FC2ブログ

【呪縛観念シリーズ】統計という罠

人が何かを判断し決断をする時によりどころとなっているものに統計的なデータというものがあります。

例えば行列のできるラーメン屋さん。

沢山の人が「ここはうまい!」「チャーシューが最高!」なんていうコメントを寄せて、それを統計してテレビや雑誌で宣伝を行えば、大抵の人は「きっと美味しいのだろうな」という感想を持つはずです。

あるいは、ダイエットサプリ等で「97%の人が何らかの効果を実感!」なんて言う具合に定量的に言われると誰しも「すごいな!」と思ってしまうわけです。

だからこそ巷には統計データを基にした様々な宣伝があふれているわけです。

もちろん、事実に基ずく統計データであれば、それを参考にすることも一つの判断基準にはなりえるといえるでしょう。

実際に効果があったという報告が沢山あるならば、それは一つの根拠にもなりえるわけですね。

しかし、ここにも実は呪縛観念が潜んでいます。

そもそも、統計データをもとに物事の確からしさを判断していくのは、「帰納法」という思考法に準拠した考え方であるといえます。

帰納法とは、複数の事実を集めていき、その複数の事実から共通する真理を導きだそうとする考え方であります。

沢山の真実の中から現れる共通の真理や法則であるならば、間違いはないだろうということで、統計的に確率が高いものは真理に近いという見方もできると思います。

しかし、この考え方には一つの重要な欠落があります。

それは共通法則はあくまで原理原則であり、個人差を考慮しないという点です。

わかりやすくいえば、たとえ、100人の人間に試してみて効果があったダイエットサプリメントであったとしても、肝心の自分自身に効果があるのかどうなのかは、全く別問題ということです。

もともと、その100人というサンプリングに参加した人も、募集した条件や地域や個人的な体質などもある程度前提があり、必ず偏りがあるものです。

都心部でサンプリングした100人と地方での100人は同じではないかも知れません。

突き詰めて考えてゆくと、統計的な真実とは、あくまでも前提に基ずく真実であり、自分にとっては真実である可能性に過ぎないということがいえるでしょう。

時として私達は高確率ならば、真理に近いのではないか、失敗する可能性が低くなるのではないかと考えてしまいます。

確かにそうなるかも知れません。

しかし、必ずしもそうとはかぎらない。

それが統計の正体でもあるのです。

もちろん、統計は無意味、間違いであるなんていうつもりはありません。

一つの判断材料として参考にするのは有意義なことではあるでしょう。

ただ、世の中のものを見ているとこの統計データによって、皆が右往左往してしまっているのではないかなと思ってしまうのです。

誤解を怖れずにいえば、統計データさえ集まってしまえば、自分にとって真実かどうかは吟味されずに、そのまま真実として受け入れてしまう。

そんな土壌が世の中にはできつつあるのかなと感じるのです。

人は帰属欲求というものがあり、大多数による意見に迎合したいと思ってしまう傾向もあります。

少数派に属しているとなんだか、落ち着かなかったり、自分が間違っているのかな?と感じてしまうことがあるものです。

しかし、もう一度繰り返しますが、大多数の意見が、自分にとっての真理であるとはかぎらないのです。

ここでも主体性というキーワードが重要になってきます。

例えば大多数が会社勤めをし、大多数が結婚して、そして多くが子供を育てて、マンションや持ち家を購入し、老後は年金で暮らすというデータがあったとします。(あくまで例え話です。実際の統計データではありません)

この大多数の人生路線を外れた時に人は苦悩したり、自分が間違っているのではないかと葛藤したりする場合があります。

これこそ、呪縛観念に主体性となる自由意思を縛りあげられている瞬間でもあります。

人生は様々あってよいはずです。

何が良い人生で何に幸福を感じるのかは本来は、自分自身にかかっているはずです。

にもかかわらず、統計的な呪縛に囚われていると他の大多数と異なるという点で、自分を苦しめてしまうことになるのです。

ですから、まず、統計的大多数は自分にとっての真理とは限らないということを自覚していくことが呪縛をはずすキッカケとなってゆくことでしょう。

さて、統計的な事柄から自分の意志決定をする発想から離れたならば、今度は何に基づいて意志決定をしていくのが良いのでしょうか。

それは、自分の中からわきいずる直感に従うということです。

直感というと非常にあてずっぽう的な印象があり、統計データのように客観的な事実に基ずかないので、いい加減なものだと思われがちです。

しかしながら、直感とは、自分の魂の発露であるのです。

本当に自分がしたいこと、天命として持って生まれたテーマを生きるために何が必要なのかを教えてくれている場合も多いのです。

もちろん、ネガティブな気持になっていたり、穢れが多い時の直感は、不幸な方向へミスリードしてしまう可能性は否定しません。

しかし、だからこそ、スピリチュアルなことを学ぶ人にとっては、自分の魂を清めて、常に正しい自分の直感を見極めて、そしてゆだねていくことがもっとも自分に当てはまる真理に近づくことになるはずです。

統計という呪縛を脱して、自分の魂の声に耳を傾けて生きてゆく。

このことをお勧めしたいと思っています。



◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR