思念の色と生霊

現世にまだ肉体を持っているにも関わらず、強い念を持った霊体を持つに至った姿を「生霊」といいます。

一般的な解釈としても上記の認識を持たれている方が多いと思います。

生霊と言いますとネガティブなイメージがありますが、必ずしもそうではありません。

執着心からではない、本当の愛と真心からの強い思いも生霊となります。

その生霊は軽やかで透明感があり、清々しくてどこかピカピカと輝いているように見えます。

もちろん、見えるといっても霊眼に映る霊的な様相です。

ただ、愛と真心をベースにした想いを執着心ではなく、強く出すというのは中々難しいものです。

愛や真心だと本人は思っていても単純に執着心からの場合が多いのです。

執着心が強くなると生霊は重たく、ねっとりとした濁りを帯びるようになります。

灰色だったり、黒かったりします。

執着心の強さが色合いに出ます。

あるいは心配や不安は、カサカサした感じで、セピア色をしていることもあります。

度合いにもよりますし、他の感情の念が合わさることで、色合いが変わることも多いです。

思念にも色があるというのは、霊眼でものを見る必然性が出て来た頃から気づいたことです。

時々、ひょろひょろと蛇のような思念が飛んでいくのが見えたりしますが、それが色合いを持った思念だと気づくのには、少し時間がかかりました。

本来、物理的に考えれば、思念に色があるはずはないのですが、霊界というのは不思議で、それに相応しいもので感得されることが多いのですね。

生霊が強烈になり、凝結力が出てくると今度は姿かたちに意味合いが出てきます。

その生霊の強さもそういったことから判別できることもあるということですね。

生霊の一つの霊的実相としてお話ししておこうかなと思います。


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR