【公開質疑応答】神様は創作されたのか?

こんにちは!

天心です。

質問コーナーの第十四弾です!

ご質問は、ぎょ様から頂きました。

この公開質疑応答は応募頂いたご質問に回答するという形式になっていますが、全ての読者の方にも普遍的な学びとなる内容になるようにお話しているつもりです。

個人的な質疑応答コーナーだと思わずに読んで頂けると嬉しいです。


【質問】


天心様のブログでは、様々な神様が登場されますが、その神様について伺わせてください。

神道の本を読んでいたところ、時の権力者の都合で創作された神様が多いことを知りました。

そういった神々は、実在するのでしょうか?

また、そういった神々を祀る神社でお祈りした場合、

実際に祈りは届いているのでしょうか?

以上となります。

何卒、宜しくお願い申し上げます。


【回答】


>神道の本を読んでいたところ、時の権力者の都合で創作された神様が多いことを知りました。

まず、誤解のないように申し上げておきたいのは、神道やそこにご登場される神様に対する解釈というものは、諸説が入り混じって世の中に流布されているということです。

中には神道書でありながらも、現実的な側面でのみ考察を加えて、宗教も神様も政治的な権力者の都合で作られたごとき説明をされることもあります。

確かに、他宗教の歴史などをひもとけば、祀りごとは、政ごとであり、祭政一致という時代もあったわけです。

そのような観点からみれば、権力者の都合で創設されたのではないか?という見方もできる場合もあるでしょう。

しかし、神霊界の実情からいえば、必ずしも現実的なそのような見方が正しいとはかぎりません。

なぜならば、神霊は人を媒体として現世に顕現できる依代(よりしろ)を霊界から指導して作らせる場合が多いからです。

一番わかりやすいのはシャーマンなどの霊的感性の優れたものを通して、現世に霊域を開かせたり、祠や社を創設させたりします。

その際の神様のお名前もシャーマンの取次によって導きだされてりしているわけです。

でも、これらのことも、うがった見方をすれば、シャーマンの手によって神様を創作したという見方をできるわけです。

どこまでも、見方を現実思考から行えば、全ては作り物の絵空事にとらえてしまうことも可能だということです。

神道の本といっても様々あるわけです。

少なくとも公平な目で見てゆくためには、様々な諸説を学びながらも、最終的には感性の世界のことは、自ら感得して悟ってゆかなければ意味がないということをわきまえる必要はあるでしょう。

ですから、まずは一つの神道の解説をされた本のみを観て、それを真として受け止めるのは早計であるといえなくもないでしょう。

さて、前置きが長くなりましたが、これらを踏まえて、歴史上で創作されたと思われる神様についてのスピリチュアル的な解釈についてお話してみたいと思います。

具体的な神様の名前が挙がっていないので、なんともいいずらいのですが、先ほども言いましたように、神霊というものは、現世にて顕現するためには、人を媒体とする必要があるということを申し上げました。

通常はシャーマンなどを通じて行うことが多いのですが、それだけとは、かぎらない場合があります。

シャーマンなどを通じる場合は、小規模な依代を立てるのが精一杯であったりします。

そこで、時の権力者などにあえて神がかり的な直感を与えて、大規模な国家を守るための依代を作らせるという場合もあります。

この時、時の権力者はそのことには気づいていない場合もあります。

単に自分の都合で作ったと想っていたとしても、大きな神霊界の働きかけが実は背後にある場合もあるわけです。

現実的にみたら、権力者の都合に見えても、神霊界からみたら、そうではないこともあるということです。

但し、権力者の創作したとされる神様がすべて、神霊界からの働きかけかどうかは、単純には割り切れません。

時には邪霊が神がかりを装い、人を操って依代を作らせる場合があるからです。

具体的な神様の名前もあがっていないので、これに関してはなんとも回答はできませんが、一つ注意点としてお話しておきます。

以上を持って回答とさせて頂きたいと思います。



◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR