ペットの霊はどうなるか?

さて、久しぶりに霊界事情のカテゴリのお話をしてみたいと思います。

ミニアンケートなどの結果から、何度か上がってきたのが動物の霊に関する質問でありました。

その中でも一番気になるのはペットについてですよね。

愛するペットは家族同様であり、霊界に旅立った後にどうなってしまうのか気になるところではあります。

結論からいいますと、ペットは基本的に動物の霊が集まる特殊霊界に旅立つことになります。

その霊界はペットや動物にとっては天国のような場所です。

飢えたり、外敵に襲われたり、理不尽に狩られるようなことはない場所だからです。

ペットや動物は、人間のように高度な魂を授かっていません。

霊性の大部分は荒魂と少しの和魂、それから微かな幸魂を授かることがある程度です。

人間のように奇魂を授からないので、高度な分析や思考、創造力や芸術性は持ち合わせていないのです。

大部分は、現世的な本能であり、その中では感情もあります。

そして、わずかではありますが、愛を感知する感性も備わっています。

ペットでも基本は動物ですので、動物の本能でする噛んだり引っかいたり、他の動物とケンカをしたりということをしますが、長年愛情をかけていると、それに反応するかのように人間に愛を向けてきたりもします。

人間のように高尚な愛や複雑な愛情表現はできませんが、それでも、飼い主に対する愛の感情は持っているわけです。

ペットや動物の霊性というものは、人間に比べると低いという一面もありますが、その分、ピュアであり、人間のように複雑な念や高度な思考ができるがゆえに、自分で煮詰まったり、心根を曇らせてしまうようなことがありません。

だから、大抵の場合は動物用の天国のような住みやすい霊界へと旅立つことができるのです。

しかし、何事にも例外はあります。

例えば、虐待されて殺されたようなケースにおいては、恨みを抱く場合もあります。

この場合は、祟りの動物霊となり、現世に止まる可能性もあります。

自然界のルールの中で、命を失う分には、彼らも本性の中にそれを承知している部分があるために問題には成り難いのですが、人間の手によって、あまりにもヒドイ虐げや虐待をし続けた場合には、ペットや動物の方でも感情はあるわけなので、祟り動物霊となるわけです。

なので、一寸の虫にも五分の魂。

あまり、動物をいじめたり、虐げたりすることは戒めなければならないでしょう。

とはいえ、もちろん、私たちは、動物をすべてではないにせよ食べてくらしています。

これは仕方のないことではありますが、やはり命を奪い頂いているということを踏まえ、心の中で感謝の気持ちを持って毎日の食事を頂くようにすることが本来の筋であります。

余談になりますが、かのケンタッキーフライドチキンでは、年間、何万羽もの鶏を食べ物として提供しているお店であります。

なんでも年に一回は鶏の供養を会社を上げてしているということをテレビで見たことがあります。

これは、命を頂くことに対するお詫びと感謝の気持ちを表した行為であり、とても良いことであると思います。

私たちも供養はともかく、いつも食事を頂く時には、命を頂いているという感謝の気持ちを持って食することが大切なのかも知れません。

また、最期にペットに関して注意事項があります。

ペットが亡くなられた後に飼い主の方はとても哀しい気持ちになるはずです。

これは当然の感情ではあると思うのですが、人間の場合と同様で、あまりにペットの死を悼む気持ちが強すぎるとペットが折角、良い霊界に逝こうとするするのを妨げる結果になるということです。

念がペットを縛り付けてしまうので、ある程度、葬儀やお悔やみの期間はあっても良いのですが、あまりにも度を越して哀しみ続けるのは、ペットにとってもマイナスであるということをお伝えしておきたいと思います。

今回はペット、動物について霊界事情をお話してみたました。

何かの参考になれば幸いです。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました。勉強になりました。

ありがとうございます。

ハッとさせられました。

実は3年前に飼っていた亀のことを今でも忘れられずにいます。
亀といっても30cmある大きな子でとてもなついてました。


お葬式も上げて頂いてお墓もあるので、定期的に墓参りしているのですが、あまり思い詰めすぎると良くないのですね。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR