新説・霊界ストーリー 【霊界探索-月天宮】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


<前回までのおさらい>

養生の霊域にて霊体の癒しが終わると、○○三頭龍王様より癒しの霊法を授かることができました。

思わぬお土産に浮足立つ私。

それをたしなめるように守護霊は、霊法を活かせるも殺すも私次第であると諭したのでした。


<続き>

いよいよ上部霊界編に突入致します。

前回は上部霊界に旅立つために霊体に受けたダメージを癒す必要があったため養生の霊域にて薬師如来様に癒しを与えて頂きました。

しかし、実際のところ、折角、癒して頂いたにも関わらず、霊界探索によるものではなく、霊視・霊感鑑定などで受ける負のエネルギーや霊障の攻撃により、何度も傷つけられて、とても上部霊界に移動できる状態ではありませんでした。

だから、実際には、養生の霊域には記事でお話した以外にも何度もお世話になっています。(笑)

現実との兼ね合いの中で実施している霊感旅行であるため、どうしても流れが断たれてしまうと、再び、霊界にチャンネルを合わせるのは中々難しかったりするのです。

そんな理由からしばらくの中断が挟まり、初めてこの新説・霊界ストーリーを読まれる方は、なんだこのお話は!?と驚かれるかたもいらっしゃるかも知れません。(笑)

是非、初めての方はこのシリーズに関しては、最初から通して読んでみることをお勧めします。

霊界という世界の実相が少しだけ体感できるかと思います。

前置きが長くなりましたが、これから上部霊界編がスタート致します。

上部霊界は本当に広大無変な様々な世界が広がっています。

どこまでご紹介できるのか、あるいは許されるのかはわかりませんが、できるかぎり伝えてゆきたいと思います。

まず、私が守護霊に導かれて移動した上部霊界は、月天宮と呼ばれる霊界でありました。

上部霊界の入り口ともいわれる霊界で、霊界での本質を理解し、現世でのこだわりなどが一切、なくなるとこの世界をまずは通るようです。

白々とした月の光と瑠璃色の光のコントラスト。

とても静かな霊界です。涼やかなのですが、波風の立たない穏やかさがあります。

うっすらと音が聞こえてきます。

音楽でしょうか。トライアングルを優しく叩いた時のような妙なる音色が空間に響き渡ります。

決してことさらに主張しない音。

それから、浮遊感覚。

フワフワとうき雲に乗って、安心しきったお母さんの胸の中で、あるいは背中で、あるいは乳母車に乗せられて、優しく優しく、どこか光のある方向へと導かれていきます。

私は、余計なことを考えることなく、この上部霊界である月天宮の波動に心を奪われていました。

しっかりと見聞しなければと思っていたのに、月天宮に感応した瞬間から、もうどうでもよくなってしまったのです。(笑)

それくらい心地良く、素晴らしい世界だということです。

現幽界などとは全く違う波動です。

理屈から言えば、現幽界の方が現実的で、現世において出来なかったことも、簡単に実現できたりします。

だから、現世の常識的観念からいえば、現幽界も天国のような世界であるなと感じていました。

しかし、守護霊によれば、現幽界は、あくまで下部霊界であるということでした。

その意味はその時には、よくわからなかったのですが、今はよくわかります。

ここがまだ、入口だということなので、この先は一体何が控えているのでしょうか。

ワクワクします。


天心:「何か今までの全てを忘れてしまいそうです」

守護霊:「ここは入口に過ぎぬ。皆、上部霊界に移動する際には、必ずここを通る」

天心:「そうなんですか!?まだ先があるんですね」

守護霊:「いかにも」

天心:「もう、ズバリお聴きしてしまいますが、この霊界に移動するためには何が必要なんですか?」

守護霊:「妙なる心なり」

天心:「妙なる心?どういうことなんでしょう?」

守護霊:「現世にての諸々の執着なく、常に麗しき童のごとき感性を持つこと」

天心:「つまり、子供の頃に持っていたようなキラキラした心や感性が必要ということですね」

守護霊:「その通り」

天心:「そういえば、この霊界の景色はなんともメルヘンな感じがしますね」

月天宮は、宇宙空間に光の玉がシャボン玉のように浮かんでいます。

良く見ると玉の中には霊人がいるのですが、皆さん自由自在に動き回っています。

歩く必要がないんですね。

月天宮は、中央に眩く輝く宮殿のようなものがあります。

まるで、ディズニーランドにあるシンデレラ城が光沢を帯びているような感じです。

先ほどから聞こえてくる不思議な音色もこの月天宮の真ん中にある宮殿の方から発せられているように感じます。

中に住んでいるのは、かぐや姫かはたまた、シンデレラか(笑)

本当にファンタジーな感じです。

もしかしたら、ウォルト・ディズニーはこの霊界の波動を受けて、様々なお話やキャラクター、世界観を考え付いたのかも知れません。

現世に生きる人は、いつしか、子供の頃のような感性を失ってしまいます。

世知辛く、損得勘定で考え、物質的な肉感的な喜びばかりを追求してしまいがちになっています。

それらのことに囚われているかぎりは、この月天宮に入ることは難しいのかも知れません。

妙なる心を取り戻す。

一つの魂の向上のポイントになるのかなと思います。


☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-月天宮2】へ続く



◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは、春です。


いよいよ、上部霊界編ですか、楽しみに待ってました。

月天宮、いいところですね。想像するだけで、心が気持ちよくなってきます。
ディズニーランドには行った事はないですけどテレビで見ると大人も子供のような輝いた目になってますね。なにか良い気がながれているのですかね。


これからどんどん気温が上がって暑くなる季節、どうかお身体に気を付けて、ブログ続けていって下さい。


凄く ステキなお話ですね。


はぁ~☆
行ってみたいです。

本当に楽しそうです。


なんだか ワクワクしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR