【超略解シリーズ】 老子 -営魄を載んじ-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-

また、当該シリーズの老子道徳経編のバックナンバーは以下になります。
合わせてお読み頂ければ幸いです。

【超略解シリーズ】 老子 -道の道とすべきは-
【超略解シリーズ】 老子 -天下みな美の美たるを知るも-
【超略解シリーズ】 老子 -賢を尚ばざれば-
【超略解シリーズ】 老子 -道は沖しきも-
【超略解シリーズ】 老子 -天地は仁ならず-
【超略解シリーズ】 老子 -谷神は死せず-
【超略解シリーズ】 老子 -天は長く地は久し-
【超略解シリーズ】 老子 -上善は水の若し-
【超略解シリーズ】 老子 -持してこれを盈たすは-

それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 営魄を載んじ◇◆


【原文(書き下し)】

営(まど)える魄(うつしみ)を載(やすんじ)、一を抱きて、能く離るること無からんか。
気を専らにし柔を致して、能く嬰児ならんか。
玄覧(げんらん)を滌除(てきじょ)して、能く疵(し)無からんか。
民を愛し国を治めて、能く以て知らるること無からんか。
天門開闔(かいこう)して、能く雌(し)たらんか。明白四達(めいはくしたつ)して、能く以て為すこと無からんか。
これを生じこれを畜(やしな)い、生ずるも而も有とせず、為すも而も恃まず、長たるも而も宰たらず。
これを玄徳と謂う。/span>

【超意訳】

肉体的な欲望に惑わされず唯一の道理をわきまえていられるだろうか。
気持ちを赤子のように柔らかくして、純朴なあり方でいられるものだろうか。
心を禊祓いして塵一つない状態を保てるものだろうか。
国民を愛してよくこれを治めて、それが当たり前の状態であるようにできるものだろうか。
女性性の象徴であるどこまでも受容する包容力を持つことができるものだろうか。
隅々まで明瞭でありながらも何もなさずにありのままでいられることができるものだろうか。
何かを生み出し、何かを養い、育んだとしても、それを所有して自分のものとせず、それに依存せず、たとえ優れた才能を持っていてもそれを利用して、権力を握ったりはしない。
これらのような振る舞いが出来る人は聖人だけが持つといわれる玄徳を持っている人だといえよう。


【超解説】

今までの老子の中でもたびたび、聖人君子のあり方について言及されています。
その特徴を上げれば、以下のようになるでしょう。
1.森羅万象の道理をわきまえている
2.道理をわきまえているからこそ、いたずらに利益や権力を求めない
3.わざとらしさや人としての賢さを捨てているので、素朴であり、一見、すごい人のようには見えない
4.道理に従順であることが良いのであり、人が作り出した智慧や欲望に惑わされることはない
5.道理は永遠のものであり、尽きることはない。だから、聖人の徳も永遠に続くものである
他にもいろいろありますが、簡単にあげれば上記のような形になります。
今回のトピックでは、何故に聖人は、このような振る舞いが出来るのかという点について述べています。
一言でいえば玄徳と呼ばれる性質を備えているからこそ、聖人は聖人らしく振舞えるのだということになります。
逆に言えば、玄徳があるからこそ、聖人になることが出来たということなのかも知れません。
但しこのトピックにおいては、玄徳を得る方法については触れられていません。
そうあるように振る舞えば、玄徳が得られるということなのでしょうか。
しかし、人為における賢しらを否定している老子ですから、ことさらそれを得ようとする行いもまた人為であると喝破するのかも知れません。
ただ、道理に従順に生きるためには、おそらく道理の根源に触れてみなければわからないということなのかも知れません。
理屈よりも、玄妙なる道の働きとエネルギーに触れて、理屈を超えて、道理を体得せよということのようにも思います。





以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR