FC2ブログ

”めんどくさい”は破滅の言霊

生きるということは、活きるということでもあります。

活きるとは活動的であることです。

常に前を向いて、自分にとって輝かしいと思える未来を描き、一歩一歩進んでいくことが「活きる」ことであり「生きる」ことでもあります。

しかし、時には人は動けなくなってしまうことがあります。

病気になったり、けがをしたりすれば物理的には動きにくくなりますよね。

こういったケースも人生には時折、生じることがあります。

でも、それ以外でも、人は動けなくなることがあるものです。

概ね健康だし、動こうと思えば動ける状態であっても、動こうとうはしない。

それは、心に「めんどくさい」という言葉が浮かんでいる時であります。

やろうと思えば、すぐにでも終えることができるような事柄でも、「めんどくさい」の言葉が心に浮かぶ時には、人は活動を止めて、停滞期に入ります。

「めんどくさい」破滅の言霊と私は呼んでいます。

「めんどくさい」を一回、口にするだけでも、活動力の十分の一くらいは奪われているような気がします。

心に「めんどくさい」を思い浮かべただけでも、百分の一くらいの気力が失われてしまうような感じがするのです。

例えば、メール一本、しかも大した内容でもない、ちょっとした返信メールすらも、「めんどくさい」と思えば人は、実行に移さなくなります。

あるいは、家から外出することも、おっくうになったり、新しいことにチャレンジしようという気持ちもなくなってきたりします。

人は活動しなくなれば、気力がなえ、段々と「活きる」力がなえてきて、「生きる」事の中で障害を抱えるようになります。

繰り返しになりますが、病気やどうしても動きようがない状態におかれている場合は、仕方がありません。

でも、それ以外で動こうとしない場合には、必ずその心に「めんどくさい」が隠れているはずです。

私自身、このことは常に戒めていることでもありますが、どうか何かを学び得ようと思われている方は特にこのことを注意する必要があると思います。

私は時折、取次鑑定などでご相談などを受けている時に予感を感じることが多くあります。

「この方はきっとご自分の障害を克服なさるだろう」
「この方は、これっきり音沙汰がなくなり、状況に流されてしまう傾向がでるだろう。。」
「この方は、この先も少し試練が続きそう。また、フォローのために導かれてくるだろう」


いろんな予感があります。

もちろん、このような予感は伝えることはありません。

昔、未来ヴィジョンの霊視を行っていた時には、伝えることもありましたが、霊視によって未来を限定化してしまい、その方の自助努力による未来開拓の可能性をなくしてしまうのは申し訳ないので、守護霊様のおっしゃること以外のあまり余計なことは伝えないようにしているわけです。

できれば、誰もが幸せになって頂きたいと願う気持ちがありますが、感覚的に人それぞれに流れていく方向のようなものが存在しているのは感じるのです。

そして、幸せな方向に流れていく人とは逆に、そうでない方向に流されていく人の中に「めんどくさい」の心をどこかに持っている方が多いようにも感じるのですね。

時間をかけてじっくりと課題に取り組むということは、考えてみたら、非常に焦れることでもあり、「めんどくさい」と思ってしまうがちです。

これを「めんどくさい」と思わずに続けていくことができるのか。

そのプロセスを楽しめるのか。

このあたりに生きることが幸せに繋がっていくことになるのか、あまり幸せでない人生に繋がっていくのかの分かれ道であるような気が致します。

私自身も含め、「めんどくさい」を克服して、輝ける人生を手に入れたいものですね。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR