質×量×時間

霊力強さというものは、簡単にいうと以下の数式が適用されるのではないかと考えられます。

質×量×時間

以前、霊力について、霊力発揮のための3つのポイントをご紹介しました。

そのポイントは原則であり、その原則を上記の数式に当てはめてみることで、霊力の強弱が決まってきます。

実行、言葉、観想のまずは、が問われてきます。

どんなに実行していても、現実的に効果的でない行動ばかりしていては、物事の成就には結びつき辛くなります。

言葉も、より、麗しく、あるいは、力強い表現を用いた方が、より霊力も発揮されやすくなります。

観想も、ただぼんやりと漠然としたイメージを持つよりも正確に求める形を詳細化したほうが霊力は強くなるわけです。

だから、まずは、3つのポイントの質を高めていくことが霊力を強める一つのパラメータになります。

次にくるのは、ですね。

実行といっても、一回トライして、それでおしまいというのでは、霊力も長続きしません。

二回、三回、十回、二十回と量を増やしていくほどに霊力は強くなるものです。

言葉も、一言二言の短い言葉ではなく、沢山の言葉をもって、発することも大事です。

例えば、お祈りする時でも、「守護霊様、今日も良い一日でありますように」というのと「守護霊様。今日も清々しく太陽も輝き、ホントに気持ちのよい一日であることに感謝いたします。家族も皆、元気で私もすこぶる身体の調子もよく、全身にエネルギーがみなぎっています。ヤル気が満ちていて、今日も一日頑張れそうです。本当に全ては守護霊様のおかげです。ありがとうございます。今日もいつになく、過去においても全く経験がないほどの素晴らしい気付きと発見と幸せに満ちた良き日でありますように」

というのでは、全く、霊力の発揮され方が違います。

言葉の量を増やしていくこと。

これも留意したいものです。

最後に時間ですが、お祈りするならば、ある程度の時間をかけた方が霊力も強くなります。

質と量のお祈りを時間をかけて行っていくわけですね。

理想としては、時間がかかるほどの言霊の質と量をつむぎだし、観想もなるべく長い時間、続けていくことが大事です。

もちろん、実行も時間をかけて、繰り返し繰り返し、しながら年月をかけて実行していくことで霊力は強まっていくわけです。

質×量×時間

この数式を基本に考えてゆくことで、少しずつ霊力は強まっていくことになることと思います。

参考になれば幸いです。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR