プライスレスな宝とは

あなたは何かを行動に移そうとする時、何を基準に考えますか?

おそらく何らかのメリットがあるかどうかで行動するかしないかを決めているのではないでしょうか。

もちろん、何のメリットもないことを率先して行動に移すことは、なかなかしないことです。

何かしかの益を感じるからこそ、実行に移そうと心みるのでありますから、メリットのないことを率先してやりましょうなんてことを言うつもりはありません。

ただ、そのメリットと感じていることに少し注目して頂きたいなという想いがあります。

得てして人は、メリットというと大抵は金銭的なものをまずはじめに考えます。

それはお金になるのか?という発想です。

次に考えるのは、自分にとって直接的に得になるようなことなのかということです。

何か無償でもらえたり、自分が得したと思えることで、金銭的に換算すると価値があるとみなされるものを得られた時にメリットを感じることが多いのではないでしょうか。

もちろん、これらメリットを得ることは悪いことではないのですが、このような目先の特に金銭というもので全ての尺度を図ってしまう癖をつけてしまうと人生はとてもつまらないものになり、人生を歩む意義が薄れてしまいます。

お仕事をしてみても、「給料が高い」とか「福祉厚生がしっかりしている」とかそういう点ばかりが気になって、肝心の仕事に対する情熱とかやりがいに意識が向かなくなると、仕事もしなければならない義務のようなものになってつまらなくなります。

人間関係においても、「これはつきあいだから」といって義務感で遊びにいきますと気を使い疲れるばかりで、面白くなかったりしますよね。

いつしか、人はメリットをお金に置き換えて考える癖をつけるようになってしまいました。

本当に人間が豊かに生きるためには、目先のメリットや金銭的な価値の基準を越えて、見ていくことができなければ難しいかと思います。

それは別な言い方をすれば、「プライスレスな宝」に目を向けていく必要があるということです。

例えば、芸術は心と感性を豊かにしてくれます。

音楽のコンサートなどにいきますと、座席が場所に応じてランクづけされています。

一番後ろは一番安い料金で、舞台に近づくほど金銭的には高くなります。

いわゆるS席とか特別席と呼ばれる場所は非常にお高いわけです。(笑)

ここで、あなたならばどう思うでしょうか。

「どこで聴いたって音楽なんて変わらんでしょ?安い場所で十分」と考えるでしょうか。

確かにそれほど、こだわりがなかったり、経済的な事情もあることなので、こういう判断も間違っているわけではありません。

しかし、本当の意味で芸術作品を心から味わおうと思ったら、本当に良い席で聞いた方が良いのです。

臨場感が違いますし、心に響くものが違ってくるからです。

さて、ここで、ある程度お金には余裕があることを前提として考えた場合にどのような選択をするかによって、自分の価値観が目先に向いているのか、プライスレスな宝に向いているのかがわかります。

もしここで、「音楽にお金を支払ってもお金が儲かるわけじゃない」と考えて安い席にするようならば、金銭的価値基準にとらわれているといわざるを得ないでしょう。

このようなことを言うと「何があるのかわからない世の中だし、お金は節約したほうがよいではないか?」というご意見が出てくることでしょう。

確かに、やたらと散財するのは賢い選択とは言えません。

しかし、私達の人生を豊かにしてくれるのは決してお金ではないのです。

私達の心根を豊にする以外に人生を豊かにすることはできないのです。

それでもやはり反論は出てくることが予想されます。

「いや、お金がなければ欲しいものだって買えないではないか」と言う意見があるでしょう。

ごもっともなご意見です。

しかし、お金というものは、持っているだけで人を豊かにしてくれるものではありません。

自分を豊かにするために正しいお金の使い方をすることが、結果的に豊な人生を手に入れることに寄与するわけです。

戦々恐々として、将来の不安をお金で紛らわそうとしたり、お金さえあれば幸せと思いこんでしまうとお金を得よう得ようという方向に動いてしまいます。

逆説的にいえば、お金を得たければ自分自身がお金を引き寄せられるだけの魅力や実力、能力を培うことが一番のポイントになるわけですが、そういった要素は、目先の金銭的な価値で計れるものの中にはなかったりするのです。

例えば、学問にしても、直接はお金には関係ない、何のメリットがあるのかわからないようなものもあります。

難しい専門書を読んでみたって、それがお金を運んできてくれるわけではありません。

しかし、学問をおさめ、探求する最中、自分なりのアイデアで社会に貢献できるだけの人になることができれば、そのような才覚のある人材には、お金が回ってくるわけです。

でも、本人は決してお金を得るために、目先のメリットを掴むために学問をしたわけはないはずです。

自分の心にある探求心と成長したい、より知識を得たい、新しい発見をしたいという想いがあるからこそ、学問にいそしむことができたはずです。

お金お金と目先のことを追いかければ、いつしか、心の豊かさも失われて、「貧乏暇なし」を地でいく人生が待っているのです。

プライスレスな宝とは、お金で計れないものです。

お金がなくとも、大切な家族と過ごす穏やかな日々は、人生を豊かにしてくれる大切なものです。

あるいは、芸術的な感性や学問をして身につけた賢さはすぐに目先のメリットは与えてくれないかも知れませんが、より深く人生を味わうことができる能力を授けてくれます。

これもプライスレスな宝です。

気の置けない友人、自分自身を正しく導いてくれる信仰、信念もプライスレスな宝です。

勇気を出して東京フルマラソンに参加してへとへとになっても完走できたという経験は、一円にもならないことかも知れないけれど、自分の心の中の永遠の宝となるはずです。

大切なことは、全てプライスレスです。

金銭的価値や目先の損得を越えて、プライスレスな宝を得るために生きる。

これが一つの人生を豊かに生きるためのヒントなるのではないでしょうか。


◎クリックご協力ください!



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR