FC2ブログ

【Part3】龍神について

龍神についての記事も第三回目を迎えました。

前回は、自然龍についてお話させて頂きましたね。

天龍、地龍、水龍が主な自然龍の区分けでもありました。

もっと厳密にいえば他にも種類があるのですが、際限がないので代表的なものだけをピックアップしてみたわけです。

箱根神社のほとりにある芦ノ湖や、諏訪大社の近所に位置する諏訪湖等も自然龍が鎮まっていますね。

芦ノ湖の場合は、自然龍でありながらも、箱根神社の眷族神としての役割も担っているようです。

九頭龍神社という古くからの社もあります。

このように単純には分けられない、複合系の龍神様も多々いらっしゃるようです。

ということで、前回は自然龍をテーマに少しお話をさせて頂きました。

今回は、霊界を主催する霊龍についてお話をしたいと思います。

新説・霊界ストーリーでも少しだけ触れていますが、大抵の霊界には、その霊界を守護する龍神がいらっしゃいます。

主に霊界を守護して、他の許可なき霊の侵入を防いでいたり、あるいは霊界の住人を守り導いているわけです。

特に霊界内の霊層向上の際には、ご尽力頂き、新しい霊層に行く際は先導してくれたり、連れて行ってくれたりする役割も担っているようです。

ただ、この霊龍については、まだ、詳しくは、わからない部分もあります。

担当している霊界や種類によって、役割も細かく違ってくるようでもあるのです。

出会う旅にその都度、お伺いをして調査しながら、理解していく他はないでしょう。

次に龍神の形態についてお話してみたいと思います。

龍神にはいくつかの形態があります。

まず普通に龍神といった場合は、広く、様々な龍を含む総称として呼ばれている場合が多いのですが、「龍王(りゅうおう)」といった場合には、ある程度の龍神を統括して動いたり、リーダー的な役割を担う働きをする龍神に称されることが多い形態です。

その分、力や働きも強く、範囲が広いといえます。

また、「神龍(しんりゅう)」といった場合には、力のある神霊がより顕現力を発揮するために霊的に龍体(りゅうたい)に姿を変えて表した姿であることを指しています。

このように形態が違えば、呼び方も違ってきたりするわけです。

名前が違うだけでも龍神の種類は、またまた変わってきたりするわけですね。

追求していくときりがないかもしれませんが、いろんな観点で霊界という場所を見てみると、今まで見えてこなかった別の側面からの霊界が見えてきたりするものです。

これからも、もっと霊界探求を行って調査していきたいと思います。

とりあえず、龍神についてのお話はこのあたりにまでにしておきたいと思います。



天心 拝


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR