FC2ブログ

守護霊への祈り方

コメント欄にてご質問を頂きました。

本来は質疑応答募集時において回答するという方針ではありますが、ご質問頂いた内容が読者共通の回答となりえると判断したため、今回はイレギュラーではありますが、回答してみたいと思います。

質問内容としては、守護霊様へのお祈りの際に声に出してお祈りすべきか、それとも無言で心で語りかければよいかという趣旨の内容でありました。

もしかしたら、以前の記事で回答となるようなお話をしていたかも知れませんが、今回、改めてお祈りの方法について少しお話してみたいと思います。

守護霊に限らず神仏にお祈りする際も実際に祈りの言葉をどのように扱うかについては、三つのパターンがあります。

一つは、無言のうちに思念にて伝えるパターン。

二つ目は、言葉に出すけれど、つぶやくように、囁くように小声で祈り言葉を口にするパターン。

最後は、しっかりと言葉に出して奏上するパターンです。

このうち守護霊様に日々お祈りする際にはどのパターンが当てはまるかと言いますと二つ目のパターンです。

これは神仏に祈りをささげる際も基本は二つ目の言葉に出すけれど、つぶやくように囁くように祈り言葉を口にするが最もお祈りで多く使われる方法です。

このパターンは、まず、守護霊にしても神仏にしても、言霊の力が霊力に転嫁されるという法則があるからです。

ですから、一つ目の無言のうちに思念にて伝えるパターンよりもより、守護霊に伝わりやすくなるのです。

無言で語りかけても、守護霊に伝わらないことはないのですが、問題点として、無言による語りかけは非常に雑念が湧きやすく、守護霊に向ける意識がぼやけやすいという難点があります。

なので、二つ目のつぶやき祈りが一番、内的な祈りをする場合には優れています。

もちろん、口に出さない方が良い秘伝の祈りというパターンもあるので、その場合は無言の祈りをする場合もあります。

ケースバイケースなので、あくまで基本は二つ目だということを覚えておくとよいでしょう。

三つ目のはっきりと祈り言葉を奏上するパターンについては、例えば、神主さんの祝詞奏上やお坊さんの読経をする時の祈りに該当しますね。

この三つ目のお祈りは、外に向かって霊力を転化してゆく時、私の場合ですと取次をして取次対象者に対して何らかの霊力転化を行う際には、このパターンになります。

しかし、三つめのパターンは、言霊をはっきりと口にしてお祈りするため、言霊という音声に囚われてしまう可能性の高い祈りなのです。

祈りとは本来は真心をきわめてその愛の念が霊波動となって神霊に届くメカニズムを言います。

形だけどんなに麗しく祝詞を奏上しても、どれだけ有難い経典を読みあげたとしても、そのメカニズムを無視して祈りは成り立ちません。

ここが非常に誤解されやすいポイントでもあります。

このことから、特別、取次などの方法で声を出して奏上する必要性のあるケース以外には、二つ目のつぶやき祈りが一番有効であり優れたお祈りの方法であると言えるでしょう。

言霊に出してもつぶやき、ささやき声だけだと言霊に囚われることは少なくなりますし、また、傍から観ても、やたらと大声で祈るよりもシンプルで清楚な感じに見えることでしょう(笑)

ですから、まずは二つ目のつぶやき、ささやき祈りが基本だということです。

ご質問者ならびに読者様の参考になれば幸いです。


天心 拝


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

天心さん、こんばんは。
今日もとてもいいお話でした。
よくわかりました。


>形だけどんなに麗しく祝詞を奏上しても

私の周りにも、こんな人がいます。
自分はいかにも慈悲のある人間だと言いたそうで、
おおきな声でお参りしていきます。
でも、心が伴っていないことがわかってしまうんですよね・・。


昨日のお話もとてもありがたかったです。
毎日、お話を楽しみにしています^^
ありがとうございます。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR