守護霊への接し方 -何もないとき編-

こんにちは!

天心です。

このブログでは守護霊との交流や語り掛けの実践を推奨する立場をとっています。

しかしながら、いざ記事を読んでみてもどのように実践していったらよいのか具体的なところがわからない。

こんなご意見を頂くこともあります。

今や1000を超える記事数の中、読み込めば答えは見つかるとは思うのですが、中々、過去記事を読むのは大変ということもあるかと思います。

目次ページなどをご参考にこれだけは読んで!というページを設けて過去記事をリストアップしているものもありますが、それでもピンポイントで守護霊との接し方についてお話しているものは少ないかも知れません。

そこで、今回は改めて復習にもなるかと思いますので、守護霊の接し方をなるべく具体的な方法論を交えてお話してみたいと思います。

さて、守護霊に接するといいましても、今までその存在すらも認識していなかったわけです。

それにも関わらず、急に積極的に交流していこうと思っても何をどうしたら良いのかわからないかも知れませんね。

これは初対面の人と突然、脈絡なくお話をして交流するのがちょっと気まずいことにも似ています。

相手がどんな人なのかもわからないし、何の話をしてよいのかもわかりません。

こんな時は、やっぱり最初はあたりさわりのない雑談のようなところから入るのが良いのかも知れません。

天気の話、よくある世間話などがこれに当たるかなと思います。

ぽつりぽつりとでも話ている内に最初は気まずい空間があっても段々と話すことに慣れてきたりしますよね。

守護霊とも最初はこんな風に雑談から入るのも良いと思うのです。

最初から気合を入れて何かお願いごとをしてみようとか、難しい深いお祈りのようなことをしようとすると長く続かないものなのです。

長く続かない以前に実行に移せないことも多いでしょう。

なので、守護霊に対しても最初は、「今日も天気がいいですね♪」とか「最近は仕事で新しい案件を任されましてね~、大変ですが何とか頑張ってますよ~」なんていう具合に他愛もないことを話かけてみると良いのです。

内容は特に問わないので、話しかければ話しかけるほど良いと思ってください。

大事なことは語り掛けることで守護霊との間柄が疎遠な感じから、親和的な感覚になっていく感じをつかめるようになることが大事なわけです。

人と交流する時も大抵は中身よりもその人と心が繋がっている感じを持つことが大切なポイントであるのと一緒です。

私たちが普段している会話の大部分は本当は大した内容ではないはずです。(笑)

仕事や人生の重要な事柄について決めていくための話し合いなどの場合は、中身も濃く真剣なものが多いわけですが、大抵はそうでないことが多いと思います。

ですから、守護霊に対しても雑談程度で構わないのです。

真剣に真剣に中身のあることを語り掛けようとすると疲れてしまいますし、続きません。

八割くらいはどうでもよいことで、二割くらいは、自分自身の人生や天命、学びなどのことをお祈りするでも良いと思います。

もう一度、繰り返しますが、最初に求められるのは守護霊との親和性です。

守護霊と仲良くなることが大事なので、何もないときには雑談をしていきましょう。

関連記事 : 守護霊への接し方 -やる気が出ないとき編-コチラから!


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR