霊視する女性・・その正体は?

とある山中にある神社に詣でた時のことである。

爽やかなミントの香りにも似た清らかな空気を肺に満たしながら境内を散策がてら歩きました。

参道脇の岩肌は苔むしていて、そんな光景も都心の人工の気で疲れた魂を癒してくれているようでした。

鬱蒼と茂る木々。葉と葉の間から木漏れ日が優しく差し込む。

歩きながら思わず腕を伸ばして深呼吸したくなります。

石段を登りいよいよ拝殿の前に進むと一人の女性が少し引いたところから遠い目をして空を眺めているのが見えた。

歳の頃は30代くらいだろうか。

早朝ではあったが、他の参詣客もチラホラみかける中、その女性だけちょっと雰囲気が違います。

私はまずは拝殿に向かい神社の神霊にご挨拶の祈りをささげた後、踵を返すとまだ、女性は空を見上げていた。

不思議に思われるかも知れないが女性が霊視をしているとその時、私は気づいた。

とは言え、普通に見れば、単なる拝殿をしばし、引いた場所から空を眺めて立ち尽くしているだけの姿です。

不審な行動というほどのことではない。

実際に普通に見たら、佇んでいるというだけに見えることだろう。

ところが、霊視をしている人はどこか、やはり異なるシグナルを出しているものなのだ。

神社という霊空間であれば特別、そういった方がいらっしゃるのは不自然なことではない。

ただ、何となく、何を霊視しているのか気になり、私も同じ方向の空を霊眼で見据えてみることにした。

拝殿の上部あたりには、ニコニコ顔の神霊の大きな顔だけが現れていました。

「ああ、これを見ていたのか」

何となくひとりごちて、ふと女性の方を振り返ったが姿が見えない。

忽然と煙のように消えてしまったようだ。

無論、帰ってしまったという可能性もあるだろうが、私が女性と同じ目線で霊眼を働かせてから視線を戻すまで数秒程度である。

その間に階段をくだり、私の視界から消えるのは忍者でもなければ無理だろう。

念のため(何のためにそのような行動をしたのかは不明)、神社の境内を回って何んとはなしに女性の姿を探してみたが見つからない。

そして、その瞬間、傍と気づいたのだ。

女性は肉体を持った人間ではなく、霊人だったということ。

あまりにも現世次元に近いため、霊人ではなく通常の生きている人だと誤認したのです。

あまり、こういうことはないのですが、時折、低次元層にまで降りている霊人は生きている人間と見間違うことがあります。

女性が何のためにそこに表れたのかは詳しいことはわからずじまいです。

しかし、死してもなお、崇敬する神社を詣でたい。

そういう気持ちを持つ霊人もいるということです。

ふと、最近、思い出したので、記録がてらつづっておこうと思います。

霊的世界観の一環として参考まで。


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR