心に残った守護霊からのメッセージ46

心に残った守護霊からのメッセージをご紹介してみたいと思います。


---------------------------------

罪を憎んで人を憎まず

罪があり

裁きがあるならば

最後は許しで締めくくるなり


---------------------------------

この世に生きていれば、罪なことは沢山あるのかも知れません。

人類の歴史には罪を暴いてつるし上げてきたものがあります。

現代においてもまだ、その傾向は色濃く残っています。

守護霊様がある時おっしゃったのは、罪というものを明らかにする本当の意義というのは、罪は最終的には許されなければならないものだからだということでした。

その時に頂いたメッセージになります。

どんな罪も最後には赦す心がなければ、終わりがないということなのかも知れません。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR