FC2ブログ

新説・霊界ストーリー 【序章2】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


霊界ストーリーも序章2に進みます。

初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。

さて、それでは、序章2に進む前に例によって、前回のおさらいをしておきたいと思います。

前回は、霊界は心の世界であると同時に、人は皆、共有意識によって心を共有することによって、霊界も共有するということをお話致しました。

つまり、共通の考え方や性分、価値観、文化、習慣などを持つ人達が集まって霊界というコミュニティを形成しているということをお話したわけです。

では、具体的には霊界にはどんなコミュニティが存在しているのでしょうか。

このあたりを今回は少し掘り下げてお話させて頂きたいと思います。

まず、基本的な霊界法則について説明致しますと、上から下へ向かうのは容易であるけれど、下から上へあがるのは難しいという法則があります。

これだけでは何のことかさっぱり分からないと思うので、順を追って説明したいと思います。

霊界には様々なランクやレベルが存在しています。

簡単にランクやレベルを表現すると光の眩しさ、霊体の大きさ、知性や霊覚の深さなどで変化するものを指します。

でも、この説明では少し抽象的でイメージがし辛いと思いますので、現実界のありようにあてはめてお話したいと思います。

すごく卑近な例で恐縮ですが、世の中にはお金持ちとあまり裕福でない方がいらっしゃいますよね。

お金を沢山持っている方は、様々な事柄を現実界で経験したり、実現したり、お金を使って世界中どこでも行き来することができます。

美味しいものも食べ放題です(笑)

でも、残念なことにあまりお金を持っていない裕福ではない方は、なかなかこうはいきません。

さだめられた家計や予算を考慮しながら、行動せざるを得ないのが実情でしょう。

裕福でない状態からお金持ちになるためには、なかなか容易ではなかったりしますし、時間もかかることでしょう。

しかし、お金持ちの場合は、お金を使ってどこまでもリッチな生活をすることもできますが、お金を使わずに裕福でない方と同じような生活をすることだってできるはずです。

つまり、お金持ちの方は、リッチな生活(上)も貧乏な生活(下)も両方、選択することが可能であるということです。

もちろん、好き好んで貧乏な生活をする人は現実には少ないでしょうけれども、条件的な側面のみを考えた場合は、このようなことが言えるのではないでしょうか。

さて、これを踏まえて霊界法則を今一度、鑑みてみると、ランクやレベルの高い霊は、低い霊界へも行き来することができるということ、低い霊界にいる霊は上には上がり難いという法則が存在することが言えるわけです。

これを昔の霊界を表す言葉でいえば地獄(下)と天国(上)という表現で表すことができます。

実際には、幾層も、また複数のコミュニティに分かれる霊界を単純に地獄、天国と分けることはできません。

ただ、便宜上、霊界のランク、レベルを表すレッテルとしては、わかりやすくていいのではないかなと思います。

つまり、辛くて重くて暗い、寒い冷たい、苦しいといった波動で満ちている霊界は地獄であると言えますし、軽やかで、明るくて、暖かくて、楽しい、気持ちいいといえる霊界は天国であるといえるわけです。

霊界法則を照らしてみると地獄のような霊界にいる霊達は、上の天国方面の霊界に移動することは難しいといえます。

なぜならば、心根を表したのが霊界の姿ですので、明るい心や軽い心、向上心といったものを持っていなければ、上の天国方面には異動できないからです。

もともと地獄の霊界にいる霊達は向上心もないですし、暖かい愛の心も希薄なので、なかなか上に逝くことができないのが実情です。

もともと、自分の心根を清めて、魂を向上させてこなかったツケを霊界で払っているわけなので自業自得ではあります。

しかし、それでもやはり、なんだかかわいそうではありますよね?

地獄のような苦しいところで、ずっと浮かばれないなんて、救いがなさすぎますよね。

そこで、天国の霊界に住む霊達は、なんとかこの地獄の霊達を救いたいと願っています。

本来、天国の霊達は、大変、楽しい、幸せな霊界に身を置いていますので、幸せいっぱいなのです。

わざわざ、地獄になんて関心を持つ必要はないはずです。

でも、天国の霊達は、とても暖かい慈悲と愛の心を持っています。

苦しんでいる霊達をほってはおけないのです。

地獄の霊達とは、大違いです。

地獄の霊達は基本的に自分のことしか考えていませんし、人を助けてあげようなんていう気持ちすらないのです。

天国の霊達は、わざわざ義侠心や愛と慈悲の心で持って、地獄に降りてゆき、地獄の霊達の心根が清まるように諭したり、霊力で浄化したりしながら、救おうとしています。

もちろん、天国の霊達も苦しいのです。

何しろ地獄は辛くて、気持ち悪いし、苦しいのです。

愛と慈悲があるからこそ、できるわざなのです。

このような天国の霊達を神霊と呼びます。

心根が素晴らしく神様に近い魂にまで昇華されている霊達であります。

仏教の経典などに登場する菩薩様や如来様や天部の仏様は実は、これら神霊の姿を現しているのです。

実際には、菩薩は菩薩界、如来は如来界と霊界のコミュニティは分化されていますが、皆、慈悲の心を持って、迷える諸々霊達を救おうとしているのです。

現実世界でも、暖かい愛や慈悲を持っている人は、人を救おうとしたり、自分ばかりの生活を考えるだけでなく、義侠心を持って、利他の心で行動したりしますよね。

一方、好き放題、自分勝手に活きている人は、他人を救おうなんて思わない場合が多いのではないでしょうか。

全く持って、霊界の姿も現実界のそれと瓜二つだったりするわけです。

この霊界法則を知り、現実を生きる中で心根と魂の浄化を進めておくことが、自分の霊界を高めることに繋がることが理解できると思います。

霊界法則を知らない人は、ついこの世の物質的な世界だけが全てであると思いこんでしまう傾向があります。

しかし、実際には、心根で霊界が決まってしまうことを考えるならば、以下に心根を明るく楽しく暖かく持つことが大事であるかが、わかるはずです。

さて、霊界にランク、レベルがあることはわかりましたよね。

そして、それは心根次第で決まってくるということも理解できたと思います。

ところで、霊界には神様はいないのでしょうか?

疑問に思いませんか?

私たちは、多かれ少なかれ、この世の倫理、道徳を教わる際に神様という存在がいるということをどこかで教えられてきました。

宗教団体に所属する人は、そこで教わったかも知れませんし、別にそういう組織に属していなくとも、神社や仏閣には初詣や七五三、結婚式などでお世話になったりすることもあるでしょう。

もちろん、信じる信じないはそれぞれの方の心情次第ではありますが、どこか人は、超越した神様の存在を意識しながら現実を生きていたりすることも多いのではないでしょうか。

とはいえ、さすがに現実のどこかに神様が隠れ住んでいると考えている人は少ないのではないかと思います。

現実にいないのなら、あるいは霊界にいらっしゃるのではないか。

こう考える方もいらっしゃるかも知れませんね。

しかし、結論からいうと霊界には神様はいらっしゃいません。

霊界にいらっしゃるのは、菩薩様や如来様といった仏様と呼ばれる霊覚の高い霊はいますが、神様はいません。

では、どこに神様はいらっしゃるのでしょうか。

それはさらに次元を超えた神界と呼ばれるフィールドに鎮座されています。

この神界とは、霊界とは全く異なる世界です。

心が反映した世界が霊界であるとすれば、神界は魂そのものが集う世界です。

非常に繊細で、現実や霊界のように複雑な世界ではありません。

情緒と感性の織りなす世界で、音楽や色彩が漂う、究極の歓喜と元気のあふれる世界です。

この世界は霊が入ることができない世界です。

言うなれば、肉体を脱ぎ捨てることで霊の存在になるように、霊体を脱ぎ捨てなければ神界には入ることができないのです。

神様は、この神界でご活動をされているわけです。

具体的にどんな活動をしているかは、機密事項になりますので、今は明かすことができませんが、もし許されることがあった場合には、その都度、開示していこうと思います。

すごくざっくりとした表現になってしまいますが、霊界の実相としては、地獄から天国があり、その上の次元を超えた場所に神様のいる神界があるというのが基本構造となっているということは覚えておいてください。

それでは、今回はこのくらいにして、つづきは次回にゆだねたいと思います。



☆新説・霊界ストーリー【序章3】へ続く




◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR