FC2ブログ

【2018年10月度】神田明神への参拝

2018年10月度神田明神月参りをしてまいりました。

ご報告が遅くなりました。

すっかり秋らしくなりましたが、参拝時はまだ、温もりに包まれているような肌感覚のある気候で、気持ち良く参拝させて頂きました。

建設中の鎮座1300年記念の新しい建物も着々とその輪郭をあらわにし始めています。

工事中の中、わずかに忙しなさを感じる部分もあるものの、変わらぬ神霊の御心を感じつつ、お祈りをさせて頂きました。

しかし、私の心身には若干の異変が起こっていました。


・・・


10月の月参りを斎行させて頂く前に、個人的に篤く崇敬させて頂いている箱根神社に詣でました。

小田原付近は清々しい日差しの中で、登山バスに意気揚々と乗り込んだのですが、箱根町、芦ノ湖近辺に差し掛かると靄が掛り、視界も透過度が極端に悪い状態になりました。

吹く風も強く、一雨来てもおかしくない感覚です。

芦ノ湖には、九頭龍神社の本宮がほとりに祀られています。

その祭神である九頭龍大神は、自然龍であり、雨風雷鳴をとどろかせて、度々、芦ノ湖を氾濫させて里人を苦しめた毒龍であったとされています。

万巻上人により調伏された後、里人を護る善き龍神へと回心したという伝説があるのです。

実際、龍神は雨風をある程度コントロール出来るほどの力を持つと言われています。

私も体験していますが、九頭龍大神に「どうか参拝を終えるまで雨は待ってください」とお願いしたことがあり、本当に参拝が終わるまでは、くすぶりを続けつつ、雨が降らなかったことがあります。

そして、帰りのバスに乗り込んでから、ぽつぽつと雨が降り出す。

本当に不思議です。

この日も私は九頭龍大神によくよくお頼みして、何とか風だけで参拝中は降らせずにいてくださいました。

有り難いことです。

しかし、そもそも、箱根神社近辺がこれだけ気候に変動があるというのは、九頭龍大神もまた、大きな動きをされているということでもあります。

その点は、まだ、参拝時には気づいていませんでした。

いつも、箱根神社を参拝するときには必ず九頭龍大神様にも御祈願をさせて頂いています。

本来は本宮まで足を運びたいところですが、諸々の事情により、参詣が叶わないので新宮に玉串を納め、芦ノ湖で遥拝という形をとります。

大きな霊流を感じ居つつ元気が回復する感じを覚えるのが、いつもの参詣時に体験することなのですが、今回は、少し様子が違うのです。

何かが私の中に入り込んできた。そんな違和感を感じたのです。

この時はその違和感の正体が何であるのかハッキリはわかりませんでした。

判然としたのは、箱根神社参拝から帰路につき数日たってからでした。


・・・


神田神社の参詣を終えて、帰ろうとしたときに一つのメッセージが降りてきました。


龍玉

龍魂

霊魂(みたま)返す

志あるもの

救うべし



新しい霊法と私の心身に宿ったあるものについての秘密が判明した瞬間でした。

まだ、それが何であるのかはここでは言えないのですが、また、課題が一つ増えました。

・・・と

話しは元に戻して神田神社の参拝報告です。

いつものように拝殿に向かっての御祈願においてもFGSの会メンバーをはじめ、ブログ読者の方や関わり合った全ての方の幸せを祈念させて頂きました。

毎度のことながら、ご寄付の一部からお玉串をさせて頂きました。

もちろん、献灯の継続祈願串の奉納もさせて頂いております。

読者の皆様にとっても良い月になりますことを願っています。


天心 拝


kanda_2018_10mon.jpg
神田神社 鎮座1300年記念


◎クリックご協力ください!



P.S


さて、今回のおまけ動画は、以下になります。

チャンネル登録も是非ともお願いします!

チャンネル登録は⇒https://www.youtube.com/channel/UCTDTbnbPx_YDqWQ3NaV8e6A

また、動画記事上で再生すると小さくて見にくい場合は、右斜め下にある [ ]のような感じのボタンを押すと全画面表示になり見やすくなります。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR