【時事ネタ】太陽の120億倍、説明不能な巨大ブラックホールが発見

久方ぶりに時事ネタについてお話してみたいと思います。

今回の時事ネタはこちら!


★太陽の120億倍、説明不能な巨大ブラックホールが発見
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6151111



-----
宇宙誕生から9億年で急成長、従来初期宇宙論の限界か
太陽120億個分の質量を持つ、超巨大なブラックホールが発見された。中国・北京大学の天文学者ウー・シュエビン氏らの国際研究チームが、2月25日付『Nature』誌に発表した。(ナショナル ジオグラフィック日本版)
[記事詳細]
-----

宇宙にはまだまだ未知なることが多くあるようですね。

今回、発見されたブラックホールは太陽の120億倍ということで、もはやイメージできない大きさですね。

太陽の大きさすらもイメージできないくらいなので、途方もない大きさであるのだなという程度の認識しかできません。

さらにこのブラックホールは通常と異なる点として、成長スピードが尋常じゃないのだそうです。

研究者によれば、今回発見されたブラックホールが生成された期間は、8億7千5百万年ほどになるようです。

その数字自体は途方もない文字通りの天文学的なものではありますが、それだけの期間をかけたとしても、従来の科学的な理論からは説明できない大きさなのだとか。

何だかこういう話が出てくるとワクワクしてしまいますね。(笑)

それはともかく、今回は折角なので、ブラックホールのスピリチュアル的な意味についてお話してみたいと思います。

ブラックホールというのは、周知のとおり、周囲にあるものを吸い込み無に帰してしまう存在です。

凄まじい重力を持ち光ですら、その影響化から逃れることは出来ないといわれています。

ブラックホールの科学的な意味合いとは別に霊界の働きにも物事を収束させて無の状態へと導く機能があります。

主に破壊の機能でもあり、破壊というよりもどちらかというとリセットでしょうか。

破壊とかリセットというと何だか恐ろし気ではありますが、物事には生成と滅落がつきものです。

というよりも、生成と滅落を繰り返しながら、進化していくのがこの世のありようです。

ですから、霊界においても生成だけが起こるわけではなく、滅落も起こっていくのです。

霊界というと永遠不滅だと思われるかもしれませんが、そうではないのです。

時には不要になった霊界が滅落していく場合があるのですね。

霊界滅落の現象が顕現化するときに起こるのがブラックホールでもあるのです。

もちろん、ブラックホールにまつわる意味合いはほかにもありますが、今回、注目したいのは、馬鹿でかいブラックホールの出現は、それだけ大きな霊界滅落のあったサインでもあるわけです。

一体、いかなる霊界の滅落があったのかは不明ですが、その大きさは尋常ではないということですね。

ですから、霊界環境にも大きな変動が起こってくる可能性があるということです。

天体、宇宙空間における現象の発見というサインを通し、霊界での変動を知らせてくる場合があるので、時には宇宙の動きに注目してみるのも興味深いことかと思います。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR