FC2ブログ

浄霊について

こんにちは!

天心です。

今回のテーマは浄霊ということについてお話したいと思います。

巷の宗教や霊能者もよくこの言葉を使いますので、まず、私の言うところの浄霊について定義させて頂きます。

簡単に言ってしまえば、魂についた汚れを取り去ること全般を意味していますが、その中でも、とりわけ霊障となって現れている部分を取り除くことを浄霊と定義しています。

基本的に霊障はあまり意識しない方がよいと再三とお話させて頂いておりますが、どうしても意識せざるを得ない状況になることがあります。

私自身も時々、神社、仏閣などに詣でると、近辺にさ迷う様々な霊障を受けてしまうことがあります。

通常は、気にしないスタンスを維持するのですが、あまりにもしつこく、また苦しみがなくならない場合は、浄霊に踏み切ります。

巷の霊能者や宗教家の方は、念力で追い払ったり、霊を縛りつけたりすることが多いのですが、私の場合は、霊を説得して離れてもらい、最終的には霊界に送り返します。

霊といっても人霊の場合は、人間としての感情も思考も持っているので、邪険に追っ払おうとすると余計に感情的になってつきまとわれてしまうことがあります。

人間もそうですよね。

あまりにひどい仕打ちをされると逆上したり、余計につきまとわれてしまうことがありますよね。

同じなんです。

だから、相手が人霊の場合は、霊界の法則や世界を言ってきかせたり、自らが現世の存在でないことも教えてあげる必要もあります。

しかし、やはり霊になってこの世に止まるということは、必ず理由があるものです。

その理由を解決して、納得してもらわなければ、中々、離れてくれませんし、霊界に帰ってくれなかったりするわけです。

にこやかに説得するだけではダメなんですね。

例えば、痛くて苦しい思いをして亡くなられた方の霊体は傷ついていることが多いので、これを癒してあげる必要があります。

自分の行くべき霊界がわからないでさ迷っている霊には、逝くべき霊界へとアテンドしてくれる存在をつけてあげる必要もあるのです。

こうしたことは、人間の念力だけでは不可能です。

念力でできるのは、精々、追っ払うかどこかに封じてしまうくらいのものです。

しかし、繰り返しになりますが、追っ払ったり封じたりすれば、された霊は非常に頭にきます。

当然ですよね?

助けて欲しいと思って近づいたら、暴力的な行為で追い払われたり、とごかに閉じ込められたりしたら、生きている人間だって、頭にきます。

これと全く同じなんです。

だから、やたらと霊を刺激するような霊術や法術をかけたりするのは、危険な場合もあるのです。

最近は、誰でもインターネットを使えば、これらの霊術や法術を知ることができるようになってしまいました。

そのため、安易に試したり、使ったりする人も増えているように思えます。

よくわかって利用しているのであれば、問題はないのですが、これらのことを踏まえずに安易に利用するのはやめておいたほうが無難であるといえるでしょう。

霊障の基本は意識を向けない。

これがまずは一番です。

例えば、街で知らない怪しげな人に声をかけられたとします。

「なんですか!?」「わたしに関わらないでください!」

なんて声を荒げて追い払おうとすれば、相手は、逆上して益々、因縁をつけてくるかも知れません。

しかし、あくまで無視して通り過ぎてしまえば、相手も声をかけても仕方ないと悟りますから、自然と離れてゆくというわけです。

これが基本です。

でも、この方法が通じないケースも実はあります。

その一つは、縁のある霊が障りを起こしている場合です。

下部霊界に所属している先祖霊などが一つの例です。

あまりに環境が劣悪な霊界に属している先祖霊は、時として、子孫を頼ってSOSを発してくる可能性があります。

その場合には、無視し続けてもなかなか離れていかないことが多いのです。

例えるならば、道で親戚に出会ってしまったとします。

その親戚は沢山、借金もかかえて、ヤクザみたいな生活をしています。

できれば関わりたくないのですが、偶然にも道でばったり出くわしてしまったというわけです。

この場合、無視し続けても相手は離れてゆきません。

なぜなら、親戚であるわけです。

知っている仲なので、そう簡単にあきらめたりはしないですよね?

しつこく付きまとわれることは、どうしても避けられないのです。

これが基本、無視して意識を向けないというスタンスの限界点であるのです。

そういう場合は、年一度の盂蘭盆会の供養をしっかりとしてあげるか、浄霊をして霊界の環境を少し向上させてあげる必要があるのです。

具体的には、上部霊界の神霊を取り次いで、上の霊界へ移動できるように取り計らっていく必要があるわけです。

間違っても念力で追い払ったり、先祖を封じ込めようなんて思ってはいけません。

ご先祖様は、子孫に対しては基本的にプライドが高いのです。

おしめを取り換え、苦労して育ててきた子供に偉そうに説教されてもなかなか素直にいうことを聞けないことがありますよね。

それは親は子供に対して、どうしても上から目線になってしまう傾向があるからです。

もちろん、全ての人がそうだというわけではないでしょう。

でも、得てしてエゴが強い人は、こうなってしまう傾向があります。

下部霊界に属してしまうようなご先祖様も同じで、子孫に対して上から目線なのです。(汗)

なので、邪険に扱われた日には、ものすごい暴れるわけですね(笑)

ご先祖がきちんと祀れていない家庭は色々とゴタゴタが多いと言われたりしていますが、それはこういった背景に理由があるのです。

だから、ご先祖様に対しては、真心をこめて先祖供養をするか、浄霊によって霊界移動を行って頂くしかないでしょう。

昨今は、段々とこの浄霊の考え方を持つ人が増えてはきたと思いますが、昔ながらの霊能者は、未だ、念力で追っ払う方法を行っている場合もあるので注意が必要でしょう。

霊といえど、元は人間です。

真心と愛と慈悲の心がなければ、問題は解決しないのです。


・・・続く


☆浄霊について その2へ続く


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR