【超略解シリーズ】 老子 -古えの善く道を為す者-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-

また、当該シリーズの老子道徳経編のバックナンバーは以下になります。
合わせてお読み頂ければ幸いです。

【超略解シリーズ】 老子 -道の道とすべきは-
【超略解シリーズ】 老子 -天下みな美の美たるを知るも-
【超略解シリーズ】 老子 -賢を尚ばざれば-
【超略解シリーズ】 老子 -道は沖しきも-
【超略解シリーズ】 老子 -天地は仁ならず-
【超略解シリーズ】 老子 -谷神は死せず-
【超略解シリーズ】 老子 -天は長く地は久し-
【超略解シリーズ】 老子 -上善は水の若し-
【超略解シリーズ】 老子 -持してこれを盈たすは-
【超略解シリーズ】 老子 -営魄を載んじ-
【超略解シリーズ】 老子 -三十の輻-
【超略解シリーズ】 老子 -五色は人の目を-
【超略解シリーズ】 老子 -寵辱には驚くが若し-
【超略解シリーズ】 老子 -これを視れども見えず-


それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 古えの善く道を為す者 ◇◆


【原文(書き下し)】

古(いにし)えの善く道を為す者は、微妙玄通、深くして識(し)るべからず。
夫(そ)れ唯(た)だ識るべからず。
故に強いてこれが容(よう)を為さん。
予として冬に川を渉るが若(ごと)く、猶(ゆう)として四隣(しりん)を畏れるが若く、儼(げん)として其(そ)れ客の若く、渙(かん)として冰(こおり)の将(まさ)に釈(と)けんとするが若く、敦(とん)として其れ樸(ぼく)の若く、曠(こう)として其れ谷の若く、混(こん)として其れ濁れるが若し。
たれか能(よ)く濁りて以(もっ)てこれを静かにして徐(おもむろ)に清(す)まん。
たれか能く安らかにして以てこれを動かして徐に生ぜん。
此の道を保つ者は、盈(み)つるを欲せず。
夫れ唯だ盈つるを欲せず、故に能く敝(やぶ)れて而(しか)も新たに成る。


【超意訳】

昔の道を心得た者は、とても神秘的で高次元であるためその働きや能力を深く推し量ることは出来ません。
推し量ることは出来ないのですが、あえて表現するならば以下のような感じです。
冬の冷たい川を渡る時のように慎重で、ゆっくりとあたりを観察し、厳粛な礼節をわきまえた客人のごとき気品があり、それでいて、氷のように溶けてしまえば綺麗さっぱりその形を止めることはない、削られる前の素朴な丸木のような飾り気もなく、広々として深い谷底のように懐深く、濁れる水のごとく混沌として複雑な有り様を持ちます。
濁れる水が透き通るまで静かに動かずに居られる者が他にいるものでしょうか。
ことさらに動かないで安らかな状態のまま何かを創造し続ける者が他にいるものでしょうか。
道に準じて生きる者は、満たされようとはしません。
満たされようとしないからこそ、例え滅びても新たに生まれ変わることが出来る。


【超解説】

道(タオ)を体得した人というものが如何なる人なのかということについて述べられています。
老子の特徴的な点として、「道(タオ)」は人智では推し量れないとしている点ですが、その言葉はそのまま老子道徳経という言葉がつづられたものをも否定してしまいます。
そのあたりの苦悩というか矛盾を承知の上で何かを紡ぎ出そうとする熱意のようなものをこの文からは感じますね。

あえて道を体得した聖人の特徴は、大きなくくりで言えば、とても消極的な人に見えるということです。
冷たい川は渡らないし、周囲に気を配って容易には動かない。
それでいて、素朴で派手さはなく、谷底のように懐が深い、そして混沌としている。
一見すると単なる臆病者で自分のことに無頓着な人という印象ですね。

でも、人は見かけにはよらないということでしょうか。
一見、消極的なように見えて、どこまでも物事を創造するエネルギーと働きを持っているというのです。
何もしなくても創造されていく、満たされようとしないけれど、いつでもエネルギーに満ちている。
そんな人が昔から言い伝えられている聖人というべき人だと老子は言っています。

満たされようとしないからこそ、そこに無限のエネルギーが湧いてくる。
丁度、引き寄せの法則のように無限のエネルギーそのものに自身がなってしまい、感じることが、創造における全ての原初であると言えるのかも知れません。


以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR