【公開質疑応答】魂の年齢と生まれ変わり

こんにちは!

天心です。

先日、ブログで質疑応答を行うための公開質問の募集を行ったところ、早速の応募がありましたので、回答していきたいと思います。

ご質問は、zeruda様から頂きました。


【質問】

人間には魂年齢と実年齢があると聞いています。

この世に生まれてくる人は魂年齢が若いということなんでしょうか?

それとも、まぜこぜなんでしょうか?

どれくらいの生まれ変わりを私はしているのかとかも興味あります。


【回答】

zeruda様

天心です!

早速のご質問ありがとうございます!

魂の年齢と実際の現実での年齢は確かに同じではないですよ。

ただ、魂の場合は、あまり年齢という発想はないのですよね。

それは、魂は本当にさかのぼっていくと神代(かみよ)の時代までさかのぼれますから、ものすごい年齢になってしまいます。

何億歳とかいうレベルですね(笑)

なので、年齢という意味では、現世に生まれついた時の一つの時間の経過を表す表現の一つに過ぎないということです。

だから、たとえ現世の今、年下の人間であったとしても、魂レベルでは、自分よりも完成度の高い魂となっている方もいます。

スピリチュアル的な観点でいえば、あまり年齢の差というのは意味がないのですね。

現世では年配者は若者を観て、「この若造が!」なんて(笑)思ったりすることもあるかと思いますし、若者は「このジジイ!」なんて(笑)、侮蔑したりすることもありますが、魂レベルでみたら、どっちもかわらないわけです。

そういう意味では、スピリチュアルな発想を持つ方は、年齢で人を見くびったり、侮ったりするのは無意味であることを知っておくほうがよいでしょう。

さて、この現世にて生まれ来る魂についてですが、魂が若い人が多いとはかぎりません。

玉石混交です。

なぜならば、現世での最大のメリットとは、自分よりも霊格が上の人と交流して学ぶチャンスがあるということにあるからです。

また、自分より下の人に出会った際には、自らの慈愛を表現する機会にもなるわけです。

霊界は、霊波動が同調し、似たもの同士が集まって構成されていますので、現世のように霊格の上の人と交流して大幅レベルアップを図ることが難しいといえます。

似た者同士の人達の間では、どうしても摩擦も少なくなり、自らの足りないところや伸ばした方がよいところを悟りずらいのです。

現世では、悩みあり、葛藤あり、問題発生ありで、そのことを通して悟るわけですし、特に自分とは異なる人間との交流は霊格を向上させるためには、不可欠な要素でもあります。

そのために、様々な学びのチャンスを得るためにどのような魂のレベルにある人であっても、現世には生まれ変わってその人にあった使命を果たすわけですね。

なので、現世は玉石混交であるといえるのです。

最後に生まれ変わりの回数ですが、これはもう、気にしてもしょうがないくらい再生転生を繰り返していますので、知ってもあまり意味はないかも知れません。

そもそも、魂の分裂現象ということも含めれば、単純に回数でその人のレベルを図ることはできないことと思います。

それよりも、今の人生において、如何に使命を自ら掲げて生きてゆくのか。

ここが一番大事なポイントでもあります。

魂が何回生まれ変わろうと、その人生で何を悟り、どれだけ魂が向上できたのかが、最終的には問われてくるわけです。

そこを踏まえて今生を精一杯生きることを心がけていきたいものですね。

以上が公開質疑応答、第一弾の「魂の年齢と生まれ変わり」についてのお話でした。


☆公開質問の応募についてはコチラをクリック!


天心 拝


◎クリックご協力ください!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR