FC2ブログ

【呪縛観念シリーズ】呪縛観念とは何か

文字色多かれ少なかれ人は【呪縛観念(じゅばくかんねん)】を抱えて生きています。

のっけから、ちょっとオドロオドロシイ感じのする表現を使い恐縮ですが、どうしてもこの【呪縛観念】についてお話していかないと問題の解決にたどり着けないことが多いので、今回は新たなシリーズとしてお話をしていきたいと思います。

そもそも【呪縛観念】とはなんぞやということになりますが、まず【呪縛】から考えてみましょう。

【呪縛】とは【呪い】という言葉と【縛る】という言葉で構成されています。

【呪い】というのは、なんだか恐ろしげに聞こえるかもしれませんが、ここでは「ある種の意図」を実現させる働きかけであると定義致します。

働きかけといってもそれは「意識的」なものと「無意識的」なものがあります。

「意識的」なものは、いわゆる呪詛(じゅそ)などを行い、人をあるいは物事を意図にしたがわせようとすることを言います。

「無意識的」なものとは、文字通り、呪詛を行うなどの意識的行為をせずに知らぬ間に【呪い】を実行に移してしまっていることにあります。

この【呪縛観念シリーズ】では主には「無意識的」なものに焦点を当てていくつもりです。

さて【呪い】がある種の意図であるとするならば【縛る】は文字通り、【呪い】によって縛りあげて動けなくさせてしまうことを意味しています。

つまり【呪縛】とは【呪い】による意図によって【縛る】ことをいうわけです。

さて、次は【観念】についてです。

【観念】は、心の中にあるものの見方の偏りや形を意味しています。

偏りというと悪いことのように思えるかも知れませんが、心の中にある偏りや形というものは、ある意味私達が日常生活を送る上で、あるいは社会的な活動をしていく上で必要である場合があります。

どのようなものが必要な【観念】であるといえるかというと一番わかりやすのは社会常識などがあります。

私達は日々の生活を送る上で様々な人との交流や集団行動を行う必要があります。

その中では、常識やマナーといったある程度のお約束(観念)があるわけです。

ここを逸脱してしまうと秩序は崩壊し、皆、安心して暮らし難くなってしまいます。

だから、【観念】とは、私達に秩序をもたらせてくれるものでもあるわけです。

しかし、一方では、【観念】は私達の自由な魂の活動を阻害する要因にもなります。

例えば、偉大な芸術を生み出すためには、常識的でさえあればよいというわけではありません。

いつだって新しい息吹は、常識を越えたところから発想されることが多いわけです。

芸術化が只管、常識を追求しないとダメなんだ!と思いこんでしまっていたとすればそれは、本人にとってマイナスになる可能性があるわけです。

このようにマイナスに向かわせる作用を持つ【観念】を【呪縛観念】と呼びます。

【呪縛観念】はわかりやすいものから、知らず知らずに潜んでいるものまで多岐にわたって存在しています。

その中で、今後、多くのケースで見られるような【呪縛観念】についてお話していけたらと思っています。

そして、ブログを読んで頂くことで【呪縛】から解放される方がおられますことを願って取り組んでいきたいと思います。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR