浄霊について その2

前回は、浄霊についての定義から始まり、浄霊がどのような時に必要になってくるのかについても少し詳しくお話させて頂きました。

☆前回記事、「浄霊について」 はコチラをクリック!

要約しますと自分とはあまり縁のない、無縁仏さんは、あまり意識を向けないという方法で切り抜けることができるけれど、ご先祖様のようなご縁のある霊の場合は、なかなか意識を向けないとうスタンスでは難しいということでありました。

なので、下部霊界に属するご先祖様に対しては、年に一度の盂蘭盆会を行うか、浄霊が必要になってくるわけです。

ただ、浄霊が必要なのは、必ずしもご先祖様だけとは、限りません。

赤の他人の霊でも、なかなか離れてくれない場合があります。

それは、例えば、あなたのご先祖にゆかりのある霊などがあります。

ご先祖様に生前、何らかの因縁があり、恨んでいたりする怨念祟りの霊などがあります。

これは、そうとうタチが悪い霊です。

なぜなら、他の霊は、単にSOSを発しているだけの存在であることが多いのですが、この怨念祟りの霊は、積極的に実害を加えようとする存在だからです。

何せ、恨みつらみがあり霊界へ旅立つことができません。

その恨みを買った張本人の先祖も今やどこかの霊界に旅立っていて復讐することもできません。

そんな時には、子孫に対して、八つ当たりをするわけです。

こういう霊も浄霊をして、霊界へ送る必要があります。

ただ、一筋なわではゆきません。

考えてもみてください。

現実的にも無茶苦茶、怒り狂っている人を説得して、心を変えてもらうのは大変なことです。

むしろ、逆上して、襲ってくる可能性もあるのです。

だから、私もこの存在には、迂闊に手をだせないため、あまり触れないことにしています。

ただ、どうしてもの場合は覚悟を決めますが(汗)

そんなわけで、浄霊についてお話をしてきました。

実際、浄霊を行うと今までうまくできなかったことができるようになったり、暗い性格が明るい性格に一変したりすることがあるみたいです。

もちろん、人によって異なるようではありますが。

しかし、通常は明るく前向きに生きていれば、運も良くなるし、段々と人生も上向き加減になってくるものです。

あまり霊障を気にし過ぎるのはやっぱりよくない結果につながるのは間違いありません。

どうしても、早い段階で開運したい、少しでも軽くなりたいという方には浄霊も効果を発揮して生きてくるのではないでしょうか。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR