【公開質疑応答】カルマは終わらない?

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、真透様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】


かねてから、疑問に思っていたことを質問させて頂きます。

毎日といってよい程、殺人時間の報道が
されています。

仮に被害者をA氏、加害者をB氏とします。

A氏は前世で人を殺めたことがあったから、今世で殺害されたのかなと、想像できます。

疑問に思うのは、A氏を殺めたB氏です。

B氏は、前世でA氏から殺害されたから、生まれ変わってA氏を殺めたのか。

B氏は、A氏を殺めることで、A氏が業を晴らすのを助けたことになるのか。

それであっても、人を殺めた罪は作ったことになり、死んで霊界で苦しんだり、来世でまた、A氏に殺害されるのか。

これだと、A氏とB氏のこの関係は終わらないのではないかと、考えてしまいます。

加害者側の因果について、天心様はどのようにお考えでしょうか。

宜しくお願い申し上げます。


【回答】


真透様

ご質問ありがとうございます。

確かにスピリチュアル的には人にはカルマ(業)というものが付いて回るとされています。

良い行いをすれば善なるカルマが起こり、悪い行いをすれば悪なるカルマが起こるというわけです。

そして、そのカルマは引き継がれていくとされています。

カルマが解消されない限りは、その背負っているカルマに相当する出来事が起こり、カルマが解消されるようにその人の人生が造られていくという具合に考えられています。

さて、この考えにのっとり、真透様の挙げてくださった事例を考えてみましょう。

前世でA氏がB氏を殺めたという出来事があったとするとA氏は悪なるカルマを背負ったことになります。

そのカルマは解消されない限り、A氏には前世のカルマが解消されるべく今生の人生が造られていくことになります。

ここで重要なのはA氏のカルマは前世、己がしたことをオウム返しされるようにB氏にやり返されるという具合に解消されるという点に誤解があるということです。

この誤解があるとA氏がB氏を殺めれば、来世でB氏がA氏を殺めることになり、さらに次の来世ではA氏がB氏を殺めるという無限ループが繰り返されて、何の救いもありません。

誤解を解くためにもはっきりさせておかなければならないのは、カルマが廻っていくという法則は、カルマに付随するエピソードが繰り返されるという意味ではないということです。

廻るのは正負のエネルギーであり、出来事や事柄そのものではないということです。

前世でA氏がB氏を殺めたとしても、今生で必ずしもB氏からやり返される形でカルマが解消されるわけではないのです。

カルマが解消されるパターンは、それこそ無尽蔵にあります。

別の人から殺められることもあるかも知れませんし、不慮の事故で非業の死を遂げるという形でカルマが解消されることもあります。

あるいは、一生を通じて、命の重さを感じるような学びをさせられる中でありえない程の苦痛を味合わされるなども考えられます。

ポイントとしては、人を殺めるという出来事の際に発生した負のエネルギーが解消するために生じる顕現化は、前世と同様の形とは限らないという点です。

なので、

>A氏は前世で人を殺めたことがあったから、今世で殺害されたのかなと、想像できます。

という想像通りとは限らないということですね。

>B氏は、前世でA氏から殺害されたから、生まれ変わってA氏を殺めたのか。

これも、そうとは限りませんね。

B氏はB氏のカルマがあり、そのカルマがカルマを呼び、結果、新たな悪なるカルマを造る契機をつかんでしまったとは言えます。

負のエネルギーは人をさらなる負のエネルギーの蓄積に走らせます。

だから、B氏が前世のA氏にされた仕返しのような形で来世にA氏を殺めるということになるとは限らないのですね。

また、

>B氏は、A氏を殺めることで、A氏が業を晴らすのを助けたことになるのか。


これも完全なる誤解です。

この発想は特に危険で、あたかもB氏がA氏に対して何か手助けをしているかのように見えてしまいますが、全く違います。

少し脱線しますが、この考えは、まさに95年に地下鉄サリン事件を起こした人たちが抱いた危険な誤解でもあったのです。

A氏もB氏も成したことに付随する負のエネルギーに変わりはありません。

相手を苦しめたりして善となることはありえないことなのですね。

人を苦しめたり、自らが苦しんだりすることも含めて、魂がけぶるような状態を作り出せば負のエネルギーは醸成されてしまいます。

ですから、誰が誰に何をしたかということよりも、いつでも魂を輝かせる方向で私たちは考え努力していく必要があるということです。

大切なことは、いかなる出来事が起こるかではなく、それを起こす元のエネルギーの種類に気を付けることにあります。

加害者であれ被害者であれ、出来事や事柄ではなく、カルマは正負のエネルギーのバランスに応じて顕現するものだということになります。


以上、回答とさせて頂きます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR