守護霊への接し方 -感謝を伝えたいとき編-

こんにちは!

天心です。

「守護霊への接し方 -感謝を伝えたいとき編-」をお送りしたいと思います。

なお、前回は、「守護霊への接し方 -良くないものを感じたとき編-」をお話しましたので、宜しければコチラもご参照くださいませ。

前回は良くない気配を感じて、自分がマイナスの方向にミスリードされているような違和感を覚える時に守護霊に加護をお願いする方法についてご紹介しました。

守護霊の基本的な使命の一つは守護をしている人間の魂の成長を阻害するものから守ることがあります。

守護霊に効果的に加護を得て霊的な防衛力を上げるためのヒントをお話させて頂きました。

今回は、少し趣を変えて、守護霊にダイレクトに動いてもらったり、何かを得ようとするのではなく、むしろ守護霊に喜びを受け取って頂く方法についてお話をしていきたいと思います。

「守護霊に喜びを受け取って頂く?そんなこと必要あるのですか??」

守護霊とは私たちに比べれば物理次元の存在でない分、栄養や睡眠をとったりする必要はありません。

物理次元に生きる私たちのように何かが欲しいと思うことはないのではないか。

こう思うかも知れませんが、守護霊も与えられると嬉しく感じるものはあるのです。

それは、一つには感謝の心です。

「ああ、なるほどね!感謝が大事というのは、何かの本で読んだことがある。大丈夫!いつも、ありがとうって伝えてるし」

こんな風に思う方もいるかも知れませんね。

確かにスピリチュアル系のお話では、感謝の心の大切さを伝えることは基本的な事柄であり、良く耳にすることもあることでしょう。

しかし、残念ながら本当の意味で感謝の心を理解して実践している方は多くはないような気がします。

ある時、こんな質問を受けたことがあります。

「私は毎日毎日、何百回も”ありがとう”と守護霊にお伝えしています。これって開運効果があるのでしょうか?」

”ありがとう”という言葉自体は言霊的にも良い響きを持っていますし、その言霊を口にすることは良いことだとは思います。

もしかすれと、毎日、その言霊を口にしていれば開運効果もあるのかも知れません。

しかしながら、それは、感謝とは言わないのです。

それは開運効果を得るためのワークかも知れませんが、感謝とは言わないのです。

なぜならば、それは自分が開運したいために実践している行者の行法みたいなものです。

それのどこに感謝の心があるというのでしょうか。

もちろん、開運を求めること自体を否定しているわけではありません。

それで開運出来るならばそれはそれで結構なことだと思います。

しかしながら、あくまで感謝の心とは無関係のものだと認識しておく必要はあるかと思います。

では、本当の感謝の心とは如何なるものなのでしょうか。

その答えを知るためには、感謝の本質を知らなければなりません。

感謝の本質とは実は「実践」ではなく、「湧き上がるもの」だということです。

良く使われる表現として「感謝する」という言葉がありますが、実際には感謝とは「する」ものではありません。

心の内から湧き上がってくるものが感謝なのですね。

心の内から湧き上がってきた「有難いな」という気持ちが衝動を与えて、そのしるしとして、感謝の気持ちを表す行動に出てしまう。

これが本来の感謝の本質であり、感謝する意味なのですね。

なので、心の内から湧き上がってくる有難さを感じずに「ありがとう!ありがとう!!」と繰り返しているだけでは、単なる感謝を表す言葉を口にしているだけになってしまいます。

もちろん、口にしないより、した方が良いとは思いますが、折角ならば本当の意味で感謝の言葉を放つ方が良いと思います。

何より守護霊は言葉を受け取るではなく、その言葉にこもる真心を受け止めてくださるものです。

感謝の言葉に込められた真心に接する時に守護霊は無上の喜びを受け取られるわけなのですね。

そして、真心のこもった感謝の言葉は本当の意味で、霊波動も清らかで高次元の感性にもつながっていくため、結果的に守護霊の加護も得られやすくなり、開運効果も得られやすくなります。(あくまで結果的にです)

ですから、守護霊に真の感謝を伝えることは、決して守護霊のためだけでなく、その人自身の魂の成長にも幸せにも貢献してくれるということです。

さて、それでは、前置きが長くなりましたが、今回のテーマである「感謝を伝えたいとき」の守護霊への接し方についてお話したいと思います。

まず、先ほどの話を踏まえるならば、単純に守護霊に「ありがとう」と伝えるだけでは、感謝を表すこととしては、少し足りないことは理解して頂けたと思います。

「ありがとう」と言葉で伝えるだけでは、しないよりは良いという最初のレベルの感謝にしかなりません。

そこで、本当の意味での感謝を伝えるために何が出来るのでしょうか。

以下のポイントを注意して感謝の心を伝えてみましょう。

1.今までで嬉しかったこと楽しかったことを思い起こす


本当の意味での感謝をするためには、有難いという気持ちを湧き上がらせる必要があります。

そのためには、まず、私達は守護霊に何を感謝した方が良いのかを知る必要があります。

たまに耳にするのが「別に感謝することなんか特にないけど」という感想です。

これは、大きな誤解をしています。

本当は私達は守護霊から多くの恩恵を授かっています。

しかし、それに気づくことは少ないものです。

恩恵を受けていても、それは「当たり前」「偶然の産物」「自分の手柄」とうい意識が働くため守護霊の働きに気付きにくいのですね。

なので、一度、恩恵の棚降ろしをしてみることをお勧めします。

一つひとつ日常の些細なことから大きな喜びまで、嬉しかったことを思い起こしてリストアップしてみましょう。

全ての事柄に守護霊が関与していたかどうかは、あまり気にする必要はありません。

兎に角、良かったことを具体的に思い起こしましょう。

すると自然とそのことに対する「有難いな」という気持ちが湧き上がってくるはずです。

この状態を作り出すことが肝要です。


2.守護霊に具体的に感謝の言葉を伝える


良かったこと嬉しかったことを思い起こして、感謝の心が沸き起こってくるのを感じたら、それを素直に守護霊に伝えていきましょう。

その時にポイントになるのは、具体的に伝えるということです。

単純に「ありがとう!」で終わりにするのではなく、良かったこと嬉しかったこと、ありがたいと思ったことなどを細かく具体的に上げながら感謝を伝えていくわけです。

これは守護霊のみならず、人間同士で感謝を伝える場合にも同じことが言えます。

単純に「ありがとう」「サンキュー!」という言葉だけでもうれしいものではありますが、それよりも「この間の○○の件で、あなたが△△してくれたおかげで、非常に助かりました。その後、○○の件は◇◇に落ち着いて、皆、喜んでいます。本当にありがとうございました!」と伝えるのでは、全く印象も嬉しさも異なります。

なので、守護霊には具体的な事柄を上げながら湧き上がる感謝の心を込めて伝えるのが良いわけですね。


以上、2点を踏まえて感謝の心を伝えていくとき、私達の守護霊もより一層、使命感に燃えて私達を守護してくださるようになることでしょう。



◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR