言霊の変化球

落ち込んだり、不安になったり、自分自身を鼓舞したいときに有効なのは言霊法です。

自分自身にとってプラスになる言葉、すなわち「自分はできる」「必ず問題は解決できる」「未来は明るい」というようなニュアンスの言葉をたくさん自分に向って投げかけることを言霊法といいます。

自己啓発の世界でもアファメーションといいまして、自分をプラスの方向へ導いてくれる言葉を発するという方法があります。

平たくいえば自己暗示みたいなものではあります。

しかし、この言霊法もアファメーションも時として逆効果になる場合があります。

一生懸命にプラスの言霊を言い聞かせるわけですが、あまりにも自分が追い詰められすぎて心が硬直しているとすべての言霊が嘘に思えてしまい、返って自分の中にあるネガティブな要素を刺激してしまうこともあります。

確かにいましがた上司にこっぴどく怒られた矢先に「おれは仕事ができる!」とか言霊法をやってみても、全然、心に響かない場合もあるでしょう。

恋人と喧嘩してしまって、音信不通になっているときに「私と彼(彼女)とはもう仲直りしている」とアファメーションをしてみても、どこか不安に感じてしまうことも多いのではないでしょうか。

そんな場合には、少し変化球を使ってみることをお勧めします。

言霊の変化球ですね。

言霊法といえどもストレートばかりでは心のストライクゾーンに言霊を投げ込むことは難しいのですね。

「自分はバリバリ仕事ができる人なんだ~!」と言霊を投げ込んでも、上司に死ぬほど侮辱された後だったら「そんなわけあるか~!」と言霊もネガティブな心のバットではじき飛ばしてしまうわけです。

では、どうすればよいのでしょうか。

変化球です。

まずは、自分の今の状況によりそうような言霊から入ります。

たとえば、「確かに今回は、自分のミスだし。怒られても仕方ないかもしれない。」とちょっと自分が今信じている状況によりそうような言霊から入ります。

そうすると不思議なのですが、自分自身の言葉に今の自分の心が耳を傾けるようになるのです。

最初はよりそうことで、自分の心と同調します。

その後に「でも、失敗しない人はいなし、一度のミスは一度の成功で補えばいい。そして、自分はそれができるはずだ」と言霊をプラスしていくわけです。

その後は、どんどん、自分にとって輝かしい未来につながるプラスの言葉をつむぎながら、最終的には自分の心根を言霊の力で変えてゆくわけです。

最初は変化球で、自分の心の信頼を勝ち取り、その後はプラスの言霊で自分の心根をよりよい方向に変えてゆく。

言霊法といっても、試行錯誤しながら、自分の心を正しく誘導してあげることを工夫していくことも大事なポイントであることを覚えておくとよいかも知れません。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【言霊の変化球】

落ち込んだり、不安になったり、自分自身を鼓舞したいときに有効なのは言霊法です。自分自身にとってプラスになる言葉、すなわち「自分はできる」「必ず問題は解決できる」「未来は明るい」というようなニュアンスの言葉をたくさん自分に向って投げかけることを言霊法とい...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR