スピリチュアルにおける一番大切なこと

私達は今日という時代を生きています。

今生には様々なことが起こります。

良いこともあれば嫌なこともあります。

大変なアクシデントもあれば、思わぬ僥倖に合うこともあるでしょう。

人生の歩みというものは決して一定したものではなく、常に変動し、その都度、私達は対応を求められてくるものです。

だから、一定のこれさえやればよいという公式のようなものはないといえます。

書店に足を運べば、実に様々なノウハウの書かれた本を目にすることがありますが、いかなる書物も一つのヒントにはなっても、常に移り変わる現実の絶対的な答えというものはありません。

大切なことは何かに書かれた内容ではなく、一人一人の心の中で何を悟り、何を抱いて生きてゆくのか。

ここにあります。

私はこのブログではスピリチュアルというものをテーマにお話させて頂いています。

ですから、スピリチュアルという立場で様々な内容のお話をさせて頂いていますが、その一つ一つは枝葉であるということをまずは認識することが大事でもあります。

現在、このブログでは240近い記事の数をリリースしていますが、今なお無尽蔵に語るべきお話は出て参ります。

FGSの会の会報メルマガにおいても、さらに深く広く、お話をさせて頂いています。

しかし、この無尽蔵に出てくるスピリチュアルなお話というものは、元をただせば一つの太極から生まれ出たものばかりであるといえます。

太極とは、全てを包含する可能性のことであるともいえます。

これらの記事のお話などを通じて、最終的にはこの太極を悟って頂くために日夜、活動をしているわけです。

枝葉を収集することが目的ではなく、少しずつその枝葉を頼りに太極を悟って頂きたいという想いがあるということをまずは、お話しておきたいと思います。

さて、「スピリチュアルにおいて一番大切なこと」というテーマに入っていきたいと思います。

これは、先ほどのお話とも関係がありますが、スピリチュアルな枝葉の知識を得ることが一番大切なことではありません。

スピリチュアルな知識を得ることを通して、太極を悟ることが目的であるわけなんですが、それを得るために一番大切な心構えについてお話してみたいと思います。

それは、「全ての本質は御魂(みたま)にある」という人生観を持って生きることであります。

これは、あくまでスピリチュアル的な生き方を求める方にとって必要な人生観であるということを言っています。

もちろん、他の人生観があってもかまいませんし、明るく楽しく幸せに生きればよいという価値観で生きるのも悪くはありません。

自分の行っている事業の成功のために生きる人生もあるでしょうし、家族の幸せのためだけに生きる人生もあるかもしれません。

あるいは、趣味に没頭するという人生観なんてものもあってよいでしょう。

しかし、スピリチュアルというものを心において生きようとするのであれば、何はなくても「全ての本質は御魂(みたま)にある」ということを自覚する必要があるのです。

人は迷い多き生き物であります。

健康を害せば、生命を憂い、家族に争いが起これば、その騒乱に心を痛め、お金がなければ貧しさを嘆き、良き伴侶がいない寂しさを悔やんだりします。

あるいは、その逆で仕事で出世すれば喜び、子宝に恵まれれば幸せを感じ、家を立てれば一国一城の主となれたと楽しく感じることもあるでしょう。

人間であれば、どれも当たり前の感情かも知れません。

しかし、スピリチュアルにおいては、これらはまさに枝葉の出来事に過ぎません。

本来は御魂の状態や向上を促すための一つの方便にすぎないといえます。

この大目標を忘れて、枝葉のことに囚われ続ければ、いずれかは、本質を見失いことになってしまいます。

本質を見失えば、いつしか、迷いと憂いと浮足立つ心に囚われて苦しい道を歩むことになるでしょう。

その反面、本当に大切なことが何であるのかを悟った時、人は喜びと幸せに包まれることになるのだと思います。

「全ての本質は御魂(みたま)にある」

御魂の向上する人生こそが本当の幸せな人生であるという境地にて今日も一日過ごしていければと思います。


天心 拝


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR