FC2ブログ

守護霊について

皆様、こんにちは!

天心です。

今回は、守護霊についてお話させて頂きたいと思います。

守護霊という言葉は、スピリチュアルブームのためか、よく耳にされる方も多いかと思います。

自分を守ってくれている存在というように認識されている方も多いかと思いますが、色々と誤解があるように思える今日この頃です。

よく聞く話には、「自分には守護霊はついていないのではないか」「守護霊がいるのになぜ私はこんなにも不幸なの?」といった感想があります。

多くのスピリチュアル系の方々が、それぞれに守護霊とは何かについてお話しています。

しかし、どれも様々な観点から観た守護霊様の側面を表しているだけで、全体像をしっかりと表現できているものは少ないのではないかと思います。

それは、ある意味仕方のないことではあります。

なぜなら、守護霊の存在する霊界(霊の住む世界)は、この現実よりもはるかに広く、幾層にも分かれて、複雑な形態をとって存在しているからです。

霊能者やスピリチュアルカウンセラーと呼ばれる人達が垣間見える霊界や守護霊などの神霊は、あくまで一部に過ぎず、それを持って、全てを語ることはできないのが実態です。

自分の垣間見た霊界観を持って、これが唯一無二の真実であるかのごとく語る人がいるので、誤解は益々、広がるばかりになっているようです。

かくいう私も全ての霊界や守護霊がわかるわけではありません。

これからお話する守護霊のお話は、あくまで私が体験、実習してきた中で、理解している事柄であり、全てではないことをまずは理解して頂ければと思います。

ここが理解できれば、様々な守護霊のお話を聞いて矛盾を感じたとしても、なぜ、そのような矛盾を感じたのかが理解できるはずです。

それでは、私の視点から観た守護霊についてお話していきたいと思います。


【1】守護霊は誰にでもついているのか

最初のテーマは守護霊は誰にでもついているのかということについてお話を致します。

結論からいうと守護霊は誰にでも必ず最低1名は付いています。

この最低1名を正守護霊と言います。

守護霊は大抵は複数のチームを組み、一人一人を守っています。

人数は人によって異なりますが、その複数の守護霊を守護霊団または、背後霊団と呼びます。

正守護霊は、そのチームの統括責任者という立場にあります。

ここで、ひとつ疑問が浮かぶことがあります。

よく霊能者の方で、守護霊はついていない人もいるという主張をされる方がいらっしゃるからです。

必ずいると言ったり、いない人もいると言ったり、一体どちらが正しいのだろうか。

このように疑問に思う方もきっといらっしゃるはずです。

このことについて少しお話をさせて頂きます。

まず、守護霊は誰にでもついて守護してくれていますが、必ずしも傍にいてつきっきりで、守ってくれているわけではないということです。

どういうことかといいますと、守護霊にも霊界での生活というものがあります。

よく誤解されているのは、守護霊は24時間、365日、つきっきりで守護してくれていると思われていることであります。

ですから、つきっきりの守護というのはなくて、普段は、離れて見守っています。

これは、丁度、現実世界におけるセキュリティシステムに似ているところがあります。

警備会社にセキュリティの加入をされている方は御存知かと思いますが、警備会社はマンションや家を24時間、365日、警備してくれています。

しかし、常にマンションや家の周りに警備の人が歩哨のように立っていて警備してくれているわけではありません。

遠隔で、セキュリティのシステムを監視して、もしもの時には、すぐに駆けつけてくれる仕組みになっているわけです。

これと同じで守護霊も通常は、遠隔より、あなたを見守り、緊急の時には、駆けつけて守護してくれているのです。

ですから、守護霊はやたらと、現れたりしないために霊能者の前にはいないように見えたりすることがあるわけです。

また、霊能者のレベルがまだ、その守護霊に拝謁するに足りていない場合も、観ることができない場合があります。

こういったことから、守護霊がいない人がいるという誤解が生まれたのではないかと思います。

また、守護霊は、現世に生きる人達の教育係という側面を持っています。

単に、守るだけでなく、ちゃんと魂の向上やその人が真に幸せになれるように導いてくれる存在であるわけです。

なので、時として、厳しい処遇を与えることがあるのも事実です。

あえて、ハードルを作り本人の自覚を促すことで、魂に気づきと悟りを与えようとしているわけです。

「守護霊がついているのになぜ私は不幸なの?」という疑問を持つ人は、よくよく考えてみる必要があります。

ただ助けてほしい、幸せにしてほしいと、願うだけでは、守護霊は力を貸してはくれません。

自ら努力して、頑張る時に、そっと近くにきて、力を与えてくれるのが守護霊の真実なのです。

このことがわからないと、「守護霊は自分にはついていない」などといった誤解をしてしまいかねないのです。


【2】守護霊は何人くらいいるのか

一度、私は霊眼で見せてもらったことがあるのですが、人によってまちまちです。

5~6人の人もいれば、何百人もついて人もいます。

これは、なんで差が出てくるのかといいますと、その人の持つ器や志に応じて人数が変わってくるという法則があるからです。

一般で平凡な生活を送っている人は、数人程度ですが、大企業の社長や政治家、あるいは何か志を持って、努力している人には何十人、何百人という守護霊団が結成されていることが多いです。

私の守護霊団を霊視した時には、本当にリアルタイムで入れ替わり立ち替わり、守護霊が行き来するのが見えたことがあります。

正守護霊の周りを小さな守護霊達がぐるぐると回転しながら、守護をしている姿がありました。

だから、今は、守護霊団が少ない人でも、考え方を改めて志を大きくすれば、人数を増やすことができるのです。

「少年よ大志を抱け」という言葉がありますが、大志を抱けば守護霊の力も増すということになるわけです。

【3】守護霊とお話する方法

守護霊がついているなら、是非、話をしてみたい!

こう思う方もいらっしゃると思いますが、実は、そんなに難しいことではありません。

ただ、素直に守護霊様に語りかけてみればよいのです。

姿も形も肉眼では見えない守護霊様ではありますが、素直な気持で語りかければ、必ずその言葉は通じます。

そして、ある時、ふっと心の中で守護霊様からの答えが返ってくることがあります。

直感が鋭いかたは、このケースが多いですが、まだ未発達の方は、現象や他人の言葉を通して教えてサインを送ってくる形で、答えがあることもあります。

また、一番、手っとりばやいのは、私のような守護霊と交流しなれた人間を媒体にしてコメントやメッセージを頂くことです。

以上のような方法で守護霊様と交流することができます。

【4】守護霊はずっと同じ人?

守護霊は時々、交代することがあります。

交代といっても、どっかにいなくなってしまうのではなく、正守護霊が別の守護霊に交代するというわけです。

交代した前任の守護霊はどうなってしまうのかといえば、守護霊団の一員として、働いてくれることになります。

なぜ、交代するのかというとその人の志に相応な人物が正守護霊になることで、より的確な守護を行うことができるようになるからです。

守護霊にも得意分野があるということです。

例えば、勉強をしなければならない時には頭の良い勉強のできる守護霊がきます。

体力をつけて身体を鍛えようと志せば、それにふさわしい、屈強な守護霊がくるわけです。

このように守護霊団も常に変化しながら、日々の守護を行ってくれているということです。


以上が簡単ではありますが、守護霊についてのあらましです。

まだまだ、守護霊については、様々な不思議なこともあります。

機会を改めて、またお話ができたらと思います。


また、皆さまからのご質問もブログを通してできるだけ回答をしてゆきたいと思っています。

コメントやメッセージを頂ければ幸いです。



天心 拝


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

天心様、掲示板のメール鑑定で、お世話になりました、ここなです。

ブログ開設おめでとうございます\(^o^)/

また、お邪魔させて頂きます。

ここな様

ここな様

コメントありがとうございます!

まだ、掲示板でも鑑定募集をしていますが、これからはブログにても発信してゆきたいと思っています。

これからも宜しくお願い致しますね。

守護霊がいないと言われて…

2年前、霊視して頂いたら守護霊がいないと言われて、守護霊がいないからいつも
悪い霊が後ろに集まると言われました。
嘘をつくと、後ろの霊たちが霊視する人に教えるそうです。
子供の頃から、凄く悪い子だったのかなぁ
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR