世代別スピリチュアリティ(18歳から20代まで)≪その2≫

初めから読む方は世代別のスピリチュアリティ(序章)からお読みください。

☆世代別のトピック

0歳から6歳までのスピリチュアルについてはコチラからお読みください。
7歳から12歳までのスピリチュアルについてはコチラからお読みください。
13歳から17歳までのスピリチュアルについてはコチラからお読みください。


☆前回の記事

世代別スピリチュアリティ(18歳から20代まで)からの続き


◇◇ 18歳から20代までのスピリチュアリティ ≪その2≫ ◇◇


…続き


エネルギーは私達が生きていく上で必要不可欠なものです。

何か活動を行うためには、そのためのエネルギーが必要になります。

エネルギーにも先天的に授けられたものと後天的に得たものがあります。

幼少期のエネルギー、10代のエネルギー、20代のエネルギーといった具合にその種類にも変化が表れてきます。

18歳はまだ10代ではありますが、20代のエネルギーへのシフトが起こる時期です。

それでは、ここで幼少期、10代、20代のエネルギーの違いについて述べてみたいと思います。


【1】幼少期のエネルギーの質


幼少期は、自我を固めていく準備のために相当数のエネルギーが必要です。

幼い子供が泣きわめいて自己主張するのは、単に未熟だからというだけではありません。

持てる限りのエネルギーで自分というものを確立しようとしているためでもあるのです。

但し、エネルギーの質としては直進的で柔軟性はありません。

まるで龍が只管に天を目指して登っていこうとする様に似ています。

エネルギーは強いのですが単調で荒く、持て余してしまうこともあります。


【2】10代のエネルギーの質


10代は幼少期と質的には似ているもののやはり特徴のあるエネルギーです。

直進的であったエネルギーは段々と柔軟性を持つようになってきます。

具体的な表れ方としては、幼少期までは単に自己主張、表現だけにエネルギーを消費していました。

しかし、10代になると表現の幅や向かうべき対象が広がってきます。

現実的には興味の幅が広がることで、エネルギーの在り方も多様になってくるのです。

幼少期では泣き叫んででも自己主張していた子供も10代以降は段々と分別がついてきます。

その分、ただまっすぐ進むだけでない制御可能で多様性のあるエネルギーだといえるでしょう。


・・・・


少し長くなったので次回に続きます。


…【次回】世代別スピリチュアリティ(18歳から20代まで)≪その3≫に続く


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR