スピリチュアルライフについて考える

私達の人生の中味は日々の生活にあります。

一日一日、私達は生活を積み重ねて人生を描いているのです。

素敵な人生を送りたいと考えるとするならば、それは素敵な生活を送りたいという願いにパラフレーズすることが出来ます。

如何なる人生を送るにせよ全ては生活の中にその本質があるということです。

では、スピリチュアルな人生を送ることを願う場合には如何なる生活を送る必要があるのでしょうか。

スピリチュアリティとは本来誰にでも備わっているもので、信じる信じない、意識するしないに拘わらず、人生そのものがスピリチュアリティの発揮される舞台となっています。

それ故に、生活自体もどんな生活であれスピリチュアリティから離れることはありません。

こう考えれば、スピリチュアルを意識しなくても人生はスピリチュアルそのものだと言えますし、いかなる生活もスピリチュアリティに満ちているといえるでしょう。

しかしながら、即物的な考え方、唯物論的な発想が当たり前の世の中になってくると元々、当たり前であるはずのスピリチュアリティが陽炎のように揺らめき薄らいできます。

結果、自分の本質がどこにあるのかすらわからなくなり、しまいには「人間など死ねば単なる肉の塊」だとみなすような殺伐とした発想にすら陥る昨今です。

今一度、誰にも当たり前にあるスピリチュアリティを見直してみてみたいと思い立ちました。

そこで今回、着眼点として選んだのは「生活」です。

私達は様々な生活を営んでいますが、そこにスピリチュアリティを見出すとしたら、どのようなものがあるのでしょうか。

あるいは、スピリチュアルを意識した生活を営むとしたらどのような心構えが考えられるでしょうか。

本来は意識しなくても誰もがスピリチュアルな生活を営んでいるとういう前提に対し、あえて、分かりやすい原則的なスピリチュアル的な向き合い方を述べてみたいと思います。

スピリチュアルライフを送るためにはどうすれば良いかに興味がある方にも参考になれば幸いです。



◇◇  始まりの意義を考える  ◇◇



物事には始まりがあります。

何事も生じるとは始まることでもあります。

この文章を読まれているあなたもオギャーと泣いて生まれた瞬間から人生が始まりました。

人生の始まりがオギャーと泣いて生まれた瞬間であるならば、生活の始まりはどこからになるのでしょうか。

それは朝目覚めて一日をスタートさせるところではないでしょうか。

「私は夜勤なので夕方目覚めます」

という方もいるかも知れませんが、いずれにせよ、生活の一日がスタートする始まりを持っているわけです。

何事も何をもって始めるか。

そこが大事です。

初発の一念が物事の方向性を決めるのです。

スピリチュアルライフはこの一日の始まりに意識カーソルを当てることから始まります。

一日の始まりに自分が一日どいういう生き方をするのか願い、誓い、祈りましょう。

祈るというと宗教的なとらえ方をする人が多いとは思いますが、別段、儀式めいた何かをしなくても大丈夫です。

私は守護霊にお祈りするということをブログで勧めていますが、ピンとこないならばお天道様でも神棚でも、なんでも構いません。

ともかく霊性を持った存在に意識を合わせて、自分がどうありたいのかを宣言する。

このことから一日をスタートさせることが最初にすべきスピリチュアルライフの最初の一歩となります。

難しく考えなくても良いのです。

始まりを正して今日の一日をスタートすれば良いのです。


・・・スピリチュアルライフについて考える(その2)へ続く



◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR