変えるのではなく、自分自身という人間の持つ霊性を変えていく以外に人生という名の影絵を変えることはできないということです。

否、本当は人生という名の影絵を変えることが目的なのではなく、霊性開拓を行えば、結果的に人生は変わるということに過ぎないのかも知れません。

しかし、まだ当時の私はそこまで達観していたわけではありませんでした。(まあ、現在もですけど(笑))

自分の外部環境に注目するのではなく、自分自身を変えることが、人生を良い方向に向かわせてくれる。

そのことを悟った私の考えはおのずと「自分自身を変えるためにはどうすればよいのか?」というテーマへと移行していくのでした。

・・・続く

生まれ変わりたいですか?(その2)へ続く


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【お知らせ】パソコン復旧の報告と年末のご挨拶

こんにちは!

天心です。

気が付けばもう年末ですね。

故障したパソコンと格闘するうちに貴重な年末の時間が過ぎ去ってしまった感があります。

ブログ更新も滞りがちになり、今日はこうして久しぶりの記事更新になります。

パソコンのほうが完全ではないながらも復旧をいたしましたのでご報告をさせていただきます。

完全ではないとお話しているのは、まだ、音源コンテンツを編集するために使っていたツールがうまくインストールできていません。

というか、その関連で、なぜかFireFoxのブラウザーが不調です。

InternetExploreは大丈夫なのですが、なぜかFireFoxは動作が重くなっています。

どうやら動画やフラッシュがうまく動かない不具合が出ています。

そんなわけで、まだまだ、不安定な感じが残るパソコンではありますが、何とか復調しました。

ハードドライブの障害もどうにか内部のデータは吸収して退避させることができました。

作成途中の重要な教材や資料、メルマガなどが失われてしまったかと肝を冷やしましたが、あきらめずに手を尽くして、どうにか復旧できたのです。

まさに守護霊様のご助力があればこそですね。

最初は、もうダメだとあきらめて、新規のパソコンに交換するか、専門業者に頼んで復旧するかを考えました。

しかしながら、パソコン購入はともかく、専門業者にパソコンデータ復旧を依頼するととんでもなくお金がかかるようで、業者さんの担当者のお話を聞いて断念しました。(苦笑)

ともかく、ダメもとで自力復旧をめざし、途中でめげそうになりながらも、何とかなると試行錯誤をしてみた結果、見事、復旧することができたのです。

今回、パソコンが故障したこと自体は不運としかいいようがありませんが、そこで、さらなる確信を得たことは、あきらめず、手を尽くすと必ず道は開けるということです。

不運を目の前にしてやさぐれて、あきらめてしまえば、そこで運命は止まったままなのです。

でも、前を向いて一番、よいと思われることを一つひとつ取り組んでいくと、思いがけない救いの手が差し伸べられたりすることも多いのです。

そういったことを再確認するために今回のトラブルは発生したという経緯もあったのではないかと思います。

本当はいろいろと発信したかったことも多々ありましたが、パソコン故障というトラブルで出来ませんでした。

このことも裏を返すと、今まで通り、ダラダラと発信を続けても誰にとっても大きな変化(成長)は望めなく意義が薄いという守護霊様からのお諭しでもあるわけです。

来年はどうしていくべきか少しゆっくりと考えながら守護霊や指導霊にもお祈りしつつ、今後の方針を練っていきたいと思います。

最後の記事がお知らせばかりで申し訳ありませんが、今年の最後のご挨拶を兼ねて、締めくくりとさせて頂きたいと思います。


天心 拝


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【お知らせ】パソコン復旧に向けての中間報告

こんにちは!

天心です。

クリスマスの夜長に「サンタさん、ブロードバンド接続がうまくいきません!私に快適なインターネット環境をプレゼントしてね🎶」などという妄想を抱きつつパソコン復旧に向けて作業中です。

幸いハードドライブの重要なファイルのバックアップに成功しました!パチパチ*\(^o^)/*

ただですね、パソコンは相変わらず不調で、Windowsも起動できない状態のためあえなくハードドライブ諸共、Windowsを初期状態に戻す決断をしました。(>_<)

それで、何とかWindowsの起動が出来るまでには回復したのです。

ただですね、想像以上に初期状態?で、購入した時よりもデグレードしているような気がします。。

まずは、ブロードバンド接続が出来ません。。。

というか内蔵モデムを認識してないのかな。。。。

‥‥そんな感じでして、パソコン完全復旧にはまだまだ時間がかかるかも知れません。

それまでは、スローダウンしますので、鑑定依頼の返信やブログ更新など遅れがちになりますが何卒、ご了承ください。

本当は、色々、発信したかった記事はあったのですが、スマホ投稿だと中々、厳しいものがあるので今は諦めています。

サンタさんに早くパソコンが復旧出来るように祈りつつ、皆さんにも良きサンタからの贈りものが届くことを願っています。(笑)


天心 拝


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【お知らせ】パソコンの故障によりスローダウンします。

こんにちは!


天心です。

パソコンが昨日より不調に陥り、色々と調査した結果、ハードドライブが故障した模様です。

ハードドライブは、一番重要なデータ格納庫であり、結構、痛い状況です。( ;´Д`)

一応、バックアップは取っていたのですが、最近のものではなく、どの程度のデグレードになるのか確認してみないとわからない状況です。

年の瀬ということもあり、パソコンのサポートセンターに問い合わせたとしても、即座の解決は困難かも知れません。

対策は色々、考えてはいますが、当面はスマホで、出来る範囲で行うことになるので、私の対応スピードが今迄より、さらにスローダウンしてしまいます。

なので、ブログ更新、メール返信など遅くなりがちになりますが、御容赦頂ければと思います。

また、復旧した際には、また、ご報告いたします。


よろしくお願い申し上げます。



天心 拝


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

見立てと掃除と禊祓い

こんにちは!

天心です。

今年も遂に残すところ半月を切りましたね。

皆さんに於かれましても絶好調に?忙しいことと存じます。(笑)

私も何かと忙しくもあるわけですが、やはり年の暮れということもあり、家の掃除などを少しずつ行っております。

今までは大掃除だあ!!と息巻いて、年末付近の一日二日で一挙に家中の掃除を行っておりましたが、それだと、トンデモナク負担が大きいし、大変だと学習しました。

なので今年は一か所ずつ、少しずつ掃除を進めていくことにしました。

ただ、結局は今から掃除していくと年末付近にはやはり多少、汚れが積み重なることになるので、ここが思案のしどころです。

色々、考えてとりあえず、普段は手入れがしにくいところを中心に掃除を進め、年末には通常通りの軽めの掃除をすれば、良いという程度の状態を目指すことにしました。

そんなわけで、まず最初は風呂場から手を付けました。

普段も良く使う浴槽などは掃除しているのですが、排水溝の奥の方とか、あまり普段は手入れが行き届いていない部分など、ピッカピカなるまで磨きました。(疲)

目立たないけど、結構、埃がたまる部分をしっかり掃除してスッキリしました。

掃除をすると心と身体までスッキリしますね。

これは、気のせいというわけではなく、スピリチュアル的に考えると自分自身の浄化にも関係しているからなのですね。

私たちの霊体というか心根というものも、知らずしらず汚れていくものでもあります。

汚れるといっても目に見えるわけではありませんが、感覚的に穢れを感じたり、汚れてくると心も不調になることが多いです。

しかし、目に見えない心根や霊体を綺麗にすることは、物理的には通常は出来ませんね。

なので、年末などは神社では大祓として、霊体の浄化を行っているわけです。

あるいは浄霊などを行うことで禊祓いするという方法もありますね。

では、神社のお祓いや浄霊だけが霊体の浄化として作用するのかといえば、そうではありません。

家の掃除なども自分の霊体を浄化する一端を担っているのです。

「なぜ、家の掃除をすると自分の霊体が浄化されるの?」

と疑問に思うかも知れませんが、そのメカニズムは実は単純です。

私たちの周辺に顕現化されている事象というものは、元々は私たちの霊界、及び、心根の在り様がベースになっています。

現世の在り様は、霊界の写像であるという見方も出来るかも知れません。

しかし、誤解を恐れずに言えば、現世の在り様は単なる写像とは異なります。

霊界との連動性があり、表裏一体の関係性でもあるのです。

つまり、私たちの周辺に現れる状況を改善することで霊界の在り様も改善する可能性があるということです。

私たちの周辺に現れる汚れという状況はいわば、私たちの霊界の穢れとも連動している部分があります。
(完全一致で連動しているわけではありませんが)

周辺にある汚れを掃除という形で綺麗にすると霊界の状況も綺麗になってきます。

霊界の状況が綺麗になってくると自分の霊体も綺麗になってきます。

だから、汚れているところを自分の霊体の穢れだと見立てながら掃除すると自分自身の霊体の穢れも落ちていくわけです。

これは、家の掃除のみならば、街でゴミを拾ったり、どんな時にも見立てを行うことで同様の効果があります。

なので、いつでもどこでも、自分の目の前に広がる状況を改善していくことは、自分自身の霊界、霊体の改善にもつながるということです。

年の瀬ということもあり、大掃除をされる方も多いと思いますので、この機に自分自身の霊体の浄化もしておくと良いかも知れません。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【超略解シリーズ】 老子 -谷神は死せず-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-


それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 谷神は死せず ◇◆


【原文(書き下し)】

谷神(こくしん)は死せず、是れを玄牝(げんぴん)と謂う。
玄牝の門、是れを天地の根(こん)と謂う。
緜緜(めんめん)として存するが若く(ごとく)、これを用いて勤(つ)きず。


【超意訳】

谷間に湧き出る泉の水が尽きることがないのは、谷間にいる神様が死なないで永遠に働き続けていることの証拠である。
このように尽きることがなく何かを生み出す力を玄牝(げんぴん)と言います。
玄牝とはいわば母が子を産む働きのことであり、子がこの世に生まれてくる産道の出口を玄牝の門と呼ぼう。
玄牝の門は子だけでなく、天地の全てを生み出てくる門であり、根源ともいえる場所である。
とても神秘的で混沌といているけれど、尽き果てることのないエネルギーを生み出している。


【超解説】

この章の要点は、一言で言えば、道のエネルギーは無限であると言いたいわけです。
そして、その無限のエネルギーが生み出されてくる根源的なところがあると老子はいうわけです。
その根源的なところは神秘的で良く分からないけれど、ともかくエネルギーは無限だよということです。
それを女性の子供を産む働きを例えてしています。
考えてみれば、私たち生きとし生けるものがこの世に誕生するメカニズムはハッキリとしません。
分かっている部分ももちろんあるわけですが、どうして、そのようにして生命が誕生するのかは分かりません。
でも、確実にこの世に何かを現すための門は存在していて、その門からはコンコンと泉の水が湧き出るように生命を生み出し続けています。
この神秘の働きもまた、道の一部だということなのでしょう。



以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

霊界に行けば全てはお見通し?

こんにちは!

天心です。

スピリチュアル的な発信をしておりますと様々なご質問を受けることが多々あります。

その都度、質問には出来る限り応えてきたわけですが、その中で多くの質問者の方が潜在的に持っていらっしゃると思しき誤解があります。

それは、霊界に旅立ち霊的存在になれば、全てのことが見通せるようになるという誤解です。

もう少し具体的に言えば、守護霊ならば全てのことをご存知のはず。

神霊ならば、宇宙、霊界全ての事を理解して、分かっているはずといった認識を持っている方が少なからずいるということです。

私、天心に関しても「全てわかってらっしゃるのですよね?」というような期待を持たれてご相談をされる方もいます。

ハッキリと申し上げなければならないのは、天心は宇宙や森羅万象、霊界の全てがわかっているわけではありません。

がっかりされるかも知れませんが、厳然たる事実なので、申し上げておく他はないのです。

度々、ブログ記事でもしつこいと思われるくらいに申し上げてきたことでもあります。

記事でお話していることは、霊界の一部であり、天心が感得、見聞した様々な事柄に過ぎないということです。

それでも、天心が全てを分かっていて、何でも言うことが正しいと思いこんでしまう方がいらっしゃる原因としては、他のスピリチュアル系の方などにおいて、「私は全てを見通している。霊界の全てを知っている」というような発言をされたりしている方がいたりすることにも原因があるのかも知れません。

どうしても、スピリチュアルに関心がある方は、色んな情報を得ようとされて様々な方の言及されることを耳にしています。

そのこと自体は、別に私がどうこう言うことではないのですが、色んな方の色んな言動をごちゃまぜにしてしまい、全てを一緒くたに考えてしまう場合が多いことが問題なのです。

いくら私が私のスタンスを明言していても、他の方の言動と一緒くたにして考えられてしまうと、誤解が生じることが多いのです。

正直、このことに関しては私個人が積極的に解決策を講じる術はありません。

私のブログ記事を良く読んで私のスタンスを理解してくださいねと言う他ないのです。

さて、霊界に行けば全てがお見通しという考え方についてですが、これは結論から言いますと間違っていると言わざるを得ません。

まず、霊界というものは、有限ではなく、無限に広がる可能性を持った世界です。

人が持つ認識が広がれば広がるほど、霊界の幅もどこまでも広がっていくものなのです。

守護霊にせよ他の神霊にせよ、自分の属する霊界というものがあります。

霊界の法則の一つとして高次元からは低次元のことが良く見通すことが出来ますが、低次元から高次元を見通すことは出来ないのです。

具体的な例を挙げれば、宇宙空間に飛び出てしまえば地球の全体像を見渡すことが出来ます。

しかし、地球の地表から空を眺めても、宇宙の全体像は掴むことは出来ないのです。

守護霊や神霊がわかる霊界の実相はその守護霊や神霊が属する霊界及び、把握可能な霊界の実相に限られるということなのですね。

つまり、自分の霊界を超えたところにある実相は、分からないし、未知の領域が沢山あります。

逆に言えば、その未知の領域を拓いていくことが霊性開拓でもあり、自分自身の霊界を広げることにもつながるのですね。

自分自身の霊界が広がった分、見えてくるものも、得られるものも多くなってくるわけです。

それこそが霊性開拓の醍醐味でもあり、面白さでもあるのかと思います。

完全なるものを求めるのではなく、より完全を目指して魂を向上させていくこと。

ここに本来の私たちのスピリチュアル的なあり方があるのではないかと愚考しています。

だからこそ、霊界に行けば全てが見通せるのではなく、私たちは守護霊や神霊とともにさらなる次元上昇をしていくことが求められていることでもあるのかも知れません。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

高倉健と若さと自我意識の関係

こんにちは!

天心です。

今年、最後の月も三分の一が過ぎ去ろうとしています。

12月は別名、師走と呼ばれていますが、良く師匠が走る姿のイラストなんかで説明されているのを見かけます。

実際の語源の説は色々あるようなのですが、通説では師匠も走るほど忙しい年の瀬を表していると言われていますね。

確かに12月に入ると街中も慌ただしく、小走りに道行く人を多く見かけます。

走っているのは師匠だけではないようです。

スーツ姿のビジネスマンもビジネスバッグを手にして走っています。

かと思えば、お爺ちゃんも負けずにテクテク足早に走っています。

おおっと向こう側の道沿いからはベビーカーを押したママさんが猛スピードでかけて行きます!!

って、なんのこっちゃ!?( `ー´)ノ(;゚Д゚)

まあ、兎も角、皆さん忙しそうなわけです。

忙しいとどうしても焦るので、大事なことを見落としがちです。

なので、一度、深呼吸。落ち着いていきましょう。

それはともかく、今回のブログのテーマは「高倉健と若さと自我意識の関係」ということでお話してみたいと思います。

高倉健さんと言えば、先日、お亡くなりになりました。

遅まきながらご冥府をお祈りしたいと思います。

・・・

高倉健さんと言えば、日本人の俳優さんの中ではトップレベルの名声を持ち、半ば伝説の人と言った風体があります。

今回のお話をする切っ掛けとなったのは、ブログ記事のテーマで高倉健さんについて取り上げて欲しいというリクエストがあったからなのです。

しかし、今まではあまり特定の個人のことを取り上げることはしてきませんでした。

その理由としては、取り上げることで先方に色々とご迷惑がかかる可能性があるからです。

殿堂入りしているような人物(例えば、釈迦とか孔子とか坂本龍馬とか)は、良いとしても、現時点で目下活動中だったり、話題に取り上げると色々、炎上したり、あらぬ方角で議論が勃発しそうな方などはなるべく、言及は避けてきました。

今回、リクエストがあった高倉健さんについても、ちょっと悩んだのですが、殆ど、伝説級の俳優さんということですし、ある意味で殿堂入りしている人物とみなして良いかなと思いまして、取り上げてみることに致しました。

早速、何を話そうかと思案してみて、気づいたことがあります。

それは良く考えてみると高倉健さんについて、実は私はそれ程情報を持っていないというです。

もちろん、伝説級の俳優さんですから、お姿を映画館のスクリーンなどで拝見したことはありますし、そのすごさは何となく伝わってきます。

しかし、私がしっかりと鑑賞した高倉健さんの映画と言えば「鉄道員(ぽっぽや)」くらいなものです。

他にも代表作は多々あるのは知っていますが、良く考えるときちんと鑑賞したものは少ないのです。

つまりは、高倉健さんについて~と語れるほど高倉健という人について知らないことが発覚。

そんな状態で何を語ればいいのだ~!と頭を抱えておりましたが、その時、ふと、高倉健さんのお亡くなりになる直前に撮影された時のお姿をテレビで放映しているのを見て閃きました。

何を閃いたのかというと「高倉健さんは、80代には見えないくらい若い」ということです。

亡くなられた歳は、83歳とのことですが、全くそんな風には見えません。

もちろん、それなりにお顔に皺などはありますし、20代などの若者と比べて若いと言っているわけではありません。

一体、高倉健さんの若さとはどこから来るものなのだろう。

この問いについて答えるべくお話を進めてみたいと思います。

さて、高倉健さんに限らず、世の中には歳を召されても若々しい方がいらっしゃることと思います。

単純に童顔だからという理由で若く見られる方もいらっしゃるかと思いますが、そういうことではなく、つまり見た目上ではない見えない何かから若さが溢れている人がいます。

そのような方は、一体、普通の方(年相応に見える方)と何が違うのでしょうか。

それは、自我意識に秘密があります。

私たちの多くは出来れば歳を取っても若々しくありたいと願うものでもあります。

巷ではアンチエイジングという名のもとに如何に若さを保つか、あるいは若返らせる方法を探究することが一部でもてはやされています。

どうしたら、肌がつやつやになるのか。

たるんだお尻や二の腕を引き締めて若々しく見せたい。

つまりは、肉体的な老化をどうにかして食い止めたい、あるいは若返らせたいという観点で色々、試みるわけです。

しかしながら、おそらく、そいうった努力はある程度は有効だとは思いますが、根本的な解決にはならないように感じます。

なぜならば、老化とは肉体だけが衰えていくことを意味しているわけではないからです。

アンチエイジングという技法だけで老化を防ぐことが出来るというお話ならば、高倉健さんは、アンチエイジングをしていたということなのでしょうか。

美白パックや美容エステを高倉健さんがやっていたというお話は聞いたことはありません。
(男気の象徴のような高倉健さんがそのようなことをしているというのはちょっと想像できませんよね。)

もちろん、俳優さんですから、役どころなどによって、ある程度、肉体的な改造や調整はしていたかも知れませんが、そういったことが若さの秘密とは感じられません。

では、高倉健さんの若さの秘密は一体何なのでしょうか。

先ほども言ったように自我意識に秘密があります。

老化が起こる原因は、そもそも人の肉体が衰退していくことにも原因がありますが、実はそれだけではなく、自我意識の変遷に理由があります。

自我意識については、何度もブログ記事で取り上げていますが、今一度、おさらいしておくと「自分が何者であるのかを定義する意識」と定義することが出来ます。

自我意識というのは、自分が何者であるのかを決めて、それを守ろうと働きます。

自分が何者であるのかという要素には当然のことながら、自分が何歳くらいなのか、子供なのか大人なのか、若いのか、中年なのか、老人なのかといったことも含まれています。

自我意識というものは、基本としては現状の自分に対する評価に基づく定義に適う自分であろうと働きかけます。

当然、行動も言動もそれに相応しいものへと導かれていきます。

こうして私たちの自分らしさ、個性というものが自我意識の定義に従って作られていくわけです。

しかし、当然のことながら、自我意識は絶対普遍のものではありません。

自我意識自身は、そうあろうと動きますが、自我意識も大きな変動にさらされると自我意識の定義をアップデートされるように作られています。

そうでなければ、私たちは物心ついた頃から全く変わらなくなってしまいます。

ずっと自分が幼児であると定義したまま人生を歩むこととなり、生きる上で不具合が生じるわけです。

なので、必ず人生においては、自我意識がアップデートされる瞬間というものがあるのですね。

問題はどのような内容で自我意識がアップデートされるのかという点です。

例えば、年齢が40、50と進むにつれて、身体に不具合が出てきたりすると「ああ、俺も歳だな」なんて思ってしまったりします。

このような想いを持っていると自我意識が「ああ、俺ももう歳だな。だから歳相応の身体と心を持たなければ」と定義が書き換わるのです。

自我意識の定義が書き換われば、当然のことながら自我意識はその定義にのっとって動くようになります。

ですから、歳相応の身体と心になってくるのです。

歳を取って身体が重いなとか、歳取ったな。。なんて感じる場合は自我意識がそのようにアップデートされているわけです。

つまり、老化とは自我意識の定義変更によってもたらされているということが言えるのです。

おそらく、高倉健さんにも、人生において自我意識が書き換わる瞬間というものは沢山あったのかと思います。

しかし、高倉健さんは決して「俺も歳を取ったな」というような想いを抱かなかったのかと思います。

最後の最後まで、自分自身のスタイルを崩さず、どこまでも自分のあり方を極めて生き切っていたからこそ、あのように最後まで若々しさを保つことが出来たのかと思います。

伝説的な俳優人生の陰で、自我意識の書き換えをどこまでも統御し続けた高倉健さんの表には見せなかった矜持に本当は学ぶことがあるのかも知れませんね。

もちろん、これは高倉健さんに限ったことではなく、私たち全ての人に言えることでもあります。

どのような自分でいたいのか。

若々しくいつもありたいのであれば、自分自身をどれだけ律して、自我意識をどのように定義していくのかを考え抜く必要があるのかも知れません。


◎クリックご協力ください!


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

言葉に質量を与えるには

こんにちは!

天心です。

年の瀬ということもあり、めっきり寒くなり、都内ではインフルエンザの流行も始まっている模様であります。

近所の診療所でも予防接種を進めるポスターなどが貼ってありますが、手洗い、うがい、それからしっかりと睡眠をとることも病気を防ぐ大事な予防になるかと思います。

以前、守護霊様にも気が抜けていると病気になりやすいと戒告をされたこともありました。

なので、気持ちに隙が生じないように引き締めていきたいと思います。

さて、最近では、またまた、国会において解散総選挙が始まるということで、街中では選挙カーが走り、街頭演説の声でにぎわっています。

このブログは政治系ブログではないので、特に政治的コメントをするつもりはありませんが、巷から聴こえてくる風聞を紹介すれば、「大義がない解散」だとか「アベノミクスの是非を問う」などというキーワードがあるようです。

それらのキーワードに対して個別の感想は特に言うべきことはありませんが、一つだけコメントするならば、何というかデジャブ?いつも同じようなことを繰り返しているような感じがいたしますね。

選挙になると立候補する人やその候補者を推挙する人が街宣を行うわけですが、皆さん、本当に熱心に素敵な?ことを主張されます。

「消費増税を断固阻止!」
「不況を脱して国民の生活を豊かにする」
「脱原発で安全な国にする」

・・・

他にも色々あるかと思いますが、皆さん理想を語るわけです。

でも、いざ選挙が終わり蓋を開けてみると結局、何も変わらない。

まるで狐に頬をつままれたような、熱き選挙戦が遠い世界の夢の出来事であったかのような感じすら受けます。

今回の解散総選挙にあたっても、議員定数の削減などの公約が手つかずのままということもやり玉に挙げられているようです。

それに景気を見ながら増税には慎重に対処していくというお話だったのが、平成17年10月には景気に関わらず必ず10%に上げるのだとか。

こんな感じですから、余計に選挙戦が夢の国で起こったお話だという思いが募ります。

・・・政治的なコメントをしないと言いつつ、何だか政治色が強い方向に向かってきてしまったので、この辺でやめましょう(苦笑)

私は常々、思っていることがあり、それは何かというと「言葉には質量がない」というものがあります。

言葉というものは、とても軽いものなのです。

私たちは何かを表現しようと一生懸命に言葉を使うわけですが、言葉をどれだけ使っても、言葉に質量がない限り、言葉とはとても軽いものだと言わざるを得ないのですね。

少し、話は変わりますが、私は毎月、神田明神への月参りをしています。

月に一度は必ず詣でるようにしています。

もちろん、本当は月に一度だけではなく複数回にわたり詣でることもありますが、その都度、ブログで紹介はしていません。

他の神社にも詣でることは度々あります。

その時に必ず実行しているのが、神社、仏閣に感謝の気持ちを込めて玉串料やお賽銭をさせて頂いているのです。

単純にお賽銭箱に奉納させて頂くこともありますし、お神酒を献上する形、献灯という形、社殿の修復のご寄付という形、色々な形で行っています。

義援金などの募金があるところでは、そちらにもご寄付させて頂くこともあります。

これらのご寄付は、私が取次鑑定などで頂いたご寄付の一部でもあるのです。

ご寄付の一部を奉納し、取次鑑定のご相談者の真心が様々な神社、仏閣の神霊に届くようにという想いもあり、このようにしているわけです。

しかし、実はそれだけが理由ではありません。

ご寄付をしたいだけであれば、銀行振込とか方法は色々あるわけで、わざわざ、神社や仏閣を詣でる必要はありません。

お祈りをするにしても、仲良くさせて頂いている神社や仏閣の神霊であれば、どこにいても繋がることは可能です。

では、なぜわざわざ時間を作り、労力を惜しまず、詣でるのか。

それは、私は私が信奉しているものに対する重みづけをしているからなのです。

重みづけとは何かというと、言葉に質量を与えるということです。

守護霊や神霊のことをお話することは誰にでも本当は出来ます。

世の中には様々な情報があふれていますから、知識を得ることは容易なことでもあります。

だから、言ったり話したりすることは誰でも出来るのです。

しかし、問題は先ほども言いましたが、「言葉には質量がない」ということなのです。

どんなに素晴らしい知識やお話を語ることが出来たとしてもそこに重みづけがない限り、言葉には質量がない状態です。

自分が信奉しているものが本当に意味のあるものにしていくためには、重みづけをしていく必要があるのです。

では、重みづけとは何かといえば、それは、様々な労苦でもあり、時間をかける、費用をかける、心を砕くということが該当します。

忙しくても時間を何とか作って神社、仏閣に詣でるのは正直、しんどい時もあります。

「無理しないでください」とか「そこまでしなくても良いのでは?」という優しい言葉をかけてくださる方もいらっしゃいますが、それでも続けているのは、しんどくても重みづけをすることでしか、言葉に質量を与えることが出来ないからです。

もちろん、私自身が放った言葉がどれほどの質量が込められているかと問われれば赤面するしかありませんが、それでも少しでも自分の言葉に質量を加えるために何が出来るのだろうかといつも考えています。

これは、スピリチュアルだけに言えることではなく、全ての事に共通して言えることでもあるかなと思います。

例えば、3.11の震災が発生した時に盛んに「絆」という言葉が叫ばれました。

でも、その結果どれだけ絆が結ばれたりしたのでしょうか。

言葉だけが独り歩きしてしまっていた部分もあるように感じます。

やっぱり、本当の意味で絆が実感できたのは、日ごろから交流が盛んであった地域であったり、心を一つにした家族だったりしました。

お互いに交流があったり、同じ課題に取り組む、同じ労苦を分かち合うというような体験を積み上げてきた人間関係があって初めて絆が意味のある言葉になるのかと思います。

だから、絆、絆と言葉を連呼しても絆が結ばれて行かなかった部分があったのは無理もないことかと思います。

言葉に質量を与えない限り言葉は言葉に過ぎないのですね。

ですから、私の課題も如何に言葉に質量を与えていけるのかなのです。

さて、長々、お話してしまいましたが、今回の選挙に当たってまたもや多くの言葉が飛び交うことになります。

どんなに良さげな言葉もしつこいようですが質量がありません。

果たしてその言葉に質量を与えてくれる政治家はいるのでしょうか。

・・・って結局、最後は政治的コメントっぽくなってしまいましたね。(苦笑)

世の中はどうであれ、私は私なりに重みづけをしていけたらと思っています。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

【2014年12月度】神田明神への参拝

2014年12月度神田明神月参りをしてまいりました。

今年最後の月ということもあり、今年一年を振り返りながら感謝を中心に言上申し上げてきました。

それから平将門公についてのお話もFGS会報メルマガでは、まだ途上であり、その他、霊法の伝授もまだ滞っているものがあります。

これらを何とか年内にめどを付けたいとお祈りもいたしました。

神田明神様からは、「焦るよりも質を重視せよ」とのお諭を頂きましたが、そうはいっても中々のんびりもしていられません。

何かと忙しい年の瀬になりそうです。

そんなことも祈りつつも、FGSの会メンバーをはじめ、ブログ読者の方や関わり合った全ての方の幸せを祈念させて頂きました。

また、毎度のことながら、ご寄付の一部からお玉串をさせて頂きました。

もちろん、献灯の継続祈願串の奉納もさせて頂きました。

皆様に神様からの追い風の力が降り注ぐように祈念して参りました。

そして、今回は、神田明神のお社の瓦葺を再構築するためのご寄付を募集しておりましたので、こちらも奉納させて頂きました。

一応、ご寄付ランクが松、竹、梅とありまして、折角なのでの方を選択させて頂きました。

この奉納に際して、瓦葺の再構築時に埋め込む銅板に名前と日時を記載したシールを張り、社殿の一部として使われるそうです。

つまり、今回の奉納をすることで、神田明神様をお支えする一部となって生き続けるということになるわけです。

申込みの名義自体は私の個人名でしておりますが、これもまた、皆様の真心を代表しての奉納だと位置付けて祈念しつつ行いました。

シールの方には私の名前以外にもFGSの会の名義もさりげなく記載しておきました。

これで、皆様の真心も銅板に載せられて神田明神様を支える一部として生き続けることになるかと思います。
(ちなみに工事の施行は平成30年に予定しているそうで、まだ先のことになりそうです。)

それでは本年度の最後の月も元気に過ごして頂ければと思います。


天心 拝


kanda_douban.jpg
神田神社 瓦葺の銅板



◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

心に残った守護霊からのメッセージ39

心に残った守護霊からのメッセージをご紹介してみたいと思います。


---------------------------------

余計な力を抜くには

全力を尽くし

己を空(から)にする

空になれば

余分な力は去り

新たなる力が湧くものなり

---------------------------------

どうやったらうまい具合に力加減が出来るのだろうかと悩んでいた時に頂いたメッセージです。

力のコントロールというものは頭で考えても出来るものではないということです。

力を出し切った時に力が抜けて、自分自身の余計な力がなくなると新しい力が授かるという原則があることを教わりました。

加減をどうこう考えるよりも、ともかく全力を尽くしていくうちに力の使い方を悟れますよというお諭でもあります。


◎クリックご協力ください!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR