世代別スピリチュアリティ(40代)≪その5≫

初めから読む方は世代別のスピリチュアリティ(序章)からお読みください。

☆世代別のトピック

0歳から6歳までのスピリチュアルについてはコチラからお読みください。
7歳から12歳までのスピリチュアルについてはコチラからお読みください。
13歳から17歳までのスピリチュアルについてはコチラからお読みください。
18歳から20代までのスピリチュアルについてはコチラからお読みください。
30代のスピリチュアルについてはコチラからお読みください。

☆前回の記事

世代別スピリチュアリティ(40代)≪その4≫からの続き


◇◇ 40代で心がける3つの要点 ◇◇


【3】最後は捨てる


自分の人生を振り返り、何を自分が大切にしてきたのか。

ここをしっかりと見極めた後にすべきことがあります。

それは、「捨てる」ということです。

私達の生きる筋道を定めるために必ず最後にしなければならないことは捨てることです。

昭和の聖人といわれた安岡正篤氏は、折衷(せっちゅう)という言葉についてこのように説明しています。

折衷案という言葉がありまして、通常、この言葉はA案、B案とあったならば、その両方の良いところを兼ね合わせたC案を生み出すという意味に使われます。

しかし、本当の折衷という意味は、折ってその道を捨てるということを差しています。

つまり、A案とB案とがあり、その一方を選んだならば、もう一方を捨てるということです。

捨てる方はグニャグニャに折り曲げて、選べないようにする。

その覚悟で自らの選択を固めることが折衷の本当の意味だということです。

だから、自分が本当に重要視しているものが見つかったらば、他を捨てる覚悟をする必要があるということです。

40代は、今までの上昇し発展していくことだけを念頭に入れた10代、20代とは異なり、収束させて完成させる時期に入っていきます。

なので、単純な上昇志向だけでは人生のサイクルを鑑みる上で難しくなってくるのです。

霊界の状況も固まりつつあり、その霊的なカラーも定まりつつあります。

捨てるべきは捨てる。

そして、自分の生き筋を定めることに注力するのが良いということです。


・・・・


少し長くなったので次回に続きます。


…【次回】世代別スピリチュアリティ(40代)≪その6≫に続く


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR