新説・霊界ストーリー 【ティータイム-番外編】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


こんにちは!

いつもブログ記事をお読み頂きましてありがとうございます!

また、拍手をしてくれた方、コメントをお寄せいただいた方、本当に感謝いたします。

ブログというものは、読んでくださる方がいてはじめて成り立つものだと思っています。

こうして日々、霊界のこと、スピリチュアルのこと、守護霊のことなどを語りお伝えしてゆく原動力となっているものは、読んでくださっているコメントや拍手や感想だったりします。

この霊界事情カテゴリの新説・霊界ストーリーもすこしでも、多くの方に霊界の実相をお伝えして、現世を生きるヒントになればという思いでお話をしています。

新説・霊界ストーリーもいよいよ霊界の実相に深く入り始めましたが、ここで一服、小休止をいれさせて頂くことになりました。

この新説・霊界ストーリーは、全て霊感旅行という手法にて見聞した霊界の実像をお伝えしているものです。

主に霊感旅行は、夜の睡眠時間を削って行い、見聞したものを朝か日中に文章に起こしてまとめています。

読んでくださっている方にとっては、一連のストーリーがつつがなく進行しているように見えるかも知れませんが、実際は、結構、手間暇がかかっています。

一回の霊感旅行は長くても20分程度、集中力が乱れると5分程度が限界です。

また、極度のトランス状態に入ってしまうと臨死状態に近くなることもあるため危険もあります。

だから、なるべく現実の意識状態を2割程度残し、8割くらいを霊界に放っている状態を維持する必要があるのです。

実は、なかなかこれは大変な精神的なコントロールを要することで、疲労感もすごい感じるのです。

なので、少しずつ見聞した内容を検証して、わかりやすい形に文章に落としながらのアップをしているわけです。

時には、霊界の細部が文章を起こす段階でわからなくなってしまうこともあるため、その場合は、キーボードを打つ手を一度とめて、一時的に霊界に舞い戻り、再度、見聞した後、文章を補足するといったこともしているのです。

現実的にも精神的にもなかなか大変な作業であったります。

そこで、今回は、現幽界の章の途中ではありますが、小休止を入れさせて頂いたという次第です。

私も先を早くお伝えしたいという思いもあるのですが、無理して先を急ぐと、心身が持たなくなり続けられなくなってしまうので、止むなく休みを入れざるをえない状況です。

とはいえ、あまりご心配なさらないでください。

少し、休めば回復してまた続きをアップしていくことができることでしょう。

さて、今回はティータイムの番外編ということで、何か皆さまに伝えられることはないかなと思っていたところ、守護霊様から意外なお悟を頂くことができましたので、ご紹介したいと思います。


天心:「守護霊様!いつもご守護頂きありがとうございます。今回、ひとつブログ読者の皆さまに対して何かお伝えできることがあればと思っています。何かございますでしょうか」

守護霊:「それでは一つだけ玉(ぎょく)を授けよう」

天心:「ありがとうございます。それはどんなものなのでしょうか。」

守護霊:「【成就と生まれ変わりの玉】である」

天心:「【成就と生まれ変わりの玉】ですか。。どんなものなのでしょう?」

守護霊:「物事の成就と自らを生まれ変わらせるための霊法の一つである」

天心:「なるほど。その玉を頂ければ願望を成就したり、生まれ変わった自分になることもできるということですね!」

守護霊:「その通りではあるが、霊法を使いこなせるかどうかは、その者の魂の力による」

天心:「わかりました。努力次第ということですね。謹んで玉を受け取りたいと思います」


さて、これから私がまず受け取った【成就と生まれ変わりの玉】に込められた霊法についてお話します。

皆さまにもこの玉を受け取って頂きたいと思います。

これから受け取り方について説明させて頂きます。

まずは、最期までこのブログ記事をじっくり読むことが大前提になります。

そして、読む前にこのようにお祈りをしてみてください。

「【成就と生まれ変わりの玉】を謹んでお受けいたします。お授け頂き感謝致します」

このようにお祈りした後にこれから説明する霊法をよく咀嚼して受け止めて頂きたいと思います。

文章を読み進めるうちにジーンとしてきたり、ハッと悟るものがあったりした瞬間に玉は、あなたの胸の奥、または下腹のあたりに静まります。

では、参ります。


◎「繰り返す 根気と忍び 乗り越えて 先には花の 咲く心地する」

上の言葉は57577の和歌と同じ調べで構成された言霊になります。

霊的な咀嚼了に優れた方は、一瞬でこの言霊詩の意味を悟るところではありますが、なかなかそれは難しいところではあると思うので、解説を加えたいと思います。

まずは上の詩の大意をお話すると、物事を成就するためには、繰り返し繰り返しの反復作業が必要であるということ、それを支えているものは根気と忍耐力であるということです。

根気と忍耐力で繰り返し繰り返しを行ってゆけば、大願の花を咲かすことができるであろうというのが、大意になります。

実は、物事を実現したり、願望を成就することができない人は、この反復することができていない人がほとんどなのです。

あるいは少し繰り返して結果が思わしくないとすぐに、辞めてしまい投げ出してしまう人が多いのが現実です。

根気と忍耐を持たぬ人は、願望をいつまでたっても成就できないということになってしまいがちです。

思えば、私も霊視・霊感鑑定で、アドバイスや時には霊的な解決方法として特殊な霊法をお伝えするケースもありました。

しかし、それをきちんと実行に移す人は、よりよい方向に向かっている人が多いのですが、全く実行に移さず、あるいは移しても数回、あるいは数日頑張ってみて結果がでないと嘆く人は、いつまでたっても改善されていないということが多いのです。

私の教える特殊な霊法は、最低でも3カ月の反復と繰り返しを行わなければ、改善の兆しが見えてこない場合も多いのです。

それは、その人の背負っている現状を作り出している霊的なオーラ及び霊界を作り直すのに三カ月は時間がかかることに由来しています。

大体3カ月反復を繰り返すと少し変わってきたなという感覚を覚えることが多いです。

あくまでその人の背負っている霊的な背景にもよるので一律には断言することはできませんが、三か月で霊的なうわずみ部分がうっすらと変わってくるのがわかります。

そして、次は1年続けてゆくと大分、霊体の奥の方まで、霊法の効果がしみわたってくるので、かなり実感として変わってくることがわかってきます。

さらに3年続ければ、ようやく自分の背負っていた霊的なオーラや霊界がリニューアルされて一ランク上がるのです。

実は霊的なオーラや霊界は、現世にも強い影響を与えているもので、このオーラや霊界が変わってくると物事に対する観方、取り組み方、性格、環境などが劇的に変わったりすることもあるのです。

霊界や霊的なオーラの改善は何も死後の世界だけに意味のある話なのではなく、現実をよりよく生きるためにも密接につながっていたりするものなのです。

私のお伝えする新説・霊界ストーリーも死後の世界というよりも、今、我々の現世と並ぶようにして展開されるもう一つの世界のお話というように受け止めて頂くとよいと思います。

今回の【成就と生まれ変わりの玉】をお受けになられた方は、これから何事も反復して根気と忍耐で願望成就や自分自信を変えてゆく努力を行っていくように心がけてください。

そういう努力をするぞ!と誓いを立てるとこの玉はあなたの霊体の奥で輝きはじめて、あなたの努力をサポートしてくれます。

そのサポートとは様々な形がありますが、くじけそうになった時に励ましてきれたり、叱咤激励してくれる存在が現れたりするはずです。

気づきやヒントも与えられることもあるはずです。

ですから、よくよくこの玉を活用して頂ければと思います。



天心 拝


☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-現幽界4】へ続く



◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

先日はありがとうございました。

継続は力なりってことですね。
わかる気がします。
ブログ、ためになるし分かりやすいです。

これからも頑張ってくださいね。
応援してます。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR