FC2ブログ

熟成するための時間

少し季節はずれな話題になりますが、皆さん、自宅で梅酒を作られたことはありますでしょうか。

まだ青くて固い梅の実を瓶に詰めて氷砂糖と焼酎で漬け込み、待つこと数カ月。

梅の実が柔らかくなりエキスが焼酎と調和する時、ほんのり梅の香りが漂う美味しい梅酒ができあがりますよね。

美味しい梅酒を作るコツはこの熟成させるのにしっかりと根気よく時間をかけることにあるかと思います。

私が学生時代にとある事務所でアルバイトをしていた時のことです。

その事務所の所長さんのお知り合いの方から梅酒のビン詰めを事務所の皆様にということで頂いたことがあったのです。

差し入れですね。

その事務所の所長さんは大変お酒が好きな方で(笑)、それを知っているから、自家制梅酒を持ってきてくれたわけです。

ただ、その梅酒、まだ熟成が途中なので、しばらくの間はふたを開けずに、熟成してから召しあがって欲しいとことづけられていました。

まだ、つけ込んで日が浅かったわけです。

しかし、お酒大好きな所長さんはそれが待てずに、その日のうちに開けてしまいました(笑)

夕方になり仕事も終わり、事務所を締めて、その日はアルバイトや社員さんも含めての梅酒による宴会状態になったのです。(笑)

私もその時はご相伴にあずかり(というかこの所長さんのお酒の御誘いは当時とても断り辛いところがあって、それほど、酒に強いわけではない私も梅酒ならと参加したのです)、梅酒を飲んでの酒宴に参加することになりました。

さて、一口、梅酒をすすると、なんとも苦い味がします。

正確には苦くて甘い、表現にこまる味なのです。

所長さんはともかく、お酒が飲めて上機嫌でしたが、私は、その梅酒の中途半端ななりかけ酒を無理やり飲み込みながら、内心、「これは本当に梅酒なのか。。?」と(笑)、ちょっと気持ち悪くなるのを我慢しながら宴会をやり過ごしたのを覚えています。

さて、梅酒の作り方はとても単純ですし、特別に技術がいるわけではないでしょう。

レシピを理解して作り方を間違えなければ、ほぼ、誰にでも作れるはずです。

でも、本当の美味しい梅酒を作り上げるためには、熟成のための時間が必要なわけです。

梅酒にかぎらず、人生においても何かを作り上げようとか、事を為そうと思う気持ちが誰にでもあると思います。

そんな時、人はついつい急いでしまいたくなるものです。

時間をかけるべき時に、その時間を縮めたいと考えてしまうのですね。

しかし、時間というものは必ずしもショートカットすればよいというものではないのですね。

時間というものそのものが、私達の人生を熟成させ、志をほんのり香る麗しい梅酒のようなものにしたててくれることがあるわけです。

ですから、時間というものはよくよく考えて活用することが大事かなと思います。

スピード社会と言われていますが、なんでも早ければ良いわけではないのですね。

自分の人生を味わい深いものにしていくためには、時間をかけてゆっくり醸成していくことも大切だということを知ることは意外に重要なことではないでしょうか。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR