平塚八幡宮の参拝記

昨年の秋口(2014.10頃)のお話であり、少し時間差が出来てしまっていますが、神奈川県平塚市に鎮座する平塚八幡宮を参詣させて頂いたレポートをさせて頂きたいと思います。

平塚八幡宮は、JR東海道線の平塚駅から徒歩10分程度の場所に鎮座する由緒ある相模国一国一社と呼ばれる神社でもあります。

ご祭神は、応神天皇(おうじんてんのう)、神功皇后(じんぐうこうごう)、武内宿禰(たけのうちのすくね)の三柱にあられます。

社史的な詳細は公式サイトを確認して頂くとして、早速、参拝したことでわかってきたことなどをレポートしてみたいと思います。

平塚八幡宮の神域は、市街の中にありますが、こんなに立派な神社があることは駅前からは想像できませんでした。

ひらけた市街を進んでいくと大きな鳥居を発見しました。

hiratsuka_ootorii.jpg
平塚八幡宮 正面鳥居

威風堂々たる大きな鳥居を前にして、自然と頭が下がるような気持ちになってきます。

正面鳥居の横には、自社名の石碑と鳥の絵柄の提燈がぶらさがっています。

hiratsuka_chouchin.jpg
平塚八幡宮 提灯


絵柄に鳥の絵が描かれているんだなと思いながら、一歩境内に入るとそこには、お出迎えしてくれる存在があります。

hiratsuka_kamo.jpg
平塚八幡宮 水鳥

境内の中に水鳥がいますね。

いきなり、ほんわかとした雰囲気が漂っています。

境内には池がありそこにもまた、水鳥が遊んでいます。

hiratsuka_ikesu.jpg
平塚八幡宮 池のほとりに白鳥

水鳥以外にも池には鯉が沢山泳いでいます。

hiratsuka_koi.jpg

こんなのほほんとした空気に呑まれてしまうと参拝に来たことを忘れてしまいそうです。(笑)

本来の目的を思い出し、再び、拝殿に向けて歩みを進めます。

少し歩くと手水舎が見えてきました。

hiratsuka_chozusya.jpg
平塚八幡宮 手水舎

手口を漱ぎ、禊祓いをして、いよいよ拝殿へと向かうために、緑の鳥居を通り抜けていきます。

hiratsuka_nakatorii.jpg

拝殿にて手を合わせお祈りをさせて頂いているとこの神社にて神域を守り、仲介をしてくださる、ご神霊がお姿を見せてくださいました。

その姿は、白無垢を着た女性のような姿のようでもありました。

しばらく交流させて頂いて、教えて頂いたことによるとこの神社にて詣でると自分自身の志が如何なるものなのかをハッキリとヴィジョンとして明確になっていくというものがあるそうです。

ぼんやりとしている目的やゴールをより明確にしていくための機能があるということですね。

それから、三つの言霊を頂くことが出来たので、ご紹介してみたいと思います。


白鳥(しらとり)の 遊ぶ水面に映りしは 神遊びたる 証たるなり

心だに 想うことある 人にこそ 手を差し伸べる 斎庭なりけり

祈り人 ねじけ曲がれる 願いをば 正しきものに 正す神かな



池で遊ぶ白鳥や鯉は、神様が斎庭で悠々と遊ばれているサインでもあるということのようです。

そして、しっかりと志を持つ人にだけ手を差し伸べるということです。

何もなくただ助けてほしいという気持ちだけでは、手は差し伸べませんよということのようです。

後は、間違った、考え違いをした願いごとというものは、本来の筋の通った形のものに軌道修正することもなさってくれるそうです。

ですから、全く思わぬ方向に導かれていくこともあるということですね。

そんなわけで、境内の中で佇んでいると色んな事を考えさせられて、ボーっと過ごすうちに自分の考えがまとまってきたり、良い思案が浮かんできたりしてきます。

ゆるゆると参拝するだけでも、自分の心がどこへ向いているのか再確認にもなって良いなと感じます。

平塚市近辺に立ち寄ることがあるならば、必ず詣でてみたい神域の一つでもありますね。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR