ミスリードを誘う霊的存在

何をやっても上手くいかない。

成功に向けて計画を練ってもいつしか頓挫してしまう。

何だか見えざる手に邪魔をされているような、そんな状況に陥ってしまうことが時として人生にはあるかと思います。

多くの場合、その原因を物理的な要因に求めたり、単なる運が悪いとかたずけてしまいがちです。

しかし、どんなにこの世的な目線で失敗する物事の要因を究明しようとしてもいっこうにその原因が見えてこないことがあります。

何故ならば、本当の失敗の要因が私達が通常で考えているような部分にあるわけではないからです。

誤解のないようにお話をしておくと私は決して失敗には物理的要因がないといっているわけではありません。

むしろ、この世に起こる失敗の要因を分析すれば、大方は物理的かつ現実的な原因が判明することも多いでしょう。

しかしながら、私が問題にしたいのは、あくまで、真の原因についてなのです。

例えば新規事業を立ち上げて失敗してしまったとします。

その原因は、社長が放漫経営に陥り、資金繰りや売り上げが低迷したためというのが現実的な要因だといえるでしょう。

その要因を受けて現実的な対策を考えるならば、社長がしっかりと気を引き締めて事業に臨むという当たり前の方策が浮かび上がってくることでしょう。

一見すると失敗の原因もわかり解決策も得られたことで目出度く解決と相成りそうに見えます。

実際のところ解決する場合もあるでしょうが、何度も同じ失敗を繰り返してしまうケースも意外に多くあるものです。

これは何故かといえば、現実的な原因や解決策があっても、それを正しく実行できない霊的背景があるからに他なりません。

人は正しいと感じていても、その正しいあり方を実行に移せないことがあります。

実行に移そうとしても、抵抗感を覚えたり、面倒くさいと感じてしまったりすることで、実行を断念してしまうことがあります。

あるいは、根本的に正しい考えが受け入れられない状況になってしまうなんてケースもあるでしょう。

事業の経営に失敗して、心ある友人から「お前もっとしっかり取り組まなきゃダメだぞ!」と激励されても、「ふん!そんなのわかっている。俺は精一杯やっている!」と取り付く島がないような態度をしてしまうわけです。

要するに私達が何かを成功させたい、あるいは幸せな人生を歩みたいと願うならば、正しい真理を正しく理解しそれを素直に実行するという言葉にすると当たり前のことが必要なわけです。

しかし、それが何故か出来ない、間違ってしまう、正しいことを正しくないと感じてしまう、むしろ間違ったものを正しいと受け入れてしまうといった歪んだ状態になってしまうことが意外にあるのです。

実はそのような目に見えない部分での真の失敗要因に霊的な存在の干渉があります。

霊的な存在の干渉というと何か特別なことを想像するかも知れませんね。

昔ながらの怪談話や現代の心霊話に出てくるような霊に襲われたりとか、首絞められたとか、追いかけられたとか、真夏の怖い話の鉄板ストーリーなどを思い浮かべる人もいることでしょう。

確かに中にはそういったオドロオドロシイ体験というものをする方もいるかも知れませんが、実は霊的な存在の干渉というのは、そういったものとは少し違うものです。

怪談話に出てくる霊というのは、大概は、恨みを持っていたり、誰かに明確に悪意を持って害を及ぼそうとしていることが多いものです。

しかし、実際のところは、そういう霊以外にもマイナスの影響を与えてくる存在は沢山いるのです。

誤解を恐れずに言えば、特に害を与えようと思っていない存在であったとしても、結果的に私達にマイナスの影響を与えてしまう霊的な存在というものは多々いるのです。

例えば生前から愚痴が多く、怠惰な日々を送っていた方が亡くなって、その後、成仏もせず浮遊状態の霊人として幽界をさまよっていたとしましょう。

当然のことながらこういった霊人は、霊格も霊覚も低く、霊波動も低いわけです。

ある時、たまたま、霊波長が落ち込んでいる時にそういった不成仏霊と感応してしまった場合には、その方の霊界とその不成仏霊とのつながり(霊線)が出来てしまいます。

このようなケースでは霊縁は薄いのでほっとけば離れていくことも多いのですが、その後も霊波動が回復せず、落ち込んだままでいると段々とその不成仏霊との霊線は濃くなり、受ける影響も大きくなってきます。

そうなると何が起こるのかといえば、段々と不成仏霊の持っている性格や性質に憑かれている方が似てきます。

具体的に言えば、怠惰になり、愚痴っぽくなったりするのですね。

今まではそんなに愚痴っぽくもなかったし、それほど怠惰な生活を送っていたわけでもないのに気が付けば、生活が荒れているなんていうことになるわけです。

先ほども言いましたが、憑依レベルが低いうちならば、勝手にいつしか離れていくことが多いのですが、憑依レベルが高まってくると中々、離れていかなくなりますし、同化していくことになります。

ですから早いうちに自らの霊波動を改めるようにしていくことが大事なわけです。

憑依レベルが深くなった場合には、お祓いなどで浄化しないと中々、改善しない場合もあります。

私のところにおいても遠隔浄霊などで時々、霊的ケアをされていく方もいらっしゃいます。

ちょっと脱線してきたので、話を元に戻しますと、マイナスの波動を持つ霊的存在というものは、つながりを持つだけでマイナスの影響を与えてきます。

マイナスの影響はまずはメンタルに現れてきます。

良くある誤解は、霊に憑かれるといきなり物理的な障害があらわれてくるというものがあります。

もちろん、強い影響力を持つ霊的存在であれば、そのようなケースもあるかも知れません。

しかし、本来は霊的な影響というものはメンタルに現れてくるものです。

つまり憑かれた人のメンタリティや考え方、選択などにマイナスの影響を与えるわけです。

真剣に事業に打ち込まなければならないのに遊びたくなったり、すぐに思ったことを口にして人から不興を買って、折角のチャンスを失ったり、間違ったものが正しく見えて、ひどい目に合うような選択をしてしまったりということが起こるわけです。

霊的存在のミスリードは、あまり気にしすぎてもダメですが、実際のところ、意外なところで影響を及ぼしている場合も多くあります。

もし、失敗が続いたり、あまりにも気になる場合には、自らの霊波動を上げるべく心根を改善したり霊的なケアをしてみるのが良いのかも知れません。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR