守護霊への接し方 -人間関係で動いてほしいとき編-

こんにちは!

天心です。

「守護霊への接し方 -人間関係で動いてほしいとき編-」をお送りしたいと思います。

なお、前回は、「守護霊への接し方 -お願い事があるとき編-」をお話しましたので、宜しければコチラもご参照くださいませ。

前回はダイレクトに守護霊に動いて頂くための三つのポイントなどについてお話をしてきました。

守護霊が動く際の基本ポイントなので重要な内容でもあったわけですが、今回は、さらに話を進めて人間関係において人を動かしていくために守護霊にお力添えをいただく方法について言及していきたいと思います。

今までは自分と守護霊という間においてのやり取りであり、あくまで自分のことに限定した事柄でもありました。

しかし、私たちの人生においては、自分だけの問題ではかたずけられないことも多く存在します。

人と人とのかかわり合いが社会を形成している以上、人間関係がどのような影響を人生に働きかけてくるのかも私たちが人生を生きる上で決して無視できない要素でもあります。

つまりは、他人の存在とどう付き合っていくのかがポイントになるわけですね。

ところで守護霊はいつでも自分の味方であるわけですが、他人との関係には一切関知しないのでしょうか。

そんなことはありません。

自分自身にも守護霊がいるように他人にも守護霊がいるわけです。

守護霊は私たち人間同士の橋渡し的な役割もしてくださいます。

私たちは通常は現世において言葉を通してコミュニケーションします。

しかし、私たちは現世の肉体よりも高次の次元にあがれば霊的な存在でもあります。

霊的な存在である以上、霊的な次元におけるコミュニケーションも存在しているのです。

何だか不思議な感じがするかも知れませんね。

でも、私たちの現実的な体験として無意識のレベルで心と心が通じあったりすることがあることは周知の事実です。

何となくウマがあったり、ご縁が結ばれたりする機会が発生する裏側では、守護霊が霊界にて霊的なコミュニケーションを取っている可能性が高いといえます。

だからこの霊界におけるコミュニケーションを利用しないのは勿体ない話でもあるのですね。

では、どうやって守護霊に人間関係上のことで動いて頂くのが良いのでしょうか。

簡単に言えば、守護霊同士のコミュニケーションを促進することにポイントがあります。

例えば、ちょっと苦手な同僚がいたとします。

どうにも波長が合わなず、ぎくしゃくしてしまう関係だとすると現実的にこの関係を解消していくのは、中々難しいものです。

そんな時こそ守護霊に動いて頂くのが良いわけです。

自分自身の守護霊に「守護霊様。私の職場の同僚に苦手なタイプの○○という人がいます。私としてはこの同僚の××なところが苦手です。先方も私に対して腹に何かを持っているように感じます。人それぞれに考え方やタイプは異なるものですが、出来得るならば、双方気持ちよく仕事をしていきたく存じます。何卒、よろしくお願いいたします」

このようにお祈りしてみましょう。

この時点では、通常の守護霊への語り掛けと同じです。

しかし、ここからがちょっと違います。

自分の守護霊に祈ったならば今度は、苦手な同僚の守護霊にもお祈りしてみましょう。

守護霊への語り掛けやお祈りというと自分の守護霊だけにしかできないという思い込みを持ってらっしゃる方もいるようですが、そんなことはありません。

礼儀正しく節度をもって語り掛ければ他人の守護霊であっても動かすことは出来るのです。

もちろん、自分の守護霊とは違い、他人の守護霊は単純に意見を聞いてくれるわけではありません。

やはり、そこにはコツがあります。

どのようなコツかといいますと、相手の幸せや魂の成長を願う気持ちで接するということです。

今回の例題でいえば、同僚の幸せと魂の成長を願う気持ちで守護霊に接することが大事になります。

決して、憎ったらしいという気持ちで、語り掛けても相手の守護霊は当然、聞いてはくれません。

どんなに苦手な相手にも守護霊はいて、その人の魂の成長を願っているものです。

ですから、その守護霊の気持ちを汲んだ形での語り掛けでなければ意味がないのですね。

「○○様の守護霊様。私、△△は○○様とお仕事をさせて頂く関係です。いつもお世話になっています。でも、どうしても苦手意識があり、うまく関係性が築けません。私は○○様の××なところが苦手でして、もしかしたら○○様にとっても私のどこか苦手に感じているところがあるのかも知れません。私自身も○○様にとって苦手に思われている部分がありましたらなるべく改善したいと思います。何卒、○○様の守護霊様もできれば私の思いもくみ取って頂いた上で○○様にとっても幸せで魂の向上となるようなお導きを与えてあげて頂ければと願います。よろしくお願い申し上げます」

このような形で相手のことも考えながら相手の守護霊に語り掛けましょう。

するとお互いの守護霊が状況を踏まえた上で霊的なコミュニケーションを取り始めて、二人の霊界を調整するように動いてくださるのです。

お互いが嫌悪したり苦手意識を持つような方向に向かわせる霊界になっている状態を少しずつ改善されるように守護霊様方が動いてくださるわけです。

これが自分の守護霊だけでなく、相手の守護霊も動かすコツであり、このようにすることで人間関係を良い方向にしていくことが出来るということです。


関連記事 : 守護霊への接し方 -良くないものを感じたとき編-コチラから!

◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR