新説・霊界ストーリー 【霊界探索-天使霊統編7】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


<前回までのおさらい>

フェイシェル大天使に導かれるまま、進んでいくと三つの光の柱が見えてきました。

真ん中は金色に光輝き、少し奥まったところに立っています。

両脇にある柱はそれぞれ淡い桜色、青っぽい色に光り輝いています。

この光の柱がどうやら霊界と神様とをつなぐところであり、フェイシェル大天使によれば、入り口でもあるというのです。

光の柱に近づいていくと天使たちが上へ下へと柱を伝って上り下りしている姿が見えます。

そして、さらに観察をしていくと複雑な迷路のようなつくりになっていることに気付きました。

フェイシェル大天使に促されるように真ん中の光の柱へと進み、さらなる上を目指すのですが、そこには少年のような天使が待っているのでした。


<続き>

同じような景色。

永遠に続くのかと思えるほどの光の道筋。

金色に光る柱は優しくて、排他的な雰囲気は微塵もありません。

それなのにどれだけ繰り返したのでしょうか。

どれだけ道を進んでいこうと、気が付くと同じ場所に戻っているのです。

まるで双六遊びをしているような、それでいて、正しい出目を出さないと前へ進めない。

そんな感覚なのです。

少年のような天使:「この道はあなたの真意を試されます。進まれますか?」

もう聞き飽きるほど聞いたセリフを少年のような天使は繰り返しています。

一体、何なのでしょうか。

これでは、まるで一生抜け出せない無限○獄のようなものではないかと毒づきたくなります。

でも、それと決定的に違うのは、苦しくはないという点です。

疲労感のようなものは、何故かあるのですが、それは、十分に体を活かし切った後の心地よい充実感のようなものを含んでいるのです。

そして、何より霊波動がここにいるだけで高められているのがわかります。

しかし、それでも、全然、前へ進めていないという焦燥感のようなものを感じてしまいます。

フェイシェル大天使に助けを求めても、ただ微笑んでいるだけです。

ザキエル天使長は、いつの間にかどこかへ行ってしまったのか姿を見せません。(どこへ行った!?)

途方にくれながらも、何度も何度も同じことを繰り返して、道なりに進み、また戻る。

時々、小道のような場所を通って迂回路を見つけようとしますが、結局、同じところに戻されるのです。

そんなことを繰り返しているある瞬間、ふと横切るような直観、うちなる声のようなものが浮かんできます。

なんだろう?耳を澄ませてみてもよく聞こえません。

あくまで、もっと繊細なうちなる声で、訴えかけてくるようなものがあります。

そして、私は気付くと祈っていました。

何を祈るというわけでありませんが、ただ、手を合わせ祈ったのです。

神様!神様!神様!

特定の何かに御祈願するというのとはまた違った感覚です。

もっと根源的なものに対する慕情。

内側から迸る、祈り、祈り、祈り。

そうして、ただひたすらに祈りを行っているといつの間にか光の柱の前へ進んでいました。

とても綺麗な透き通った光、そこに金色の淡い色彩が加わり、中には気泡のようなサイダーの粟みたいな(もっと繊細な気泡ですが)ものが浮かんでいます。

色々と複雑に入り組んでいた小道、グネグネにくねり曲がっていたらせん状の階段なども消えて、ただ、透き通った感覚の空間に私は佇んでいました。

すると再び、少年のような天使が目の前に現れました。

少年のような天使:「この道はあなたの真意を試されます。進まれますか?」

お決まりのセリフを少年のような天使は言いますが、今度は少しだけ重みがあり慎重な問いかけに聞こえます。

私は、その問いに答える代りにただ、ひたすら祈りを続けました。

すると、大きな教会にあるような鐘の音がカーン、カーンと鳴り響きます。

幾層にも重なりある鐘の音が協調的なコントラストのような音色を奏でています。

そして、音色とともにラメ色の光のシャワーが天より降り注ぎ、そこから、天使たちが舞い降りてきます。

多くの色んな天使がくるくると円を描きながら降りてくるのです。

少年のような天使:「めでたくも、あなたの真意が今ここに打ち立てられました。」

少年のような天使が初めて、違う言葉を発しました。

その言葉に感応するように舞い降りてきた天使たちも鈴の音のような音を響かせます。

祝福してくれているような感じです。

少年のような天使:「めでたくも、今、主のもとへの門戸は開き、その階(きざはし)は降ろされました」

少年のような天使がそのように高らかに宣言すると上空から梯子のようなものが下りてきました。

フェイシェル大天使:「真意とは基礎。基礎とは主への祈り。祈りとは心をささげること」

今まで微笑むだけであったフェイシェル大天使が語り掛けてきました。

天心:「どういうことなのでしょうか?」

フェイシェル大天使:「主なる神はいつでも門戸を開き待っています。全ての力を手放して、委ねることが出来なければ、主なる神の御心を知ることはできないのです」

天心:「つまり、理屈で神様を知ろうとするなということでしょうか?」

フェイシェル大天使:「今、あなたの中に主なる神との接点が出来ました。あなたの中の賢しらが消えて、通い路が開いたのです。」

フェイシェル大天使は直接的には答えはしませんでしたが、おそらくは、神様と接するための境地が出来上がるのを試されていたということなのでしょう。

自分で何とか道を選んでどうにかして神様に近づこうとしているうちは、結局、何も変わっていくことはないということを示しているのかも知れません。

理屈を捨てて、祈るという行為に徹したときに自分の中にあった賢しらが消えたということなのかも知れません。

何はともあれ道は開かれました。

ここまで来たら先に進むしかありません。

一体、この先には何が待ち構えているのでしょうか。

続く。

☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-天使霊統編8】へ続く


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何が待ち構えているんでしょうかー?!・・とてもとても続きが知りたいです!!

胸がドキドキ早鐘の如くに鳴り響きながら(我ながら興奮状態。。)一気に読ませていただきました。

聖書的神の世界、大好きです!!!

純粋無心に神を慕い求める心情が、大事なんですね。
初心の心情に帰る良いことを教えて頂きました!

親なる神様と心通じ合わせる為に、純粋な心を保持出来るようにしていきたいと思いました。

天心先生 どうもありがとうございます!! (うれしいー~!!宝箱見つけたみたく喜んでおります!)



プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR