【超略解シリーズ】 老子 -持してこれを盈たすは-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-

また、当該シリーズの老子道徳経編のバックナンバーは以下になります。
合わせてお読み頂ければ幸いです。

【超略解シリーズ】 老子 -道の道とすべきは-
【超略解シリーズ】 老子 -天下みな美の美たるを知るも-
【超略解シリーズ】 老子 -賢を尚ばざれば-
【超略解シリーズ】 老子 -道は沖しきも-
【超略解シリーズ】 老子 -天地は仁ならず-
【超略解シリーズ】 老子 -谷神は死せず-
【超略解シリーズ】 老子 -天は長く地は久し-
【超略解シリーズ】 老子 -上善は水の若し-

それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 持してこれを盈たすは ◇◆


【原文(書き下し)】

持してこれを盈(み)たすは、其の已(や)むるに如(し)かず。
湍(きた)えてこれを鋭くするには、長く保つべからず。
金玉堂に満つるは、これを能(よ)く守る莫(な)し。
富貴にして驕るは、自ら其の咎(とが)を遺す。
功遂げて身の引くは、天の道なり


【超意訳】

どこまでも器いっぱいに満たそうとするのはやめた方が良い。
どこまでも鋭く研ぎ澄まそうとする刃物は長持ちしないものだ。
宝をどこまでも集めてみてもいずれは失ってしまうだろう。
豊かで富栄たとしても、おごりの心が出てきて、ろくなことにはならない。
だから、功績というものは、成し遂げても、それに執着しないで身を引くことが天に適う道というべきものである。


【超解説】

人は求め始めるとどこまでも貪欲になってしまうもので、人の欲望ほど底なしなものはないのかも知れません。
一つ手に入れれば、今一つ手に入れたい。
こう思ってしまうのが人の性というものです。
でも、そんな人の性質の中に私たちを貶める要因が眠っていることを老子は喝破しています。
老子のすごいところは、単なる欲望の話にとどまらず、自己を体現する能力についても言及している点です。
一見すれば、自分の能力を磨き向上させていくことは、素晴らしいことのように思えますが、やり過ぎれば、仇になるということです。
鍛えすぎた剣は以外と消耗しやすくもろいものです。
切れ味抜群でもすぐに刃こぼれしてしまうようでは、意味がありません。
長く使えてこそ意義があるもので、鍛えすぎずほどほどが良いということですね。
また、能力を高め、財産などが豊かになれば、人は油断するもので、まさに驕れる平家久しからずという意味で、隙が出来てしまいます。
豊かさというものは、ありがたいことかも知れませんが、同時に人をダメにしてしまう要素を含んでいます。
だからこそ、豊かさに執着せずに適当なところで、距離を置くことが天道の道理に沿っているというのが老子の主張であるわけですね。
豊さや能力を高めたいと一生懸命に努力することは以外と誰でもできるものですが、それに執着せず次のステップに自然なる形で移行していくことが出来るのは、並大抵の境地ではないのかも知れません。




以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR