FC2ブログ

江ノ島の龍神

以前、ブログで龍神についてお話させて頂いたことがありました。

いくつかに分類をさせて頂き、龍神の働きや役割、特質などをお話いたしました。

龍神の多くは自然龍であり、自然の中に鎮まっておられることが多いのが特徴です。

特に多いのが、岩壁や海、湖といったところです。

先日、江ノ島神社を参拝させて頂いた際に、渡り船を使って海を横断して岩屋洞窟まで参籠(さんろう)させて頂いたことがあります。

その際に江ノ島の海原には○○○海龍王という龍神様がいらっしゃいました。

江ノ島一帯の海でご活動をされている龍神様で本当にスカッとしたのびのびとした波動を持つ自然龍です。

海は水気が多いので、自然龍も動きやすいのでしょうか。

本当にアクティブに動いていらっしゃいました。

さて、江ノ島神社についての以前しましたが、江ノ島には神社発祥の地といわれている岩屋洞窟と呼ばれる場所があります。

実に歴史も深く、昔から参籠して祈願をする人が多くいたようです。

岩屋洞窟は第一岩屋第二岩屋に分かれています。

最初は第一岩屋に進みます。

洞窟の中は神秘的な空気につつまれていて、外の神社とはまた違った意味で異空間を現わしています。

この岩屋洞窟でも○○○○龍神様がいらっしゃり、洞窟の神秘性に一役買っているようです。

ただ、現在は少し洞窟内は人工物が増えているため少し神気を損なっている部分があり、この龍神様はいつまでここに鎮まっていられるかはわからないそうです。

天然のものであるからこそ、自然龍は息づくことができるのですが、人工物が増えると居場所がなくなって龍体を維持できなくなってくるとのことです。

どうしても江ノ島という土地柄、観光地でもあり、ある程度、整備しないと人を迎え入れられないので仕方のないところではありますが、岩屋洞窟の神気を失ってしまうのは、ちょっと寂しい気がいたします。

洞窟内は薄暗いので、蝋燭一本の灯篭を貸して頂くことができます。

蝋燭の灯を頼りに洞窟内を進んでいくと二股に道が分かれています。

中央には八臂弁財天(はっぴべんざいてん)の石造が祀られています。

他にも白蛇神の石造だとか弘法大師の像、色々とあります。

昔、参籠した祈願者が奉納したもので、本当に多くの像がたたずんでいます。

中には、あまりにも古いので顔が欠けてしまって、何の像なのか判別不能なものもあります。(笑)

左側の道を進むと富士山に繋がっていると言い伝えがある洞穴に行き当たります。

そこには日蓮が寝るのに使ったとされる石座があります。

日蓮が本当に使ったのかどうかはわかりませんが、その場所には非常に濃い神気が凝結しているのを感じます。

右側をゆくと神社発祥の地とされる同じく洞穴にたどり着きます。

こちらもまた凄い気です。

観光客でにぎわうところではあるので、なかなか繊細な気を感じるのは難しいところではあるのですが、午前中の早い段階でいけば、ゆっくりとお参りできるのでお勧めです。

色々と秘密のある江ノ島という神域ではありますが、多くはブログでは語れないのです、いつか別の機会にFGSなどで発表できればと考えています。(いつになることやら。。)

ともかく、江ノ島に来ましたら、一度は参籠することをお勧めします。

ちなみにもう一つの第二の岩屋洞窟はあまり神気は残っていない状況で、10年くらい前に行った時ほどは、あまり濃い気は感じませんでした。

さて、ちょっと話が龍神からそれましたが、江ノ島での龍神伝説といえば、五頭龍(ごずりゅう)天女の物語があります。

簡単なストーリーをご紹介すれば、江ノ島の海で滅茶苦茶暴れまくっていた五頭龍が、天女に恋をするというお話です。

天女に龍はプロポーズするのですが、天女は、あまりにも傍若無人にふるまい、江ノ島に住む民を苦しめているその行いをとがめて、申し出を拒絶します。

ショックを受けた龍は、改心して、民のために力を使い、民を守る龍神となりました。

改心した龍を見た天女は龍のプロポーズを受けて結婚するというようなお話です。

この五頭龍にも秘密があるのですが、これもまたいつか、時が来たらお話してみたいと思います。

しかし、本当に江ノ島にはいろんな龍神様がいらっしゃいます。

それだけ霊力も強い神域であるといえますね。

龍神様だけを慕ってもだめなんですが、江ノ島神社の神様を中心にお参りしていれば、龍神様も陰で力添えをしてくださるはずです。

江ノ島の地は、何度でも来たくなる、そんな気に満ちていました。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR