FC2ブログ

新説・霊界ストーリー 【霊界探索-囚われの霊獄2】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


<前回までのおさらい>

囚われの霊獄にて霊人達に霊法の玉を授ける守護霊。

しかし、自らと真剣に向き合うことができない霊人達は、再び迷いの世界へと入ってゆく。

本当に彼らを救うことはできないのか?


<続き>

霊人達は相も変わらず、光を追い求めている。

一時の満足と苦しみからの解放を夢見て、さまよい続けていた。

その姿はまるで仏教でいう六道の一つである、餓鬼道をほうふつとさせるのであった。

仏説によれば、餓鬼道に落ちた餓鬼達は、常にお腹をすかせていて、満たされることはないという。

この霊界の霊人達も満たされることはないのであろうか。

私がそんなことを考えていると守護霊が語りかけてきました。

守護霊:「お前にこの世界を見せたのは絶望させるためではない」

天心:「でも、霊法の玉で救えないのなら絶望的じゃないですか?」

守護霊:「うむ、しかし年に一度、救済の機会が彼らにもある」

天心:「救済の機会?」

守護霊:「阿弥陀如来の慈悲によりて、大きな救済策が降ろされる」

天心:「それはどんなものなんですか」

守護霊:「現世では盂蘭盆会と呼ばれているものである」

天心:「ああ!お盆の供養のことですか?」

守護霊:「その通り。年に一度のこの時には阿弥陀如来と地蔵菩薩が決死の覚悟でおりきたりて、彼らに直接の霊法を授けるのだ」

天心:「そうなんですか!でも何で年に一度なんですか?」

守護霊:「それが限界なのだ。阿弥陀如来も地蔵菩薩も身を焼かれるような想いで降りてこられる。それほど、この霊界の波動は重いのだ」

天心:「でも、私もこの霊界の重さを今じっくりと味合わされていますが、なんとかなっています。どうしてそんなに仏様は苦しんでおられるのでしょうか。」

守護霊:「より深く霊達に働きかけるためには、より霊界に波長を会わせねばならぬ。我らは波長の表面的な部分を合わせているだけで、完全には合わせてはおらぬ。ゆえにあまり苦も大しては感じぬ。しかし、救済の如来や菩薩は、完全に近い形でこの霊界の波長と合わせねばならぬゆえに、業火に焼かれるがごとし苦痛を味わうのだ」

天心:「なるほど。それは大変そうですね(汗)」

守護霊:「慈悲の心があればこそ、できることだ。」

天心:「盂蘭盆会といえば、先祖供養ですが、これも何か意味があるのでしょうか」

守護霊:「現世の子孫にあたるものが、阿弥陀如来や地蔵菩薩に救済の懇願を発することで、救済は深く行われることになる」

天心:「お盆の時期に先祖供養をすることで、このような霊界の霊人達も救われる手助けをしているというわけなんですね」

守護霊:「しかしながら、許されているのは盂蘭盆会であり、日々これを行うのは誤りである。現世の修行がおろそかになるからである。」

天心:「現実での努力や学びが大事であるということですね」

救いようのない霊界だと少し悲観した気持ちをもっていた私は、これらの話を聞いて少しほっと致しました。

今は、まだお盆の時期ではありませんが、お盆の時期になったら、先祖供養をしようかと思いました。

きっと、私の先祖にもこの霊界に来てしまっている方もいらっしゃるかも知れません。

守護霊:「今回、お前にこの霊界で学ばせておきたいことが一つある」

天心:「何でしょうか?」

守護霊:「現世におけるお前の活動についてである」

天心:「はい・・」

守護霊:「真剣に向き合うためには代償が必要であることは伝えたな?」

天心:「はい。人は何かを差し出す気持ちを持たないと本気になれないということですよね?」

守護霊:「そうだ」

天心:「私も自分の得ばかりを考えずに、なるべく誠意を示す努力を続けたいと思います。こう見えても私は神社にはよく、まとまったお玉串を奉納したりしています。」

守護霊:「皆まで言わずともそれは知っている。それは良し」

天心:「他に何かすべきことがありますか?あれば取り入れてゆきたいと思います」

守護霊:「問題はお前と関わり合いを持っている者たちである」

天心:「私の関係者?誰のことでしょう。。」

守護霊:「ほとんど何も代償もなく、救われようとするもの達である。」

天心:「あまり思い当たるところはないのですが。。」

守護霊:「今にわかる。代償なく救われようとするもの達の心根は、この霊界と繋がることを覚えておくのだ」

天心:「わかりました。肝に銘じておきます」


守護霊が何を言いたかったのか。

今はまだ、はっきりとはわかりませんが、いずれ悟ることがあるのでしょう。

真剣に自己に向き合う姿勢がなければ、この霊界に引き込まれてしまう。

そんなことにはならないようにしたいものです。


・・・続く


☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-囚われの霊獄3】へ続く


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR