FC2ブログ

難題こそ人生の妙味

人生は順風満帆で進む時期もありますが、必ず、難題にぶつかることがあります。

人は、難題にぶつかることを壁にあたるなどと表現して、あたかも不運であるかのように嘆くことが多いように感じます。

確かに気持ち良くスイスイと進めていく道は軽やかで楽しいことかも知れません。

しかし、全く、摩擦のない人生というのは、同時にどこかさびしいものです。

美しい宝石も元々は原石があり、原石の時は光などほとんどなく美しくもなんともない状態であることが多いはずです。

多くの不純物を含み、デコボコして表面もざらざらです。

でも、山から雨で流され川に流れ勢いよく流れる水の流れに運ばれてあちこちの岩や砂などとぶつかり、段々と丸みを帯びてきます。

そして、さらに、その原石を火花を散らすようなカッターで削られて美しい宝石の形にカットされるわけです。

摩擦があり、火花の散るような研磨があればこそ、ただの石ころは宝石と呼ばれるものになるのですね。

人生に起こりうる難題とはまさに原石が宝石となるための摩擦に他なりません。

難題とは何かというと自分のレベルを越えた事象であり、自分にとって未知なることなのです。

レベルを越えているし、未知なることなので、もちろん不安はあるはずです。

どうしたらいいのかもわからないはずです。

でも、それでいいのです。

そういうどうしたらいいのかもわからないような事態こそが、自分の魂を磨くための大事な摩擦なのです。

人は摩擦を嫌がり難題を避けようとします。

もちろん、あえて難題の方に行く必要はないかもしれませんが、それでも、本来は難題とは自分に不足する要素を授かるチャンスでもあります。

優しいことばかりを求めれば、それは、楽かも知れませんが、魂が磨かれることはないのです。

そして、楽な道ばかりを選んでいるとそのうち楽な道が苦に感じるようになります。

楽が極まれば苦が待っているのですね。

逆に苦を究めれば、すなわち自分のレベルが上がり、苦は苦でなくなり楽へと転ずるわけです。

この法則を踏まえておくと、難題に遭遇した時の心構えとなるかもしれません。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

本当にそうですね…。
壁にぶつかる度、この事を思い出そうと思います。ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR