FC2ブログ

祀る人の心

今回の記事は少しお話するかどうか非常に迷いました。

おそらく、このブログを読まれている方というのは、ある程度、スピリチュアルというものに関心があると想われます。

そうなると必然的に神仏や霊的な存在には興味や敬意を持ってらっしゃることでしょう。

とりわけ神社仏閣、あるいは道にある仏像などを拝見すれば、手の一つも合わせたいという気持ちになる方も多いのではないでしょうか。

もちろん、その信心の気持ちは尊いものでありますし、神仏に対する敬虔な真心は素晴らしいものであります。

私もブログなどでも様々な神社や仏閣の参拝レポートをさせていただいたりしていますので、ますます、神社や仏閣などにも興味もわかれることでしょう。

ただ、本当に誤解をされそうで迷うのですが、あえていえば、神社や仏閣であれば、どんなものでも良いのかといえばそうでもないのが実情です。

たとえば神社というものは、形的にいえば鳥居があり、鎮守の杜があり、玉砂利や本殿、拝殿などがあり、賽銭箱や御鏡などがあり構成されています。

神社の形式によって少し違うところもありますが、得てして、ふつうはこのような形を見て神社なのか、そうでないのかを判断する場合が多いでしょう。

そして、形が神社ならば、それは尊いものだと判断し、思わず「ありがたや!」と手を合わせたくなるものですよね。

でも、神社というのは形も大事なのですが、そこに神霊が鎮座できる霊空間がしっかりと維持されているかどうかも非常に重要な要素でもあります。

逆にいえば、霊空間を維持するために形が整えられているといっても良いかも知れません。

つまり、いろんな神社を構成している、あるいは仏閣を構成している要素というものは意味があってそうなっているわけです。

霊空間を維持するためには、単なる形だけでは片手落ちなのですね。

他に何が必要なのかといえば、その神社や仏閣に祀られる神仏を祀り、信心する人達の心が常に真心である必要があります。

ここが間違ってくると霊空間が壊れて、神霊はもとの神霊界に帰還し、単なる空間になります。

単なる空間であればまだましですが、代わりに祀る人の心が邪に穢れている状態が続くと、それ相応の霊物が降りてくるようになるのです。

こうなると見た目は神社であっても、ある意味、伏魔殿になってしまっています。

あまり、こういうことをお話すると怖くなってしまう人もいるかと思うので、少し迷ったのですが、今回は思い切ってお話してみることにしました。

一番良いのは伏魔殿化している神社には近づかないことなのですが、そうはいってもなかなか見分けをつけるのは難しいところではあるかと思います。

なので、あまりどういった神社であり、どういう経緯で立てられた神社であるのか、あるいは仏閣にしても、道行く場所にある祠にしても同じですが、よくわからないところを参拝する場合には、まずは、あまり自分の利益に直結するようなお祈りをしないようにすることが肝要かも知れません。

というのは、自分の利益に直結するお祈りというのは、どうしてもエゴが混じるので、そのエゴを通じて、霊物の影響を受ける可能性があるからです。

逆に自分の利益と関係のないたとえば、国とか地域のこととか、もう少し大きな、私心が入りこまない願いを祈るか、ひたすら感謝の祈りだけをしておけば影響を受けにくくなります。

怪しいなと感じる場所での祈願はこうして少し様子を見てみることも大事かも知れません。

特に小さな祠系は経緯を良く調べてからの参拝にした方が良いかもしれません。

たとえば交通事故が良く多発するために地蔵菩薩の像を建立し鎮めている場合などもあります。

地蔵菩薩様は大変素晴らしい仏様であるわけですが、その建立の意図が不成仏霊を鎮めるためだったり、あるいは凶事が頻繁に起こる場所を鎮める目的で建てられている場合などは、やたらと手を合わせて霊波動を合わせると周辺の不成仏霊をもらいうけしてしまう場合もあります。

同じ仏像でもそこに込められた意図によって機能する方向が違ったりするのです。

お地蔵様を見たらなんでもありがたいと思ってしまいがちですが、本来は地蔵菩薩様に対する信心の真心が大切なのであって、仏像という形が主ではありません。

形は意図に応じて変わるものであるからです。

なので、同じように素晴らしいはずの仏様、神様を祀っていたとしても、意図によっては働きが代わるという霊界事情を理解しておくことも大事かと思います。

こういったことは形だけ見ているとわからなかったりします。

形だけでなく、真心にて神霊との交流を図る参拝になるように心がけていくことも大事なことなのかも知れません。


◎クリックご協力ください!






スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

先日夢の中で金縛りにあいました。
現実に近かったですがたぶん夢でした。

めずらしく怖かったのでなんとか両手を動かして合掌しようとした際に、
となりにいた人に「やたらと手をあわせちゃダメだ」と強く言われました。
合掌せず両手を思い切り叩いて(かしわ手みたいに)その音でなんとか金縛りを解こうとして目がさめたのですが。

胸の前で手をあわせるのがくせだったんですけど、守護霊さまからのメッセージだと思って肝に命じておきます(^_^;)
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR