FC2ブログ

【2012年度】新しい鑑定体系のお話

予告通り、2012年の新しい方向性を受けての鑑定体系を発表してみたいと思います。

まず、基本は以下のURL記事を加筆修正致しましたので、ご覧頂ければと思います。

霊視鑑定について
霊視・霊感鑑定のルールの改定
鑑定種別について

上記記事を読めば鑑定取次のお申し込みについて、条件変更部分などの詳細がわかるようになっています。

ただ、記事も分散化されて、加筆修正という形を取ったためにちょっとわかりずらいのではないかという点もいなめません。

そこで、一応、今回の大きな変更点とその経緯について再度、纏めてお話させて頂ければと思います。

まず、大きくわかりましたのは、鑑定種別になります。

具体的に言いますと、まず三つに分かれていた鑑定種別の中で「霊障判定・簡易修祓」の取次を2012年度を持って一度休止とさせていただくことになりました。

この理由に致しましては、まず、霊障判定というものの持つ問題点にあります。

この取次は本来、簡易な霊障に悩まされる方に少しでも安心して頂くためにはじめた取次でありました。

しかしながら、お申し込みになられる方の八割方はなかなかの霊的な問題を抱えている方であることが多い事実に気がつかされました。

実際に簡単なお祓いとしての簡易修祓では対応できないケースもあり、中途半端な取次になってしまうことが多々ありました。

霊障を判定する際に審神(さにわ)を行うことになるわけですが、審神には原則があるのです。

それは、審神して霊障に光を当ててしまうかぎりには、必ず、その霊障を解決しなければならないというものです。

例えば、家に泥棒が侵入していると致しましょう。

たまたま、家主は寝ていて気付かないでいるという状況を考えてみましょう。

泥棒は様々、家の中を物色しながらも、寝ている住人を起こさないように静かに仕事?を済まそうとするはずです。

もちろん、寝静まっていれば、泥棒にやりたい放題にされてしまいますが、泥棒の侵入に気づいてしまったとしたらどうでしょう。

泥棒の姿を見たあなたは「ドロボー!!」っと叫ぶかも知れません。

でも、考えてみてください。

その後、泥棒だって見つかってしまって焦り始めます。

下手をしたら危害を加えてこないとも限りません。

きちんとした対応ができないならば、泥棒を見つけても下手な動きをするのは危険である場合もあるということです。

霊障も同じところがあります。

審神により光を当ててしまうと、自分の企みがばれることを嫌がり、暴れ出す可能性もあるのです。

ですから、審神をしたならば、必ず、なんらかの処置を行わなければならないという原則があるわけです。

よく、「あなたには祟りの霊が憑いている」とか言いっぱなしで、どうにも処置しない霊能者の方がいらっしゃいますが、それは、あまりにも無責任というものです。

せめて無害化するための方策を授けるか、何らかの施しをして対処すべきところです。

私としてはその対処として簡易修祓をセットで行っていたわけです。

しかし、霊障がハッキリしている方は、簡易修祓だけでは追いつかない場合もあり、私の方で黙って、浄霊をしていたこともありました。

ただこれだと、遠隔浄霊ほど正式ではないにせよ、変わらない取次を負担することになり、少し体力的にキツイ状態に追い込まれることもあります。

また、遠隔浄霊を正式に申込まれている方に対しても不公平な対応となってしまうため、このたびは、霊障判定・簡易修祓は休止にさせて頂くことになりました。

今後は、遠隔浄霊で霊障関連は纏めることになりますので、そちらの方で宜しくお願い致します。

さて、霊障判定・簡易修祓のお話が長引いてしまいましたが、次に大きな変更があったのは、守護霊アドバイスです。

具体的には、守護霊アドバイスを三段階に分けさせて頂きました。

これは、今までの鑑定ニーズや御相談内容の傾向を分析した結果、ある傾向が浮き彫りになってきてしまったことに理由があります。

同じ守護霊アドバイスでも、基本は守護霊のコメントとその解説を天心がするというスタンスではあるのですが、時折、お姿を知りたいという方もいらっしゃたりするので、その時にはお姿を解説してお伝えしたりしていました。

私は何の気なしに取次を行っていたのですが、守護霊からすると「軽率」であり「不公平」であるという指摘を受けたのです。

まず、本当に守護霊との交流を図り、真心をきわめて求める人以外にやたらと守護霊の姿を明かすべきではないというお叱りです。

また、お姿を知る人と知らぬ人との間に不公平が発生していることも問題であると指摘されました。

確かに気軽に伝えすぎたかもしれませんが、守護霊と仲良くなり交流を深めてゆく手段として、守護霊のお姿をお伝えすることは非常に有効なことでもあるのです。

そこで、その旨を守護霊に投げかけながら、どうすべきかお伺いを立てつつ決めたのがこの段階別にする鑑定種別の体系であるわけです。

守護霊のコメントと解説のみの場合は、今まで通りの条件とする代わり、もっと霊界を知り、守護霊との真剣な交流を求める方には、それなりの誠を示す代償となる基準を作らせて頂きました。

それは、一般の神社、仏閣にて行われているお祓いのお玉串金額の段階をヒントにして、ある程度、ご寄付金額の基準を設けるという形になりました。

これは、本気で求めるならば、それなりの真心と誠を現わすことが条件であるという守護霊のお諭しにもよります。

本来はあまり杓子定規な基準を作りたくないのですが、「軽率」「不公平」にならないためにも、このような対応とさせていただくことになりました。

御理解頂けると嬉しく思います。

それから、天命・過去世調査も三つの段階に分けさせて頂きました。

理由は守護霊アドバイスと同様でありますが、基本は天命を伝えるところにあり、過去世はさらに探求心がある方だけお伝えすればよいという守護霊からの御指摘から天命のみと過去世付きの鑑定、それから、親、兄弟、友人、恋人等との過去世での繋がりを調査する取次の三段階とさせて頂いています。

詳しくは上記の記事をご参照ください。


最後にご寄付についてお話させて頂きたいと思います。

過去にも何度かお話させて頂いておりますが、ご寄付とはビジネスライクな料金としてやり取りされるお金のことをいうのではありません。

守護霊や神仏に対する真心とそれから自分の魂の向上に向き合うための意気込みがあって、はじめて意味のあるご寄付となるものです。

単なる料金を支払うという気持ちは、ビジネスライクな重い気を私も受けてしまいますし、神仏への真心の取次が困難になってしまいます。

ある程度、ご寄付の基準を設けさせて頂きましたが、どのように鑑定体系が変わろうとも、その原則は永遠に変わらないところであります。

ですから、まずはその点はお忘れなきようお願い致したく思います。

また、ご寄付をされる方にお願いがございます。

様々な方からのご寄付の御入金を独りで確認を取りこなしています。

混乱をさけて御入金の確認をスムーズにさせて頂くためにも以下のガイドラインをお願いしたいと思います。

・御入金は取次完了メールの到着後5日以内(土日祝日除く)にして頂けると助かります。これは絶対的なお願いとは言いませんが、あまりにも長い期間を置かれてしまいますと、確認漏れなどが発生する可能性が高いので、あくまで一つの基準として受け止めて頂ければと思います。(強制とかではありませんが、あくまでお願いです)
また、御入金が随分先になりそうな場合はあらかじめお知らせ頂けるとありがたく思います。


・御入金がお済になった場合は、メールにて一方頂けるとありがたく思います。また振り込み名が鑑定時の名前と一致しない方の場合は、振り込み名も記載して頂けると確認がスムーズに行えます。

・ご寄付は、一つの鑑定種別の中で1件の取次に対して御奉納頂くようにお願い致します。時折、複数件を一時に納めてしまわれる方がいらっしゃいます。
本来は事を分けて守護霊や神仏に取次をお願いするのが筋となっています。
しかし、どうしても一括にしたい場合は、お手数ですがどの取次に対するものがどれだけのご寄付に該当するのかをお伝え頂ければと思います。(一口あたりの金額を提示して頂くということも可能です)
これも毎回、きちんと事を分けてご寄付を納めておられる方との条件的な差異がないようにとの守護霊のお諭しによるところでもあります。


以上、を持って新しい方向性に基ずく鑑定体系の発表とさせていただきたいと思います。



天心 拝


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

今年もよろしくお願いします(・∀・)

天心さん(*^-^*)昨年はアドバイス、取り次ぎをありがとうございました(^^)
あれから、状況は好転をし続けています。お膳立てが整いはじめ、精神的にも強く、向き合えるようになってきました。
今年の抱負は、人混みをおそれないこと!です!
浅草寺に詣ったときに意識が乱れ、まだまだと感じながらも「雑念に負けない(・∀・)」と気合いを入れたくなりました。
活気のある場所なんですねっ
人混みに負けない図太さを養います☆
言霊の修行、心がけています。
いつもどうも有り難うございます。今年も良き年になりますように。
またよろしくお願いします!!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR