【ご質問】遠隔浄霊の実際

先日は、遠隔浄霊の実際というタイトルで、浄霊の時の状況について、少しだけお話させて頂きました。

まだまだ、ほんの一部をお伝えしただけなので、よくわからない部分も多々あるかと思います。

また、機会を作り、いろんな角度から紹介していけたらなとも考えています。

さて、早速、記事に対して、ご質問を受けましたので、ここで回答してみたいと思います。

私は、先日の記事の中で、浄霊をするためには「心根を正しく持った状態で浄霊に向かわないとダメ」ということをお話させて頂きました。

この部分が非常にあいまいな表現であるため、正しい心根というのは、なんなのかというのがご質問の趣旨であったかと思います。

世の中には人の数だけ正義があり、皆、自分の認識や正義観があります。

なので、自分の主張を通せば、争いになったり、偏った見方によって人を裁いたりするようになります。

私も過去の記事の中で何度か、裁きの心についてお話をさせて頂きました。

裁きの心を持って、人を冷たく断罪すれば、そこに愛はありません。

また、正義の心は、いきすぎれば独善となり、騒乱のもとになるのも確かです。

ですから、私は、一方的な正義というものは、信じてはおりませんし、絶対的な正しさということも主張するつもりはありません。

私がブログ記事に書いているのは、あくまで、私の見聞した内容から把握している道理であったり、原則であったりします。

体験、経験なども積み重ねてきたけっかの一つの現時点で、私が正しいと信じることを、ささやかに提案しているだけなのです。

そのことを踏まえた上で、先日の記事でお話した正しき心根とは何かということについてお話させて頂きます。

結論からいえば、私が件の記事で言った正しき心根とは、神仏、神霊、守護霊に通じるための原則となる心の状態のことになります。

全ての状況を鑑みての正しさではなく、あくまで神仏、神霊、守護霊に動いて頂くために必要となる心根のことです。

それは何であるかというと、いかなる状況にあっても愛に立ち返る心根のことであります。

私の行う鑑定とは、取次であるといつもお話させて頂いています。

取次とは、神仏や神霊、守護霊の心を取次ぐこと、あるいは神徳や霊力を取次ぐことにあります。

つまりは、神仏が働いてくださらないかぎりは何も始まらないということになります。

では、神仏はどうしたら働いて、動いてくれるのでしょうか。

実は、いつも愛の念を持って事にあたることが求められてくるのです。

遠隔浄霊でいえば、ご相談者に対する愛の念、そして、背後についている霊障に対する愛の念が必要になってきます。

「相談者に対して害を与えているような霊に対しても愛は必要なの?」

と思う方もいるかも知れませんが、ここは例外なく愛の念を向ける必要があります。

不成仏霊も、思えば自らの不明のために迷ったり、苦しいからといって、人に憑いたりするのはその霊のエゴの為せるわざではあるかと思います。

そんなエゴを持つ霊にまで愛の念を向ける必要があるのか?

こう思われる方がいらっしゃっても不思議ではありませんね。

でも「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があるように、その霊が行っていることが人の迷惑になっているのであれば、それは看過することはできませんが、その霊自体にはやはり、霊界に戻り、幸せになって頂くことを願うべきなんですね。

そうしないと、「この悪霊め!悪さをするならば容赦はせんぞ!」とばかりに、霊を追い払おうとすれば、やはり霊の方もやるせない気持ちになり、一層の怨念を募らせたり、益々、意固地になって現世に固執してしまう可能性があります。

一時的に追っ払っても、霊界は現世での自由度が高い分、再びもとの人のところに戻ってくる可能性が高いといえます。

また、祟っている霊や憑いている霊物にも言い分があったりします。

このあたりのこともきちんと聞いてあげて、納得させてあげる必要があります。

そして、何より、心の中に愛の念がなければ、神仏は動いてくれないので、自前の霊力だけで対応することとなり、相手の霊の霊力の方が強ければ、逆にこちらが、コテンパンにやられることになってしまいます。

だから、私が言う正しい心根とは、どのような行動をしているかという形の部分ではなく、心の中にある暖かき人に霊に対する愛の感覚があるかということなのです。

もちろん、愛で持って、行動をしていたとしても、思わぬ方向に道がそれて人を傷つけてしまったり、却って迷惑をかける事態を起こしてしまうようなことはあるでしょう。

しかし、神仏は、基本的にその人の心の中にある愛の念しか見ていません。

やってしまったことに対する結果として現れてくる現象は、森羅万象、天地の法則にしたがったものです。

人を傷つけたならば、それによって負のエネルギーが発生したり、恨みを買ってしまって、運気を下げてしまうこともあるでしょう。

あくまで、法則というものは厳然として存在しています。

それは、愛のある人も、非道なことをしている人も、ひとたび、大地震のような災害が起これば、巻き込まれて亡くなってしまうような不運に出くわすこともあることを見れば、おのずと理解できる話です。

中国古典の中に老子道徳経と呼ばれる書物がありますが、その中には、こんな言葉があります。

「天地は仁ならず。万物を持って芻狗(すうく)と為す」

これは、天地の法則というものは、儒者(孔子の説く仁をはじめとする徳目を磨き聖人に至る道を説く)のいうような人が持つ思いやりやいつくしみの心なんていうものは、天地にはない。万物を祀りで使い、用がすんだら、捨ててしまうような人形のように扱うものだと老子が説いているわけです。

これは、なんだか恐ろしいことを言っているように聞こえるかも知れませんが、天地の運行に人間の都合など関係ないのだという、厳然たる自然摂理を見据えた深い洞察による言葉なのです。

老子という人物は、特に天地の運行を「道」と呼び、深く精通した方であったようです。

少し話がずれましたが、形に現れてくるのは、あくまで心、行動、言動などの全て鑑みて、天地の法則に従って発生してくるものなのです。

しかし、神仏は実は、結果となって現れる現象には、あまり関心は払われていません。

見ているのは、あくまでその心根に愛の念があるかどうなのかなのです。

天地の法則にしたがえば、時として思わぬことが起こってしまうこともある現象よりも、その行動のもととなった心根を見ているわけです。

例えば、幕末の志士達で、活躍した方達の中には、途中で命を落としたり、結果的に逆賊的な扱いを受けたり、必ずしも明治維新後に報われた方ばかりではないでしょう。

しかし、心根には、皆、日本という国をどうにかしなければならないという思いがあったのではないかと思います。

もちろん、中には自己の保身や、ただ、自分の仕える主君に対する忠誠、あるいは、立身出世のために頑張っていたという方もいらっしゃったかも知れません。

そして、明治維新の動乱の中で、良き愛の心を持っていた方も、若くして亡くなった方もいらっしゃいますし、自己保身が強い人でも生き残った方もいるでしょう。

また、愛の心(どちらかというと義の心)で維新を駆け抜けたけれど、維新を迎えて報われなかった方もいたはずです。

その逆もまたあったでしょう。

神仏は、明治維新の志士達を現実的に報われたかたどうか、名前が残っているかどうか、出世したかどうかを見てはいません。

ただ、愛の心でどれだけ駆け抜けたのか、そこしか見ていないのです。

人としての行動も、あるいは国家としての行動も、原則は同じです。

どんな大義名分を掲げて、もっともらしく正義を語っていたとしても、その心根に愛の念がなければ、神仏から観れば、正しい心根であるとはいえないのですね。

目に見える形だけを、耳に聞こえる言葉は、美しくとも、神仏はその心根をいつも見ているということです。

お話が長くなってしまい、かつちょっと冗長な感じになってしまいましたが、私が先日の記事にて記載していた正しき心根についての説明は以上です。

一つの考え方として受け止めて頂ければと思います。


天心 拝


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

深謝!

さっそくのご回答、ありがとうございました。
しかも、とっても丁寧でわかりやすくて…感激です!

それにしても、「神仏、神霊、守護霊に動いて頂くこと」と、
因果応報の「天地の法則」は、別のシステムだったのですね…。
私、そこを一緒くたに考えておりました。

以前の記事で、天心さまが、
いわゆる「スピリチュアル」と実生活のバランスを取ることが重要だとおっしゃっていましたが、
これらのシステムに照らして考えてみても、確かに二者のバランスは重要ですね。

愛を動機に、かつ天地の法則に則って行動を起こすことが出来たら最強ですね!(笑)
とはいえ、人間が完全ではない以上、なかなか両立は難しいところですが…。

ありがとうございました。
お陰さまでより一層、快適に毎日を過ごすことが出来そうです♪
また、これで私自身も努力の方向性がより明確に見えてきました。

本当にありがとうございました。
これからもブログ・その他、楽しみにしております!
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR