スピリチュアルライフについて考える(その9)

スピリチュアルライフについて考える(その8)からの続きになります。


スピリチュアルライフを送る上で大きな時間を割くもの。

それは仕事だと考えられます。

仕事とは狭義においては、収入を得る手段ではありますが、広い意味でいえば、役割を担い、働きを発揮することだと言えます。

前回も仕事のスピリチュアル的な意義について述べました。

今回は、もう少し仕事という観点でスピリチュアルライフを考えてみましょう。

仕事は働きを提供することを意味しますが、それだけではスピリチュアリティを意識した「仕事」にはなりません。

仕事をスピリチュアルライフの重要な要素として成立させるには何が必要なのでしょうか。


◇◇  仕事とスピリチュアリティ(その2)  ◇◇


単に仕事を働きとするだけならば、そこにスピリチュアリティはあまりありません。

もちろん、働きが発揮されること自体は霊性の発露だと言えます。

しかし、人間のもっとも濃い霊性は奇魂(くしみたま)の発露とも言うべき高い次元の働きです。

つまり、より高度な働きへと次元を高めていくことが肝要だといえるでしょう。

では、どのようにすれば、高い次元の働きとなる仕事をしていくことが出来るのでしょうか。

キーワードは奇魂です。

奇魂は、主に次元の高い霊性を現す魂の機能の名称です。

もう少し現実的具体的に言うと、抽象化された思考や空間掌握能力を司っています。

例えば、私達の肉体的な感覚は並行的なあるいは直接的に触れられるものからしか情報を得られません。

目の前に壁があれば、その向こう側の景色を見ることは叶わないのです。

ところが人間の奇魂は壁の向こう側の景色を見ることを可能にします。

それは、想像力と呼ばれるものだったり、様々な記憶やデータを駆使しながら一つのイメージを見る能力かも知れません。

もっと言えば、気や霊波動を感じ取り、形として凝結させる力も奇魂の統合力という名の働きでもあります。

こうした奇魂の力を発揮することで、私達は自分の成すべきことをもっと次元を挙げて探していく。

このようなこともスピリチュアルライフとしての仕事には必要な観点なのです。

目の前の働きや役割をただこなすのではなく、世の中を素敵にしていくために必要な役割とは何か。

このことを奇魂を使って考えていく。

このようなことがスピリチュアルライフとしては必要となってくるのです。


・・・スピリチュアルライフについて考える(その10)へ続く


◎クリックご協力ください!



さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

また、チャンネル登録して頂いた方にミニチュアBooks「守護霊に委ねてごらん!-【付録】守護霊活性化マントラの伝授-」をプレゼント!

詳しくはコチラ ⇒ 【チャンネル登録特典】 ミニチュアBooksプレゼント

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR