FC2ブログ

正のエネルギーの循環

最近とても強く感じる霊界法則があります。

それは正のエネルギーは常に循環するということです。

昔の格言に「情けは人のためならず」という言葉があります。

これは、「人に情けをかけることは一見、人のためのようにしているように見えるけれど、その情けは自分のためにもなっている」という法則を示したものです。

この言葉は、正のエネルギーが常に循環することを昔の人は肌で感じ取っていたことを表しているのかなと思います。

私自身の経験で申し上げれば、本当に不思議なことなのですが、神社にて参拝して、玉串を奉納した時には、必ず僥倖ともいえる事柄が発生してきます。

具体的には思わぬ入金があったり、新しい出会い(恋愛的出会いではありません)、それから今まで見えなかった事柄に対する回答が得られたりすることがあります。

本当に不思議です。

私はほとんど、自分個人の幸せを祈ることはありません。

大抵は、感謝の祈りから始まり、大きくは日本国民1億3000万人の方々の安寧と発展、国運の隆盛、それから地域的な関わりあいのある方々の幸せ、このブログの読者、FGSの会メンバー等の方達の発展、課題の解決などがほとんどです。

自分がああしたいこうしたいという願いは、している暇がないというか(笑)、自分が向上できれば、さらに多くの人に還元できるという意味あいでは、祈りますが、それ以外はほとんどないのです。

にもかかわらず、必ず僥倖があります。

これは、私が祈りの中で正のエネルギーを生成し、さらにそれを真心を込めた参拝、お玉串の奉納等を行うことによってもまた、正のエネルギーが生成されていることに関係しています。

私は、仏教で言われる回向のように神仏の神徳、正のエネルギーを様々な人に降り注いで頂く取次をしているわけなんですが、こうした行いをすることで、私自身も正のエネルギーを頂くことになっているのです。

正のエネルギーは常に循環するようにできているわけです。

自分のことを祈らなくても、真心が極まり、人に対する愛を向ける時、そしてそれを具体的な行動ときちんと形に現わすことで可能となるのでしょう。

本当にありがたいことだと思います。

逆に自分のことばかり、自分の利益ばかりを考えて行動していると、負のエネルギーが循環して、益々自分を不幸にする可能性もあるわけです。

神社に参拝しても自分の利益ばかり祈る人は、いつしか御神徳も薄くなってしまいます。

時には自分のことだけでなく、利他の愛の祈りを行うことも必要だということです。

我欲を越えた祈りと行動が結果的に正のエネルギーを生みだし、自分を幸せにしてくれる元になることを覚えておくとよいでしょう。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR