FC2ブログ

【Part2】龍神について

龍神についてのお話のPart2に進みたいと思います。

前回は、龍神の中でもとりわけ眷族神としての龍神様についてお話をさせて頂きました。

神社や仏閣のご祭神、ご本尊の手となり足となり働く眷族としての龍神が存在していることがわかって頂けたことと思います。

あくまで、主となるのは、ご祭神であり、ご本尊であることをお話させて頂きましたが、この主なる存在を無視して眷族神だけを信仰したり、拝んだりし続けると困ったことが起こってくるという話までしたと思います。

では、なぜご眷族神だけを拝んだり、大切にし過ぎると問題が起こってくることになるのでしょうか。

再び、将軍と最高司令長官の関係にて説明してみたいと思います。

通常、眷族神は、主なる神霊の指示や命令なく動くことはありませんが、あまりにも眷族神をもてはやし、ちやほやし過ぎると時として、慢心したり、増長したりすることがあります。

これは、通常、シビリアンコントロールで大統領や内閣総理大臣の指示なしには、動かないはずの軍隊が時として、クーデターを起こしたりして、軍事政権を樹立してしまったりするケースがありますね。

日本や親交国であるアメリカでは幸いそのような事態にはなってはいませんが、軍事政権が担っているような国もありますよね。

軍事的力というものはとてつもなく力が強いもので時として、暴走する可能性があるわけですね。

民主国のようにしっかりとシビリアンコントロールができていれば、こういうことはないのでしょうけれど、これができていないと軍事政権になったりするわけです。

これと同じように龍神もまた、「神」という字が符されているように、ものすごい霊力と顕現力を持っています。

お祈りすれば凄まじい霊験が得られたりすることもあるのです。

死にかかっている人が復活できたり、権力を得ることができたり、願望成就の力も半端ではありません。

だからこそ、皆、拝みたがるし、信仰したがるわけです。

しかし、あまりにも主なる祭神をおろそかにして、龍神信仰ばかりをしていると、いつの間にか龍神も堕落して、眷族としての役割を果たせなくなったりするのです。

これは、龍神は、霊力はあっても、神霊のような高貴さや教養、芸術性、品格、などが欠落しているためです。

凄い力を持っているけれど、神霊のように魂の向上を第一に考えたり、柔軟性のある対応というものができなかったりします。

また、霊験は表すけれど、感謝の気持ちや見返りとしてのお供えなどのお礼を忘れると、怒りをあらわにして戒めを与えてきたりすることもあるでしょう。

世にいう神様、仏様の罰というのは、神霊や神仏が与えることはないのですが、眷族神の場合は、ありえます。

神霊や神様のように穏やかで、品格のある存在とは違うのです。

もちろん、比較的、穏やかな龍神様や気品のある龍神様もいるかも知れませんが、神霊のようにどこまでも大らかで、寛大な心を持っているわけではありません。

礼節を尽くさない人間には戒めを与えることも考えられるということです。

このような理由から私は、まず滅多には眷族神に直接お願いことをするということはありません。

これは龍神に限ったことではなく、全ての眷族神について同様です。

信仰の自由はありますし、人それぞれの考え方はあると思うので、人がしていることには口を出さないようにしていますが、時折、「危ないな」と感じる時もあります。

ですから、もし読者の方で、まだ神社や仏閣に行ったりするのは、あまり経験がないという方でしたら、このことを覚えておいて頂ければと思います。

繰り返しますが各自の信仰や信心を否定する気は全くありません。

ここでは、あくまで霊界の事情という意味合いで、お話させて頂いているにすぎません。

そこのところはご理解頂ければと思います。

さて、ご眷族神としての龍神については、以上ですが、それ以外にも実は龍神はいらっしゃいます。

自然霊の一部としての自然龍ですね。

これは、特定の神様にお仕えする龍神様とは違い、自然の中で生きています。

特に自然環境を操り、大自然の営みの一部を担っています。

例えば、雨を降らせたり、風を吹かせたりするのも自然龍の働きによるものが多いのです。

自然龍には天龍、地龍、水龍などがいます。

天龍は時折、空の雲や大気の運行を動かしたりしています。

雨を降らせたり、稲光を走らせたりするのは、天龍の得意分野であるといえます。

地龍は大地の動きですね。地上の生き物に大地の生命力を供給したり、時には火山やマグマを噴火させたりするのもこの地龍の働きによるものです。

水龍は主に水辺に存在しています。

湖や海、河、川、水気をエネルギー源として活動されていますが、海面や海底の生体などを育み助けています。

簡単にわけると以上になりますが、これらの区別は、実は厳密にあるわけではありません。

天龍であっても、地龍と水龍の要素を含んでいる場合も多く、あくまでバランス上、天龍の要素が大きいという区別でしかありません。

地龍と水龍においても同様です。

基本的に自然龍は天地水の三つの要素を含んでいて、自然環境の運行に影響を与えているということが言えます。

だからこそ、この地上にある自然環境が破壊されたり、汚されたりしていくと、自然龍は居場所がなくなってきたりもするのです。

自然龍は、自然の中で意識を研ぎ澄ますと意外と姿を現していることがわかります。

姿が見えなかったとしても雲の様子や大地の様子、海や川の様子を観察していると気配を感じることがあります。

以外なところに龍神様はお出ましになっていることがあるということです。

・・・続く



◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR